Lovely-Candle 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
おなじみTMAのコスプレAV最新作は、2010年に放映されたライトノベルを原作とするアニメ「俺の○がこんなに可愛いわけがない」が元ネタ。容姿端麗成績優秀な妹を成瀬心美、ライバルのゴスロリ少女を早乙女らぶ、そして2人が取り合う主人公をTMA作品には欠かせない鳴沢(ゴロー)賢一が演じている。
 | 
アニメのキャラクターを使ったパロディAVは珍しくないが、TMAの作品は単に女優がコスプレするだけではなく、元ネタとなるアニメのセリフはもちろんのこと、尺やカット割りまで忠実に再現する偏執狂的とも言える作り込みがなされている。。
特に2007年の『きら☆すた』や2009年の『軽音部』では、アニメを完全に再現したエロ抜きのドラマ部分を全面的に押しだし、濡れ場は本編とは別の特典映像的な扱いで後半に収録されるという特殊な形式を取っている。
本作でもその形式が踏襲されており原作1巻(アニメでは1〜3話)のエピソードを、端折ってはいるものの、30分以上にわたりセットやロケを駆使し恐るべき再現度で繰り広げている。

さてどうしてTMAのコスプレAVはこのような特殊な形式を取るようになったのだろうか?筆者の勝手な解釈はこうだ。

元ネタの世界観はそのままに、本編では見ることのできない人気キャラの痴態を抜きネタとして楽しむことができるという意味では、TMA作品の後半(濡れ場)は、ペンによって描かれた絵の代わりにリアルな女優が演じているだけで、実は18禁同人誌とまったく同様の構造である。
しかし当然ながら同人誌には前半の再現ドラマは収録されていない。もちろん元のアニメがあれば、わざわざそれをコミカライズしたものなどいらないからである。

ではなぜTMAのコスプレAVにはアニメをコピーしたドラマ部分が用意されているのであろうか?
 
正直な話しをすれば、いくらアニメそのままのコスチュームを着ていたとしても、よく似た女優さんを使っていたとしても、コスプレAVのキャラクターはアニメキャラとは似ても似つかぬ存在である。ぶっちゃけアニメキャラのほうがはるかに可愛い。これは元ネタのファンなら誰もが思うことだろう。
だが、アニメの萌えキャラは男達の願望・欲望を満たすことだけを目的に人工的に作られた存在だ。生身の人間と比べるのはいくらなんでも酷すぎる。

そこでコスプレAVのドラマパートである。このパートの目的は、元ネタであるアニメを3次元で精巧にトレースしていくことによって、2次元との差異を埋めるために必要な脳内変換イニシエーションを補助するための機能的なツールなんじゃないかと思う。
最初は「似てねーー」、「またゴローかよwwww」と笑いながら観ているのだが、その異常なクオリティと、まったく手を抜かない真剣な演技に、後半の父親と対決するクライマックスシーンでは思わず手に汗握って見ている自分に気付く。エンディングが流れる頃にはキリエも黒☆猫も全然アリになっているから不思議なものだ。

と、2次元>3次元の脳内変換が完璧に終了したところで待望のエロパートのはじまりである。
まず登場するのは早乙女らぶさん演じるゴスロリ少女の黒☆猫さんだ。

「あんたの妹が言ったのよ“どうせあなたの同人誌なんてリアリティがない駄作なのよ。ホンモノのちんこを見たことがないからあんなヘンテコなものがかけるのよ”ってね」

と、キリエにけしかけられたらしくオレのパンツに手をかけてせまってくる。ペニスをむき出しにするとすぐに黒ストッキングで足コキだ。

「人間風情がわたしになにができると思っているの?」

厨二設定を炸裂させ優位に立とうとしているが経験がまったくないのは明らか。ここは年上らしく性の悦びを教えてやろうではないか。
スカートをめくり上げるとなんとパンティではなくドロワースを着用している。その上から丹念にクンニを行ない濡れてきたところですかさず挿入だ。歯を食いしばりながらそれでも強気を崩さない黒☆猫さんをおいしくいただいてしまおう。

次に登場するのはもちろんわが妹、成瀬心美演じるキリエちゃんだ。
いきなりオレの上に馬乗りになりビンタをかまし「人生相談してよね」とかわいい要求だ。

「わたしの小説にもリアリティが必要なの。これは取材なんだからね」

と強がっているが震えているのは見逃さないぞ。普段は高飛車な妹に兄の威厳を見せてやるチャンスだ。そそり立つペニスを見せつけ咥えさせる。もちろんこれは取材だから問題はない。
ここまで来たらあとは行くところまで行くしかない。血の繋がり? そんなものは関係ない、セーラー服を着せたまま縞パンの隙間から挿入だ。あれ? 抵抗してくるかと思ったらなんかしおらしいぞ。かわいいあえぎ声まであげちゃって……オ、オレの義妹がこんなにかわいいわけがないいい!!!

うん、3次元もいいじゃないか。

文=田口こくまろ

『俺の義妹がこんなにエロいわけがない(TMA)


発売日:2011年2月25日
品番:19ID-008
収録時間: 120分 
定価:3,990(税込)
メーカー:TMA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『あなた、許して…。 よこしまな恋(アタッカーズ)』

KOKUMARO-prof.jpg
田口こくまろ モテたい一心で大好きだったラムちゃんに別れを告げアングラ・サブカル方面に耽溺するも結局失敗、40歳を前にして完全にオタ方面に転向を果たす。現在はブランクを取り戻さんとアニメとエロゲとラノベに全財力と精力を注入中。
 | 
11.03.15更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=田口こくまろ |