女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEBスナイパーAVレビュー!
香里奈は5歳の頃、病に倒れた。以来、孤児だった香里奈の引き取りを希望していた樫村という人物が治療費を工面していると聞かされていた。樫村を恩人と信じて疑わない香里奈だったが、樫村の目的は……。薄幸フェチのツボをくすぐるノンストップの悲劇展開。投げっぱなしにないラストのお陰で見終わった後の気分も楽です。
 | 
5歳の事に孤児院で病に倒れた香里奈は、それ以来、病院から一歩も出ることなく、成長していった。そして彼女の入院費、治療費の面倒を見ていた樫村という男と面会する日がやってきた。

樫村は、美しい娘に成長した香里奈に向かってこういった。

「成長した君の姿を見たいんだよ、服を脱ぎなさい」

恥じらい、拒否しようとする香里奈だが、樫村は「お前に逆らう権利などない。ご奉仕しなさい」と全裸になった香里奈にフェラチオまで強要した。そして遂に彼女の処女まで奪ってしまう。

樫村に暴行されたことを香里奈は担当医師に告げる。しかし医師は「なんだそんなことか。大人になったら誰でもすることなんだよ」と自らも香里奈を犯すのだった……。

そこから始まるノンストップの悲劇。やがて香里奈はもっと恐ろしい陰謀のために監禁されていたことが明らかになっていく。

「奴隷島」シリーズもヘヴィな設定ですが、この話もかなりダーク。最近のアタッカーズさんは、プレイ自体は地味になってますけど、ストーリー的な鬼畜度は増してますねぇ。

夢も希望も奪われ、ただひたすらに医師たちから犯されてしまう香里奈ちゃんが、可哀想で可哀想で、薄幸フェチな筆者には、かなりグッと来ます。

ただこれ、設定的にはもっとロリな女の子なんでしょうね。松下桃香ちゃんは可愛いけど、ちょっと発育がよすぎるかな(笑)。それでも恥じらいながら泣き叫ぶ演技は、かなりツボを押さえてくれてます。

ダークな話と言いましたが、彼女を救いに来る探偵が登場しまして、ラストには、アタッカーズさんには珍しく、愛のあるセックスでエンディング。それまでが凌辱ばかりだったので、普通のカラミがなんとも美しく感じられます。

そのため全く救いのない「奴隷島」シリーズよりは見た後の気分が楽かなぁ。真性サドの人には、生ぬるい!と言われるかもしれませんが、ヘタレSの筆者くらいだと、これくらいのほうが助かります(笑)。

個人的には、医師にまんぐり返しさせられて、「ここがオマンコでここがクリトリスだ!」「ここが濡れるのは何かを入れたくなるからだ」なんて性教育(?)されるシーンにグッと来ました。医師の割りにはずいぶん大ざっぱな説明ですけど、こういうの好きなんですよねぇ。


文=安田理央

『エーデルヴァイス 監禁病棟(アタッカーズ)


監督:キザキカオル
発売日:2009年8月7日
品番:DVD/ATID-150
収録時間:DVD/120分
定価:3990円(税込)
メーカー:アタッカーズ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特撰AVレビュー『隣のお姉さんを犯したあの日…(アタッカーズ)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
09.11.26更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |