ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『人気AV女優限定!無礼講すぎる大乱交合コン 四十路熟女編』(セレブの友)
特選AVレビュー『愛玩牝犬継承 喪色の前門肛門嬲り』(シネマジック)
特選AVレビュー『オイルボイン 競泳水着ぬるぬるエッチ 石川祐奈』(クリスタル映像)
人間の盾よろしく、もっとも弱そうな新卒みたいな職員を毎回、交渉担当として前面に押し出してくる厚生省の作戦がやばい 映画『ニッポン国VS泉南石綿村』公開中!!
特選AVレビュー『全身舐めほぐしヒーリングリップサロン/佐々木あき 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『私を犯した男が目の前で違う誰かを犯している』(BAZOOKA)
特選AVレビュー『私、脅迫されてます/優梨まいな』(光夜蝶)
特選AVレビュー『舐められざかり 河原かえで』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『旦那が観たら発狂するビデオ2』(S級素人)
特選AVレビュー『金粉縄奴隷 中里美穂』(ゴールドバグ/妄想族)
ゲームの勝ち負けの先に「負けた時に抱きしめてくれる婚約者がいることのほうが大事なのかもしれない」みたいな景色が見えてくる 映画『リビング ザ ゲーム』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【17】
特選AVレビュー『お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ... 八木あずさ』(タカラ映像)
特選AVレビュー『1日中愛に埋め尽くされたラブレズフィスト ~宮崎あやフィストレズ解禁~』(レズれ!)
特選AVレビュー『変態マゾ肛門おねだり淫語4』(クリスタル映像)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年3月号
特選AVレビュー『麗しのキャンペーンガールAGAIN 13』(HMJM)
Hajime Kinoko展『縄痕』開催-Exhibition "Rope Marks"開催!!
特選AVレビュー『慰安旅行ハプニング ずるずる乱交セックスに巻き込まれる社員の妻たち』(FAプロ)
エスプリ娼婦の純愛と偏愛――神憑かりなほどイッてる裏社交界のセクシュアル・オペラ!『「LIPSTICK」 BONDAGE LIFE vol.3 灯月いつか』発売!!
アクセスアップ
新刊情報
超スケベなご近所ママBEST(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.34(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.11(ミリオン出版)
CRAFT Vol.76(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.15(ミリオン出版)
giri giri Vol.23(大洋図書)
俺の旅 2018年5月号(ミリオン出版)
のぞく!他人と交わり狂う妻(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
人気女優・上原亜衣と春原未来が見せる、衝撃のレズ・ドキュメント。レズ作品の気鋭・真咲南朋監督が、肉体同士の濃密な絡み合いのみならず、精神面における凄まじい「格闘」までを記録!
 | 
女優から転身し、すっかりレズ物の第一人者として売れっ子となった真咲南朋監督が、春原未来と上原亜衣のレズドキュメントを撮る。AVに詳しい人なら、この三人の組み合わせというだけで、「これは何かすごいものが出来る」と直感するでしょう。
無名の企画女優から、超人気単体女優へと上り詰め、2014年にはDMMアワードで最優秀女優賞を獲得した上原亜衣。
そして、kawaii専属の単体女優としてデビューした後、企画単体になってから単体時代以上の活躍を見せている春原未来。
人気女優の共演という以上に、二人のキャラのタイプがずいぶん違うところが興味深い顔合わせでした。本作の食事シーンで本人たちが話しているのですが、春原未来は食事はスタッフと一緒に取る派で、上原亜衣はメイクルームにこもる派。絶対一番になりたい、もっと上を目指したいという上原亜衣に、「いい女優の定義が違うんだろうな」と違和感を持つ春原未来。ある意味、正反対の二人なのです。
もともと、この企画は上原が「仕事っぽいレズは嫌だ。(春原なら)ちゃんと好きになってくれるような気がする」と、春原を指名したとことから始まっています。
そして事前の顔合わせの時、春原は「いつ死んでも構わないと思ってる」といういつもの持論を展開します。春原ファンなら、おなじみのフレーズなのですが、これ、いきなり言われると面食らいますよね。

二人は、お互い違和感を持ちながら、撮影当日を迎えます。いかにも仲の良さそうな会話を交わしていますが、どことなくヒリヒリとした緊張感が漂っています。
まずは、見せつけ合う相互オナニーからスタートしますが、結局は唾液でお互いの身体をベトベトにしながら、唇を貪り合う濃厚なカラミに展開していきます。
その後も野外で通行人に見せつけるようにキスしたり、抱き合ったり、トイレで首を締めあったり。上原が言うところの「いつもやっている平和なレズ」とは違う、情念に満ちた激しいレズ行為が繰り広げられます。激しくお互いを求め合う二人......。
ところが、カラミの合間にそれぞれが真咲監督にインタビューをされると、「まだ本当の姿を見せてくれてない」とお互いを見ていることがわかります。
春原は「かしこいから展開読み取る力と再現性が強いけど、もっと人間的なあいちんがみたい」と上原を評し、上原は「目を合わせないでカメラのほうを見たりしてるんだよね。愛して欲しいのに、できないのかな」と春原を観察しているのです。画面上では、演技を超えて深く愛し合っているように見えるのに。
そして、その後、二人はその壁を越えようとさらに、激しくぶつかり合っていくのです。

しかし、この作品、単に人気女優二人がレズをしているというよりも、正に取っ組み合いで戦っているという感じがします。格闘技そのもの。心と身体のぶつかりあい。
特に延々と繰り返される首の締めあいが壮絶です。生命の危機スレスレのところで得られる快感。
春原「苦しいのが好き。生きてる感じがするから」
上原「じゃあ、死んでもいいとか言わないで。すのっちと一緒に生きたいという人がきっといるよ」
春原「いない」
上原「ここにいるよ。本当に今日好きになったよ」
その言葉は本当なのか、演技なのか。もう本人たちにもわからなくなっているのでしょう。
最後に春原が上原に言います。
「いなくなる時は言ってね。急に消えるから、業界の人は」
先日、上原亜衣が引退を発表したことを思うと、複雑な気持ちになります。引退の理由は一番を取って目標がなくなったから。常に上を目指していたという上原ならではの帰結です。
では、春原未来のたどり着く先は?

濃密過ぎる「格闘」が3時間以上に渡って繰り広げられるヘヴィな作品でした。

文=安田理央

動画を公開中!!

『レズ・オーガズム (h.m.p)
発売日:2015年11月6日
品番:HODV-21120
収録時間:195分
定価: 3,218円
メーカー:h.m.p

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>
DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

特選AVレビュー『カンパニー松尾×藤本奈央 (h.m.p)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
15.12.07更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |