ミストレスランド 2 本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
デカ乳房の五十路母(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.31(大洋図書)
街角美人妻コレクション(大洋図書)
CRAFT Vol.74(大洋図書)
3650 死刑囚小田島鐵男"モンスター"と呼ばれた殺人者との10年間(ミリオン出版)
少年は神の国に棲まう(大洋図書)
人妻覗き撮り(大洋図書)
悶えまぐわう中年女(ミリオン出版)
乱れ狂う絶頂妻DX(ミリオン出版)
giri giri Vol.20(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
大人気AV女優カミマユが、カンパニー松尾といくハメ撮り旅行。言葉責めや長時間フェラ、立ちバックやアナル舐め奉仕など、 絶妙なイジリで秘めたM性を引き出され、等身大の素顔を見せるまで――。カン松監督の冴えた手腕に目を見張る一本。
 | 
文句なしに愛くるしい神谷まゆちゃんと、カンパニー松尾監督が香川県高松へ、一泊二日の二人っきりの旅行へ。なぜ高松かというと、まゆちゃんには47都道府県を制覇する夢があり、四国には行ったことがなかったから、という理由のようです。

香川と言えばうどん県。もちろん二人で、美味しそうなうどんを啜っております。カレーをこよなく愛するカンパニー松尾は、ここでもカレーうどん、食べてます(笑)。

もう最初からニコニコと愛らしい笑顔を浮かべっぱなしのまゆちゃん。カンパニー松尾も「ふざけてばかりで子供みたいだ」と彼女を評します。考えてみれば21歳になったばかりのまゆちゃんとは26歳差。正に親子ほど離れているわけです。

当然と言えば当然なんですが、最近のカンパニー松尾のハメ撮りは、昔のように「恋人になりたい」という色は薄れています。今回も「なぜ君みたいな女の子がAV女優になろうと思ったの?」と聞いてはいますが、あまりディープなところにまで突っ込みません。それを物足りなく思う従来のカン松ファンもいるかもしれませんが、筆者はそのバランス感覚が彼の長所だと感じます。

カンパニー松尾が25年間、AVの最前線で売れっ子監督として活動できたのは、そのバランス感覚によるものが大きいのです。オリジナルなスタイルを貫いている、悪く言えばワンパターンだとも思われがちなカンパニー松尾ですが、時代に合わせて上手く作風をチューニングしているのです。

例えば、ある時期からの彼の作品では、しっかりとハメシロ(結合部)を見せるようになっています。ウエットだった作風も、どんどんドライになっています。

今のカンパニー松尾の最大の魅力は、女優のナチュラルなM性を引き出すテクニックにあるのではないでしょうか。

神谷まゆちゃんも、好きな男性のタイプを聞かれて、ついSっぽい人が好きと漏らしてしまい、当然のことながらカンパニー松尾にネチネチと言葉責めされます。お尻もペチペチとスパンキングされます。

「いやらしいおまんこに下さい」なんて言ってペニスのおねだりまでしてしまいます。ああ、あの可愛らしいまゆちゃんが、ここでは淫らなマゾ少女と化しているのです。

もはや職人芸ともいうべき美しい映像と絶妙のアングルに、嫌味にならない程度の叙情性。そして、ハメ撮りの生々しい卑猥さ。

カンパニー松尾のAV監督としてのアドバンテージの高さを思い知らされる一本です。

文=安田理央

『カンパニー松尾×神谷まゆ (h.m.p)
発売日:2013年2月1日
品番: HODV-20845
収録時間:120分
定価:2.980円(税込み)
メーカー:h.m.p

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『日常 神谷まゆのリアルな生活を覗き見することができたなら(h.m.p)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.06.30更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |