本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
ギガが生んだ数々のスーパーヒロインの中でも圧倒的な人気を誇る『美少女仮面オーロラ』シリーズ。本作では純名もも演じるオーロラが、改造電気振動棒や性感パルス振動体などの刺激で無理やりに性的絶頂へ追いこまれまくります。萌え要素がたっぷりと詰まった1本に、ヒロインもののひとつの完成形を見る!!

 | 
世界征服のため、人間の女性の快感エネルギーを使って悪魔の卵を孵化させようともくろむ“秘密結社ブラッククラブ"。しかし何人の女性からエネルギーを搾り取っても卵は一向に孵らず、ブラッククラブの狙いは遂に美少女仮面オーロラへと向かう。新しい快感マシンを開発するために拉致された新帝都大学の岸田博士を救うため敵のアジトに向かったオーロラだったが、一瞬の隙を突かれて悪の手に落ちてしまう――。

GIGAの特撮ヒロインの中でも絶大な人気を誇るキャラ“美少女仮面オーロラ"
(公式サイトで調べたところによると、衣装のマイナーチェンジはあるもののこれまでに“オーロラ"名義の作品は12本も出ている模様。すごい)。
全作品を見たわけじゃないですが、その中でもこの純名ももちゃんの“オーロラ"はかなりイイ線いってるんじゃないでしょうか。

半開きのツヤツヤ唇、舌ったらずの甘い声、そしてマスクの下の意志を感じさせるキラキラお目々。セーラー服の似合う黒いストレートヘアも、カワイイんだけどいまいち弱そうな決めポーズも全部すばらしい。
中学時代『美少女仮面ポワトリン』や『魔法少女ちゅうかなぱいぱい』を欠かさず見ていたこの私が、アイドル度はダントツだと太鼓判を押しちゃいましょう!

溶岩みたいな顔をした敵に捕らえられ、大の字に吊るされて怪しげな薬を注射されてしまうオーロラ。戦闘服の上から胸元をサワサワとまさぐられる姿を見ただけで、「やめろっ、俺のオーロラに!」みたいな気分になっちゃうのは、やっぱり持って生まれたアイドルパワーでありましょう。

そこに登場する岸田博士制作の新兵器快感マシンがまたイイ味出してます。
オーロラ曰く「さ、先っぽがブルブルしてるっ!」という“電気振動棒"に、博士自らが操作する“性感パルス振動体"。まあ実態はただの電マと低周波マッサージ器なんですが、怪しい光を放ちながら震えるそれらの快感兵器に、ヨダレをたらし、失禁までして激しく悶えるオーロラ。

戦闘服からチラ見えするツルペタオッパイを震わせる風情がたまらんですね。アイドル好きとしては、戦闘員にパンストを破られただけで「エ、エメラルドコーティングが破かれた!」とショックを受ける大袈裟なリアクションも、グッときます。

「このまま奴らのいいようにされたら、私本当におかしくなっちゃう……!」

そこに現われた岸田博士。拘束を解かれ博士を守りながら逃げようとするオーロラ。
しかしどっこい、助けに来たと思った岸田博士は、人類に悲観し悪に魂を売り渡したマッドサイエンティストに成り果てていたんですね。
「充分な予算もくれず何が研究結果だ。科学ってのはそんなものじゃないんだッ!」という魂の叫びが泣かせます。

博士に裏切られたオーロラは、最終兵器“男性器ドリル"(なんとブロックを突き破るほどのパワー!)で「なんで私がこんな目に……!」と喚きながらアソコをえぐられ、そして……。

おっと、いけない。ここから先の展開は『オーロラシリーズ』の今後にもかかわってくる重要機密なので、ネタバレしないようにしなくては。気になる方は是非本編をどうぞ。
ラストシーンでの純名ももちゃんの演技も秀逸ですが、エピローグからオープニングテーマに移るところも、やけにかっこよくて震えるんですよねえ。これぞザ・特撮って感じ。

正直、ズブズブだったりグチョグチョだったりドピュドピュだったりというようなダイレクトなエロは期待できませんが、ストーリーに無駄がなくテンポがいい上、純名ももの動きには萌えポイントが満載。違った意味での快感が味わえるんじゃないでしょうか。
ヒロインものとしての完成度の高さを感じさせる一作であります。

文=遠藤遊佐

『スーパーヒロイン昇天地獄 美少女仮面オーロラ編(GIGA)


監督:羹灼
女優:純名もも
発売日:発売中
品番:GXXD-38
収録時間: 本編82分 メイキング10分
定価:10500円(税込)
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『ヒロインスーパーハードレイプ 魔力戦隊ミスティーレンジャー(GIGA)』

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
09.12.18更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=遠藤遊佐 |