女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEBスナイパーAVレビュー

〜GIGA2009 G1グランプリ全作品紹介〜
『斬闇のダルク(GIGA)

文=井上文


21××年、暗黒に澱む酸性雲に覆われた第二東京では、凶悪犯罪が横行していた。月魔(つくま)CITY警察署の若く美しい女性署長・月漏雫(つくも りみお)は、天才科学者といわれた亡き恋人の遺した特殊強化コスチュームに身を包み、マスクで素顔を隠し、法を逃れる悪を日々退治していた。彼女こそ、正義のヒロイン・ダルクその人である――。
 | 

【G1 GRANDPRIXとは】  GIGAグループ9人の監督が、 部門別売上ランキング(特撮研究所、取引店、ダウンロード、DVDトースター、総合売上)、 投票ランキング (作品賞、キャラクター賞、パッケージデザイン賞)を競い合う、問答無用の熾烈な闘い! 売上ランキングは発売開始から1ヶ月での集計結果で決定。 投票ランキングはの推移はhttp://www.giga-web.jp/g1/result.htmlでチェック!!












舞台は第二東京都。時は21××年という近未来ものです。暗黒に淀む酸性雲に覆われた街は凶悪犯罪者の巣窟。その不穏な大都会で闇夜に活躍する正義のヒロイン=ダルクが卑劣な罠に堕ちていくまでの物語。

都市の光景がCGで描かれているのですが、レベルが高くて驚かされます。全体に映像が綺麗で、黒一色の特殊強化コスチュームに身を包むダルクの姿にも安っぽさがありません。
さらにダルクを演じる詩音の演技が不自然でなく、シリアスな場面はシリアスに、エロティックな場面はギャップの分だけ緊張感たっぷりに楽しめるという隙の少ない作品です。

普段は正体を隠しながら警察署長をしているダルク。日常の均衡を破るのは、ある日街にやってきたサーカス団。頻発している女性誘拐事件の黒幕がそのサーカス団だという密告を受け、ダルクに変身した詩音が一人でテントに潜入するのです。そのすべてが罠だったと知った時、ダルクはすでに拘束され、客たちの前で鼻責めをされたまま精子を舐めさせられた挙句、汚れたブリーフを口に詰め込まれた惨めな姿でスパンキングを受けるなど屈辱的な舞台出演を果たすことになります。

ストーリー上のポイントになっているのは、ダルクが自分の正体(警察署長であること)を隠し通さなければならないこと。サーカス団はその秘密をネタにしてダルクを脅迫し、徹底的に辱めていくのです。たとえばダルクを警察署に戻らせて間抜けな部下のペニスをしゃぶらせたり、再び舞台に上げてSMショーに出演させたり……。ちなみにこのSMショーでは縄師として神浦匠氏が出演し、本格緊縛×GIGA流コスチュームの豪華なコラボレーションを見せてくれています。

ついには催淫剤の付着したダーツの矢を肌に打ち込まれ、客たちの前で悔し涙を流しつつ、ヨダレを垂らして喘ぎ狂うダルク。秘密を守るための出演であったのにもかかわらず、マスクを無残にはぎ取られるシーンが印象的です。縄に両乳房をくびり出され、ローターと電マで辱められる時、端正な顔が赤ん坊の泣き顔のようにくしゃくしゃになって、落花狼藉のエロティシズムが鮮やかに演出されます。

ついには首に鎖を付けられて、秘裂も素顔も晒したまま舞台の上を犬のように歩かされるダルク。催淫剤と責めの効果で理性を失い、自ら「おちんちん欲しい! マンコん中ぐちゃぐちゃにして下さい!」と叫ぶまでに堕落させられてしまいます。ここからのピエロとのカラミや客たちによる大量ぶっかけが作品のクライマックスです。

全体に、光っているのは詩音の演技と細部の演出の美しさですが、責め手の中心となっているサーカス団の女団長も言葉責めの巧みさで作品を盛り上げています。また、ストーリー上の締め括りがエンドロールの後にさ用意されているので、最後の最後まできっちり観て物語のすべてを味わうと、エロとは違う部分での満足感も得られます。AVというよりも映画を見た後のような余韻が残る作品でした。

文=井上文


『斬闇のダルク(GIGA)


発売日:発売中
出演:桜田さくら・詩音
監督:陣寺陣多
収録時間:本編97分 メイキング10分
定価:10.500円(税込)
商品番号:GG-TGGP-05
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】『古びたアパート(GIGA)』

inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
09.05.15更新 | WEBスナイパー  >  AV情報