本家三行広告 2 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
環境が色を作り、色が感覚を育てる/『フランスの色景 ―写真と色彩を巡る旅』編著=港千尋、三木学 (青幻舎) 文=大野左紀子
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】前編
骨の髄まで慈しむ女流縄の美学――羽月希が初めて本格緊縛に挑んだ永久保存版の記録映像!『~緊縛~ 8 蓬莱かすみ×羽月希』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『熟れたお尻 岐阜のどすけべ素人 羽島愛さん92センチ』(HMJM)
特選AVレビュー『女子校生の乳首健康診断2』(OFFICE K'S)
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【11】「おじいちゃんとおじいちゃん」
特選AVレビュー『ドSのKAORIをドMのセックス・モンスター初芽里奈が犯す。 』 (レズれ!)
特選AVレビュー『デカ乳輪×マゾ乳首 G乳M妻密室乳嬲り/月本愛 』(光夜蝶)
ここは種々様々な性癖に対応したマニアックな風俗店――変態快楽の殿堂『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(大洋図書)好評発売中!!
絵を描く人々 第13回 「欲しい絵」と「なりたい絵」
特選AVレビュー『時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し 篠宮千明』(STAR PARADISE)
ペロッ、この味は......、フジロックフェスティバル! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公開中!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【33】『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
エルミタージュ美術館のヒドい目にあいすぎ具合がいい! 映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』公開中!!
特選AVレビュー『通りすがりのAV女優 05 新春マグロビッチ全員巨乳編』(HMJM)
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第5話/ウキウキ温泉旅行の巻 ~前編~
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
未成年に出会おうとするカメラおじさんの細かい手口がいま明かされる! 映画『はらはらなのか。』公開中!!
特選AVレビュー『これが本場のMajor Lady's BOIN!! 大統領もびっくり!日米棒液摩擦(Mellow Moon)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】後編
アクセスアップ
新刊情報
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.48(大洋図書)
よろめき 2017年6月号(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD Vol.25(ワイレア出版)
乱れ狂う絶頂妻(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.13(ミリオン出版)
揉みたおす やわらか巨乳DX(大洋図書)
本当は好きなのに(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年6月号(大洋図書)
少年は神と愛を誓う(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年6月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
人気女優・上原亜衣と春原未来が見せる、衝撃のレズ・ドキュメント。レズ作品の気鋭・真咲南朋監督が、肉体同士の濃密な絡み合いのみならず、精神面における凄まじい「格闘」までを記録!
 | 
女優から転身し、すっかりレズ物の第一人者として売れっ子となった真咲南朋監督が、春原未来と上原亜衣のレズドキュメントを撮る。AVに詳しい人なら、この三人の組み合わせというだけで、「これは何かすごいものが出来る」と直感するでしょう。
無名の企画女優から、超人気単体女優へと上り詰め、2014年にはDMMアワードで最優秀女優賞を獲得した上原亜衣。
そして、kawaii専属の単体女優としてデビューした後、企画単体になってから単体時代以上の活躍を見せている春原未来。
人気女優の共演という以上に、二人のキャラのタイプがずいぶん違うところが興味深い顔合わせでした。本作の食事シーンで本人たちが話しているのですが、春原未来は食事はスタッフと一緒に取る派で、上原亜衣はメイクルームにこもる派。絶対一番になりたい、もっと上を目指したいという上原亜衣に、「いい女優の定義が違うんだろうな」と違和感を持つ春原未来。ある意味、正反対の二人なのです。
もともと、この企画は上原が「仕事っぽいレズは嫌だ。(春原なら)ちゃんと好きになってくれるような気がする」と、春原を指名したとことから始まっています。
そして事前の顔合わせの時、春原は「いつ死んでも構わないと思ってる」といういつもの持論を展開します。春原ファンなら、おなじみのフレーズなのですが、これ、いきなり言われると面食らいますよね。

二人は、お互い違和感を持ちながら、撮影当日を迎えます。いかにも仲の良さそうな会話を交わしていますが、どことなくヒリヒリとした緊張感が漂っています。
まずは、見せつけ合う相互オナニーからスタートしますが、結局は唾液でお互いの身体をベトベトにしながら、唇を貪り合う濃厚なカラミに展開していきます。
その後も野外で通行人に見せつけるようにキスしたり、抱き合ったり、トイレで首を締めあったり。上原が言うところの「いつもやっている平和なレズ」とは違う、情念に満ちた激しいレズ行為が繰り広げられます。激しくお互いを求め合う二人......。
ところが、カラミの合間にそれぞれが真咲監督にインタビューをされると、「まだ本当の姿を見せてくれてない」とお互いを見ていることがわかります。
春原は「かしこいから展開読み取る力と再現性が強いけど、もっと人間的なあいちんがみたい」と上原を評し、上原は「目を合わせないでカメラのほうを見たりしてるんだよね。愛して欲しいのに、できないのかな」と春原を観察しているのです。画面上では、演技を超えて深く愛し合っているように見えるのに。
そして、その後、二人はその壁を越えようとさらに、激しくぶつかり合っていくのです。

しかし、この作品、単に人気女優二人がレズをしているというよりも、正に取っ組み合いで戦っているという感じがします。格闘技そのもの。心と身体のぶつかりあい。
特に延々と繰り返される首の締めあいが壮絶です。生命の危機スレスレのところで得られる快感。
春原「苦しいのが好き。生きてる感じがするから」
上原「じゃあ、死んでもいいとか言わないで。すのっちと一緒に生きたいという人がきっといるよ」
春原「いない」
上原「ここにいるよ。本当に今日好きになったよ」
その言葉は本当なのか、演技なのか。もう本人たちにもわからなくなっているのでしょう。
最後に春原が上原に言います。
「いなくなる時は言ってね。急に消えるから、業界の人は」
先日、上原亜衣が引退を発表したことを思うと、複雑な気持ちになります。引退の理由は一番を取って目標がなくなったから。常に上を目指していたという上原ならではの帰結です。
では、春原未来のたどり着く先は?

濃密過ぎる「格闘」が3時間以上に渡って繰り広げられるヘヴィな作品でした。

文=安田理央

動画を公開中!!

『レズ・オーガズム (h.m.p)
発売日:2015年11月6日
品番:HODV-21120
収録時間:195分
定価: 3,218円
メーカー:h.m.p

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>
DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

特選AVレビュー『カンパニー松尾×藤本奈央 (h.m.p)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
15.12.07更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |