女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/古川祥子』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 水元恵梨香』(GLORY QUEST)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【36】『乳牛少女かおり』 著者=ぺどっち (キルタイムコミュニケーション)
特選AVレビュー『濡れ衣...やがて、言いなり。/愛瀬美希』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『友カノの寝取り顔を黙って売ってます』(NON)
絵を描く人々 第16回 個性と型
ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!
原宿「PATER'S Shop and Gallery」にて古白米「セクハラ(SEXY harajuku)」展開催!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【1】「テレビ嫌い」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第8話/夏コミ地獄変・前編
特選AVレビュー『絶対に予約の取れない本番し放題のNo.1女子校生風俗嬢 波木はるか』(宇宙企画)
2ページまんが 酒場の女【9】
特選AVレビュー『麻生クラッシュ 淫獣パラノイア - 麻生希』(ドグマ)
スペインのオフビート・バディ・ムービーは、口に出さないままのセリフが渋い、からのなんかもうやけくそでタナトスファック 映画『しあわせな人生の選択』公開中!!
特選AVレビュー『みなりおの妄想の世界 南梨央奈 妄想変態女子のやりたい放題スパイラル!』(RADIX)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第57回
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年7月号
特選AVレビュー『悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応』(シネマジック)
特選AVレビュー『最高の愛人と、最高の中出し性交。15』(PRESTIGE)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2017年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.11(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年9月号(ミリオン出版)
Be MONSTER(大洋図書)
ちょっと待ってよ、花屋さん(大洋図書)
こんな所で裸にされて(ミリオン出版)
ihr HertZ 201年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年9月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年9月号(大洋図書)
女と男の欲望エロドラマDX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
事業の失敗で多額の借金を抱えてしまった夫婦。困り果てた妻のなぎさは夫と共に義父を訪ねて融資を願い出るが、なかなか「うん」と言ってもらえない。そんな中、義父が条件を出してきた。それはなぎさが夫の前で義父に抱かれるという屈辱的なもので――。
 | 
この10月にデビューしたばかりの藍川なぎさ作品を初めて観賞。年齢は推定30代。知的な美貌とむっちりした肉付きの身体で、寝取られ劇の主人公を演じる。
なぎさと夫・タクヤは事業の失敗により借金を抱えた。今日、夫の父親で資産家の大二郎を訪ねて500万円の借り入れを願う。これまで何度も資金を工面してくれた唯一の頼みの綱だが、今回は難色を示す。義父を演じるのは、杉浦ボッ樹。S1専属のアイドル系の相手もこなす我ら中年の希望の星男優だ。
大二郎「貸してやる。ただし条件がある。お前たちがワシから借りる覚悟を見たい」
彼ら夫婦は金融会社のブラックリストにも載っていて、本当に義父が命綱なのだ。「なぎささんを俺に抱かせろ」と続ける義父。タクヤは一度は断わるが、なぎさが「......私、やります」と覚悟を決める。もちろん、夫にだけは痴態を見られたくない妻だが、大二郎は息子に「お前が撮影しろ」とカメラを渡す。以下、5チャプターすべてのプレイをタクヤが撮影することとなり、これが本作の映像となる。実にナイスな提案をするハゲ親父なのだ。
リビングのソファで愛妻が愛撫される。「あっ」と反射的に制止の声をあげるタクヤだが、大二郎は「いいか、今後、ワシの質問以外に口ごたえをしたら、その時点で融資はなしだ」と釘を刺し、パンツの中から"肉の釘"を出してしゃぶらせるというあんばい。
もちろん、フェラの前に中年ならではのねちっこい愛撫がたっぷり。しなやかな髪をクンクンし、美乳も揉み揉み、唇と唇を重ねて接吻もする。これだけでも、夫の感情の滾りがじゅうぶんに伝わってくるではないか! ピンク色したすこぶる美マンをなぎさ本人にくぱぁと開かせ、タクヤすなわちワイにアップで撮れと命じる。
大二郎「まだ触ってないのにもう糸を引いているではないか」
と指でホジると豊かな愛液の音がくちゅくちゅ。やー、我が身に置き換えて観ると鬱勃起すること必至だ!
大二郎「ここはどこだ?」
なぎさ「クリトリスです」
タクヤoff「(つい)そんなこと言うなよ」
と呟く。クンニと指ピストンで潮を吹かせると大二郎は「タクヤ、お前の前でもこう(潮を吹く)なのか?」と聞くと、彼は「......いや」と。どうやら義父のほうがテクニシャンのようだ。そしてなぎさに「イッたのか?」と質問し、頷かせる。
こうしてなぎさはボッ樹さんの勃起マラを懸命に口で奉仕する。500万のために必至だ。「もっと舌先も使うんだ」と言われた通りにこなす。 しかし、フェラ顔が実にスケベ。この設定ゆえに困り顔&うぶモードを余儀なくされているわけだが、痴女物を早くもリクエストしたくなってしまう。ここは口内発射される。しかし、義父は「飲め」とは言わず、精液の処理は不明瞭。どうやら義父はゴックン物は好きではないようだ。
そしてタクヤはこれで500万借りられると思うお気楽者だったが、もちろん、そんなわけはない。「明日も来るんだ」と言われる。

翌日。リビングに夫が撮るなぎさの姿。昨日より色っぽくなっていてたまらんっ。
大二郎「なぎささん、オナニーはするのか?」
なぎさ「......してます」
大二郎「タクヤじゃ満足できないからオナニーするんだな? じゃあ、ここでオナニーしろ。今日の課題はこれだ」
なぎさはさすがに「......できません」と言い、大二郎は「じゃあ帰っていい。2人で路頭に迷うがいい」。
オナニーするっきゃないなぎさ。「いつもやってる通りにやってごらん」と命じられる。いいね、人妻の日常のオナニーが夫にも明らかになるという、羞恥責めの究極。義父との「今、どこを触ってるんだ?」「おま○こです」などの会話を、義父はICレコーダーで録音し、この場で再生して夫婦に聴かせるという、趣味の悪さがここもキラリと光る。こうして美人妻は全裸オナニーで絶頂を迎えた。

同じ日、大二郎は自宅のガレージに彼の知人の男を3人呼んでいた。泣きそうな声でタクヤは「聞いてないぞ」と言うが、もちろん撮影するしかない。なぎさはリモコンローターでクリを刺激されながら、野郎ども3人のチ○ポを同時に舐め、順にしゃぶって口内発射を受ける。
ここでようやく大二郎はカメラ前に口を示させ、ザーメンをアップで見せ、ゴックンを命じる。アンタ、夕べあれからワープのザーメン物とか見て研究した?

翌日の夜。両手首を手錠拘束され、大二郎にローター責めされるなぎさがベッドにいる。執拗にクリを責められ、淡いコーヒー色した綺麗な肛門もヒクヒクさせて「あー、イクッ」。性反応は基本おしとやかだが、ローターの強度が強まると呼応して悶え声が大きくなる。続けてバイブ、電マの同時責めに「イク」連呼して、悶絶MAX。
このあと、ついに正常位で肉棒が貫通。「あーっあーっ」と切なそうな声を響かせる。ここでも忘れはいけないのは、われわれが「撮らされている亭主」ということだ。これを忘れてはオナニーの醍醐味は半減ですからね。
何度もイッて、騎乗位でもイッて、「イク時は言うんだぞ」と命じられると「イキます!」と敬語モードになるところもしおらしくて可哀相でグッと来る!
なぎさ「おちんちんがほしい」
大二郎「誰のおちんちんが欲しいんだ?」
なぎさ「お義父さまの」
と淫語喋らせプレイもぬかりなし。後背位、背面騎乗位でもヒーヒー言わせる絶倫ぶりを前に、夫のワイは敗北感あるのみ。これすなわち鬱勃起MAX 。締めの正常位で、
大二郎「最後はどうしてほしいんだ?」
なぎさ「中に出してください」
タクヤoff 「やめろよ」
しかし、妻は膣内発射され、その精液をドアップで撮らされる羽目となる。

このあと、さらに義父の虜になった妻の痴態そして主観フェラ。つまりワイがフェラされてそれを撮影する羽目になる。しかも「お義父様のチ○ポのほうが硬くて立派です」などとも愛妻は喋る。じゅるじゅるおしゃぶりされるワイの「そんな激しくすんなよっ」とのヘタレなひとこともリアル。さらに、妻は大二郎にバック責めされながらフェラを続行、というエンディング。ああ、僕たち夫婦はいつになったら500 万円を借りられるのでしょう。
極上のNTR(寝取られ)物でした。藍川なぎさは最後までされるかまま、命令されるがままで、基本ドラマ物なので本当の性癖がSなのかMなのかなどはよくわからなかったけど、今後、演技力やエロ表現力を身につければリピーター続出の女優になれる器ですね!

文=沢木毅彦

『お義父さまのチ●ポは絶対です! 藍川なぎさ(光夜蝶)』

発売日:2016年11月4日
品番:WPE-54
収録時間:123分
定価:3,298円
メーカー:光夜蝶

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『オジサンの乳弄りに変態に堕ちた巨乳妻/三島奈津子 (光夜蝶)』

沢木毅彦 1961年生まれ。フリーライター。AV創世記より専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。ロリから熟女まで可愛らしいAV女優が好物。香港映画と香港街歩きマニア。好きなビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)。食事は自炊派ですが、外食ならラーメンは天下一品のこってり、カレーはcoco壱番屋の7辛。巨人ファン。
 | 
16.12.08更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
沢木毅彦 |