ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2
最新記事20件
特選AVレビュー『MANIAC SEMEN 特別版 ごっくんシェアハウス!大家さん専用チ○ポになった僕達』(S.P.C)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第63回
杉浦則夫緊縛写真展『縄の磁場』開催!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年1月号
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
開口具、鼻フック、M字開脚縛り、口内発射、落書き、連続種付け......。夫とも経験のない初めての拘束に戸惑いながら、ワケアリの専業主婦・さやは屈辱的な凌辱の中で膣穴を愛液で濡れ光らせる。
 | 
イヤもうね、パッケージのインパクト強すぎ(涙)。AVライターをやっていてときどき思うことがある。それは「この娘、こんなに可愛いのに何ンでまたココまでハードで無残なコトばっかりさせられてるんだろう?」という女優さんがいる。杏璃さやチャンはまさにその典型的な例ではないか? 二階堂ふみちゃん似のアヒル口美少女にもかかわらず、やはりパケのインパクトの強さではお馴染み、『必殺!白目剥いても地獄突き』(NON)にも出てる。しかも、リリース時期から推測するにデビュー直後である。

もう1本、パッケージで脚を180度開いて高く上げているプリマドンナ姿のものがあって、幼少期よりバレエを習ってたお嬢様なのかなと思わせるのだが、タイトルが『アナルバレリーナ2』(グローリークエスト)と来た。ワタシゃ未見ですが、ネットのストーリー解説には<バレエコンクール入賞は間違いなしの腕前の令嬢さや。だがある日、会社を経営していたさやの父親が他界してしまう。会社の負債を抱えたさやに提案されたのは、融資が得られるバレエの裏オークションへの参加。だが、その参加条件は「アナルが使えること」だった...。軟体セレブ令嬢を襲う肛門悲劇、その幕が今上がる!>だって、想像するだけで号泣。

しかし何より本作だ。どうしてこんなAVに出ちゃったんだろう、可愛いのに(涙)。物語(一応ドラマです)はホテルらしい一室、エロ下着を身に付け、「やっぱり恥ずかしい」と呟く杏璃さやちゃんの姿から始まる。それに対し「自分が変わったことしたいって言ったんだろ。だから俺も恥ずかしい思いして(エロ下着を)買ってきたんだ」と答える若い男。作中ではハッキリ説明されないのだが、「旦那にもそうやっておねだりしてるのか?」という台詞があり、パケの説明文には、さやちゃんは専業主婦で、男は元カレ。結婚しても昔の男の肉棒が忘れられない彼女は、こうして逢瀬を続けている設定だと書かれている。

男は「今日は君が僕をご奉仕する日だよ。僕のカラダを舐めて」と要求。足の指までご奉仕させてからフェラ。シックスナインと進むが、ココでも自分は一切愛撫をせず、さや嬢がオ××コをカレの口に擦りつけるご奉仕クンニ。やがて騎乗位で挿入となるが、腰を振らせつつ、突然さやちゃんの首を絞め始める男。バックでハメると当然ケツをパンパン叩く。コイツ、かなりヤバイ雰囲気。さらには「これじゃ君が歓んでるだけじゃないか。また舐めて」と要求。燃え上がった彼女は狂おしくキスを求め、チ×ポをシゴき、再びシックスナインへ。するとあろうことか、男は口の中に放出してしまうのである。

「オ××コに入れて欲しかった、おチ×ポでイキたかった」と泣いてすがるさやちゃんに、「今日はこれで終わりだ」とつれない元カレ。「オ××コに欲しい欲しい」とお願いされると、「また今度酷いコトしてあげるから」。すると彼女、「期待はずれだと怒っちゃうよ」だって! コイツも実は相当ヤバイ女なのだ(涙)。ココまでで約40分。

そんなヤバイ男とヤバイ女が再会するのは、どうやらカレの自宅らしい和室。男は目隠しを取り出し、「使っていい?」と聞くと「いいよ」とニッコリ。「ああ、ドキドキする」と期待感をあらわにするヤバ女。するとヤバ男は胸からおへそにかけて、「ザーメン大好き」と赤いマジックで落書きし始めるヤバヤバぶり。片方の乳首を舐め、反対の乳首を触りながら「コッチも舐めて欲しいの?」。「ウン」と頷く彼女だが、男は友人らしい別の男を秘かにを呼んでいたのだ。見知らぬヤツに乳首を舐められ「なんかいつもと違う感じがする」と気持ちよがるさやちゃんがいじらしい。

「少し苦しいのも好きだよね」と膝まで下げたパンストを頭の後ろに回し、屈曲位でまんぐり返しに。「舐めるよ」と耳元で囁かれながら同時にオ××コ舐められると、さすがに気づいて「待って待って、何これ」と抵抗するが、「酷いことされたいんでしょ、そう言ってたよね」と電マで責められると、「イクイクイク~」と絶頂を迎えてしまう。そうなるともう一人の男も調子に乗って、全身に「SEX」とか「マンコ」とかマジックで落書き。続いてバイブと電マのW責め。

もう一度イカされてからは「旦那じゃしてくれないだろ、こんなこと」とWフェラ。一発抜いてからはザーメンまみれの顔に首輪と鼻フックをされてイラマチオ。クライマックスは「汚して欲しいって言ってたよな、とことん汚してやるからな」と、インパクト大のあのパッケージのスタイルだ。口を大きく開けられる強制具を装着さり、巨大バイブを喉の奥までズコズコ。まさに「酷いコト」のオンパレードである。

文=東良美季

『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)

発売日:2017年11月3日
品番:1KY-YST129
収録時間:105分
定価: 3.980円
メーカー:光夜蝶

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『男壊世代/君色花音』(光夜蝶)

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
18.01.04更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |