女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
MAZI! 2018年7月号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.8(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.14(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.19(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.2(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.54(大洋図書)
よろめき 2018年6月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
「ハイパーコスプレイダー=レオ」は他人のために自分を犠牲にして戦う美少女戦士。戦闘における圧倒的なポテンシャルと揺るぎない精神力を誇るレオであったが、宿敵「死神帝国」との総力戦において、ついに敗北を喫してしまう。そして敗北後、レオに突きつけられる交換条件。それは、多くの一般市民の生命と引き換えに、死神帝国の牝奴隷に身を堕とすという残酷なものだった――。
 | 
宇宙征服を企む暗黒死神率いる死神帝国だが、地球侵攻は3年も滞っていた。美少女戦士ハイパーコスプレイダー(神崎レオナ)がいたからだ。
痺れを切らした暗黒死神は、中性子ミサイルを市街に向けて発射する。何万人という罪もない人々が死んでゆく。そしてミサイル発射を阻止しようとするコスプレイダーに、交換条件を出した。
それは、コスプレイダーが、死神帝国の牝奴隷となることだった。人々の命には変えられないと、我が身を投げ出すコスプレイダー。そして、暗黒死神による調教が始まる……。

基本的には、いつものGIGAの黄金パターンなんですが、今回はなんとなく敵のモンスターや戦闘員たちが、スケベなのが面白かったですね。

責めも電マ(いちおう死神帝国が開発したヘルスティックということになっている)やローター(いちおう死神帝国が開発した快楽拷問マシーン、マッドエッグということになっている)を使ったものだったり、戦闘員たちがコスプレイダーのお尻を撫でまわしたり、舐めまくったり、キスまでしちゃったり。骸骨という非人間的なモンスターたちなのに、結構わかりやすいスケベさが滲みでてます。

コスプレイダーの下着を脱がすように命令された戦闘員がジワジワと下ろそうとすると「もったいぶるな、いやらしい奴だな」なんてツッこむシーンもあり。どことなくユーモアが感じられますねぇ。

「脇の下を責められて気持ちよくなってきたか?!」と言ったら、コスプレイダーに「なるわけないでしょ」と、あっさり返されるやりとりも個人的には好きでした。

その他の責めのバリエーションはコブつき縄を股間に擦りつける、戦闘怪人ギルダーのノズル(張り形)を挿入される(コスプレイダーのいやらしいスロット、という言い方がよかった!)など。

そして、ついにコスプレイダーは陥落。快楽を求めて、大股開きでオナニーしながら、「男が欲しい」とおねだりするまでに。そして「私は死神帝国に忠誠を誓います」と服従の言葉を口にして、戦闘員3人がかりで嬲られ、その姿を世界に配信されてしまうのでした、というバッドエンド。

電マやローター、全身愛撫など、やってること自体はそれほどハードじゃないんですが、すごくハードに責められているように見えるのは、演出の見事さと神崎レオナの演技力の高さなんでしょうね。




文=安田理央

『ヒロイン牝奴隷 ハイパーコスプレイダー=レオ編(GIGA)


監督:シュワルゼン3世
女優:神崎レオナ
発売日:発売中
品番:GXXD-46
収録時間: 本編90分 メイキング11分
定価:10500円
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特撰AVレビュー『ヒロイン凌辱 Vol.25 ダイナウーマン編(GIGA)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
10.02.20更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |