ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2 本家三行広告 1
最新記事20件
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第3回 池袋「無我」ゆきえさん【1】
特選AVレビュー 『サテンの美学 Vol.5 蟲女(バグじょ)』(松下一夫)
特選AVレビュー『Deep Web Underground 西田カリナ』(TMA)
日本画壇に新たな「刺青美人画」という潮流を興した刺青美人画家・小妻要、刺青美人責め絵師・小妻容子 その遺作・遺品・資料を展示する『小妻画伯追悼原画展』開催中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年9月号
特選AVレビュー『長身女肉ツリー 肉厚巨尻タワー』(JAMS)
特選AVレビュー『母と子 もう戻れない息子との関係 内原美智子』(タカラ映像)
失われた「未来都市」を求めて。建築が都市に、都市が建築になった時代を描く/『新・大阪モダン建築-戦後復興からEXPO'70の都市へ-』(青幻舎) 監修・編著=橋爪紳也 編著=髙岡伸一、三木学 文=三木学
特選AVレビュー 『唯井まひろ 男子の格好がバレて輪姦されて...』(ソフト・オン・デマンド)
アブノーマル奇譚ノベル「堕地獄佛法」【三】地獄修行
特選AVレビュー『ドキュメント はじめまして。Debut 高宮菜々子 スパーク』(キネマ座)
特選AVレビュー 『夫とは違う濃厚な性交。 新村あかり』(タカラ映像)
嵌める、挿れる、貫く、捩じ込む、姦る! この女のシンボルは、縛られ、嬲られ、虐げられて花開く――衝撃の緊縛DVD作品『解膣 みひな』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『涼森れむがご奉仕しちゃう超最新やみつきエステ 44 お客様の欲望で凝り固まったアソコを極上リフレッシュ!!』(PRESTIGE)
2ページまんが 酒場の女【34】
特選AVレビュー 『憧れの女上司と 平岡里枝子』(タカラ映像)
アーミル・カーンによる「飴と鞭」ならぬ「インドの闇と愛」波状攻撃によって、我々の頬には涙のガンジス河が誕生する! 映画『シークレット・スーパースター』公開中!!
特選AVレビュー 『佐倉絆 チコツちゃんにシコられる!』(million)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年8月号
特選AVレビュー『母に媚薬を飲ませたら... クラスの友達から手に入れた噂の薬をすっかり艶っ気がなくなった母さんに飲ませてみたらその気になって僕に襲いかかってきた』(センタービレッジ)
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.10(大洋図書)
投稿キング素人生撮りDVD Vol.32(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2019年 秋号(大洋図書)
よろめきSP(大洋図書)
MILK TEA(大洋図書)
僕等に名前をつけるなら 下(大洋図書)
僕等に名前をつけるなら 上(大洋図書)
昭和の不思議101 2019年 秋の男祭号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
一匹の昆虫が卵から孵って変態を繰り返し、やがて成虫になっていくイメージをサテン生地で梱包された女性で具体化。そのフェティッシュ且つエロティックな一部始終をじっくりと映し出すマニア作品の第5弾!
 | 
「欲しい映像は自分で撮る!」と、パッケージには誇らしげに記されている。なぜか「男気」という言葉が浮かんだ。「松下一夫プロデュース、素人が監督デビューしてオリジナルの夢を叶えるリアル企画」ということだそうだ。それにしてもニッチなニーズ、マニアな視線、特殊なフェティシズムetc. といったAVは何本か観た経験があるが、ココまで極端なものも珍しい。正直「わかるか?」と問われれば「わかりません」と答えるしかないのだが、作っている人の一途な、一途すぎるほど強烈なコダワリをひしひしと感じ続けた70分余(本編は約40分、残りは特典映像)だった。一応、制作者による作品紹介は以下。<サテンの美学シリーズ第5弾!!昆虫の世界である「完全変態」をサテン梱包の女性でイメージ。袋に閉じ込められた女性が成虫へと変化していく姿を鑑賞する。サテンの中でうごめく女。男はペットのように女を支配した!カラフルなサテンに包まれた、妖艶な女性をお楽しみください。>

まずは真っ黒な画面に「卵(孵化)」と白抜き文字でテロップが出る。画面明けると、タイトル通り紫色のサテン生地が敷き詰められたベッドに、白いサテン生地に包まれた物体。どうやら人が入っているようで怪しく蠢き始める。3分、5分、その状態が続く。中の人物の動きは次第に激しくなっていく。苦しんでいるのか? しかし声は一切発しない。やがてのたうつように倒れ、再び起き上がったかと思うと動きがピタリと止まる。そこで再び黒画面。「幼虫(蛹化)」と出る。恥ずかしながら「蛹化」という言葉を知らなかった。辞書で引くと(ようか)と読む。「蛹」は(さなぎ)だ。<蛹(さなぎ)は、昆虫の一部のものが、成虫になる寸前にとる、成虫に似た形で、ほとんど動かない一時期をさす。>、そして<完全変態をする昆虫が幼虫から蛹になるときに行う脱皮・変態のことを蛹化(ようか)という。>。ちなみに「完全変態」とは、幼虫が成虫になる際、「卵→(孵化)→幼虫→(蛹化)→蛹→(羽化)→成虫」という段階を経ること、だそうだ。

今度はグリーンのサテンに包まれた何か。前画面の白いサテンは確かに「卵」のように丸いカタチだったが、こちらはイモムシのようだ。なぜか山上たつひこの劇画『光る風』を思い出した。あの、戦争で両手両脚を亡くして、芋虫のようになってしまった主人公の兄。若松孝二に『キャタピラー』(2010年)という作品があったが、やはり戦線で爆弾の爆発に巻き込まれ、四肢を失った姿で村に帰還する兵士の物語だ。ちなみに江戸川乱歩の短編小説『芋虫』をモチーフにした物語であり、「芋虫」を英語でいうと「キャタピラー(Caterpillar)」になる。閑話休題、グリーンの芋虫は蠢き続け、約5分。グリーンのサテンが5センチほど破られ、そこから女の唇らしきものが現われる。これが何ともエロティックだ。性器のような、しかし昆虫の口のようにも見える、そこに魚肉ソーセージが差し込まれる。餌を与えているのか? しかしソーセージが出し入れされるその様は、まるで膣にペニスが入れられるかのようだ。続いてバナナも。これが15分過ぎまで続く。

そしてまた黒画面に「蛹(羽化)」と出る。画面明けると、今度は茶色と金色の間のような微妙な色のサテンに包まれた物体。今度は人物が中で仰向けで寝ているようだ。それが何者かによって白い縄で縛られていく。
そして21分、目出し帽の男が登場、すると縛られたサテンの物体は「アハハハハ、アハハハハ」と何とも不気味に笑い始めるのだ。どうやらくすぐられているようだ。そして25分。男は棒の先にピンクローターがついたものを取り出し、サテンの物体の股間辺りに当てる。それでも女(?)はしばらくは「ウフフフ」と笑い続け、やがて喘ぎ声になる。言わばココでやっとAVらしくなるのだが、どちらがエロティックかと言うと、以前の「卵」や「蛹」「芋虫」のほうが不気味で、不思議な興奮に囚われていた自分に気づく。そして29分、またもや黒画面。「成虫」と出た。明けると眼の醒めるように真紅のサテンに包まれた人物が、立った体勢、両手を挙げた状態で縛られている。まさに蝶が美しい羽根を拡げているようだ。32分、ゴリラの仮面を被った男が背後に立ち、蝶の身体をまさぐり始める。40分、股間にバイブを当て始める。初めて、ヨガリ声を上げる女。ちなみに最後まで顔も身体もサテン包まれたまま終わる。ココまでが本編。

43分47秒、「特典映像1・覆う 美学 ツルテカ 2way編」とテロップが出て、黒い横紐ショーツだけを身につけた胸のカタチの実に美しい女の子が映るが、それはわずか2秒足らず。即ピンク色のサテンを被り、ゴリラ男に跨った体勢で乳房の辺りをまさぐられる。騎乗位でセックスしているのかと思ったら、彼女は本編同様、「ウフフフ、ウフフフ」と笑い続ける。途中でまたバイブを当てられやっとヨガリ声を発したり、体勢を変えて背後から身体を触られる。これが約20分。最後に「特典映像2・裸でマント遊び」。先ほどの黒い横紐ショーツの娘が、サテンではなくテロップ通り、メフィストフェレス風の黒マントを身につける映像が10分ほどある。

文=東良美季

サンプル動画を公開中!!

『サテンの美学 Vol.5 蟲女(バグじょ)』(松下一夫)
監督:松下一夫
発売日:2010年2月1日
品番:BGK-007
収録時間:72分
定価:11,800円
メーカー:松下一夫

DMMにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『土足女の男踏みフードクラッシュ7 (足踏み工房)』

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
19.09.26更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |