本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
地球守防衛特殊部隊「チャージファイブ」の一員である葵七海は、日々地球の防衛に努めていた。地球征服を狙う銀河侵略軍ガジューマの幹部ガルークが指揮をとる一味を、変身してチャージマーメイドとなり撃退し続けていたのである。しかし、そんなヒロインが、何らかの理由で変身できなくなったとしたら……。「非変身ヒロイン」というユニークなジャンルを打ち立てる、GIGA一流の画期的な作品。
 | 
単純にストーリーが面白い。いちおうパケには「BAD END」と書かれているので、最後は悪い怪人にズタボロにされるのはわかっているのだが、それにしても話が一本調子ではない。

まず最初に強いスーパーヒロインを視聴者に見せつける。
野中あんりは、これがはじめての特撮バトル作品なのに、変身シーンも決めの立ちポーズもしっかり決まっている。擬闘の経験がまったくない女優さんだとたいていグダグダした感じがしてしまうのだが、野中は動きがシャープで声もしっかり出ていて非常にいい。
彼女の役どころは、地球守防衛特殊部隊「チャージファイブ」の一員で、「チャージマーメイド」に変身して戦う「葵七海」という女性。対するは地球征服を目論む銀河侵略軍「ガジューマ」。
まずはそこの幹部「ガルーク」が率いる悪の手下を、チャージマーメイドとなった七海が圧倒的な力で粉砕する。チャージマーメイドの強さの源は、地球から発するエネルギー「ガイアフォース」。このガイアフォースの力を利用して変身し、必殺技を繰り出すのだ。

しかし悪の組織もやられているばかりではいられない。
以前から研究員にガイアフォースの研究をさせていたガルークのもとへ、吉報が届けられる。どうやらガイアフォースの発生量に異常が見受けられるらしい。

頃合いをみて再び暴れ出すガルーク一味。早速、葵七海がかけつけると多くの戦闘員が待ち伏せていた。すぐにチャージマーメイドに変身しようとする七海。しかしどうしたことか、なんど試みてもマーメイドには変身できない。
七海はそれでも戦おうとするがやはり多勢に無勢、倒されて複数の戦闘員に足蹴にされる。
絶体絶命の七海。

ここで筆者は、いつもならこのまま陵辱されちゃうんだろうなぁと思っていた。GIGA作品の中にはこのままずっと捕まって拷問、陵辱され続けるパターンが結構ある。
しかし予想は裏切られた。葵七海はここから隙を見ていったん逃げ出すのである。
これだと次はどうなるんだろうと話がふくらむ。一方向なだけだとやはり飽きてしまうもの。
思わず話に引き込まれてしまった。

いったんは逃げ出すことに成功する七海だが、敵から受けたダメージは大きい。
しかもなぜチャージマーメイドに変身できなかったのか謎のまま。このまま闘うわけにはいかない。原因を探る七海。そしてついにガイアフォースの発生量が極端に減少している事実を確認する。
そういうことから七海は一時はガイアフォースが貯まるまで、じっとしていようといったんは決意する。
しかし七海が安静にしている間、次々と街に被害が広がっていく。そんな事態に耐えきれなくなった七海は、まだ変身できないのをわかっていて戦いに身を投じてしまう。

冷静に考えれば、変身できないのに突っ込むのは無駄死にするだけだと思うが、このあたりの心の葛藤は演技のうまい野中あんりなので説得力がある。

再び、戦いにおもむく葵七海。そして案の定、善戦むなしく囚われの身になってしまう。
ここからは陵辱シーン。敵の母船に連れ込まれる七海は、3人の怪人になぶりものされ、犯されてしまう。触手が七海のマンコを犯す。

いちおうこの作品は本番挿入シーンがある。中出しのザーメンこそ白いペンキのようなクリームだが、侵略する宇宙人のチンコが人間のそれとまったく同じのは不思議な感じもする。これはやはりそうでないと視聴者は興奮しないだろうということか。

その後は、ガルークとのセックスシーン。
後ろ手に拘束されて身動きがとれなくなっている七海。
途中、ガルークが七海に言い聞かせる。

「変身しているときは毅然と振る舞っている貴様も、変身できずにこうしているときはタダの女。たっぷりかわいがってやるぞ」

ガルークのこの言葉が、この作品のエロポイントを語っていると思う。
この作品のタイトルでもある「非変身ヒロイン陵辱」というのは、まさに「変身できないヒロイン」を犯す快感ということだろう。いつもならかなう相手ではないヒロインを、か弱い存在にして陵辱するところに意味があるのだ。

キスから胸、股間をまさぐられ、乳首をチューっと吸われる。あえぎを強くする七海。
オッパイは小ぶりなのに、その上についているデカ乳首がそそり勃っていて、それをいじくられてあえぐところが卑猥である。
やがてマンコに指を入れられ、激しくもだえさせられる七海。そして挿入。

カラミ中は何度も七海の心の声がはいる。

「粘液が、粘液が、私の中に……」
「触手が、中で、暴れている。こんなの、こんなの……」
「ダメ、また体が反応しちゃう……」
「変身できれば、こんなやつ……」

最後にちょっとしたどんでん返しが待っているのだが、結末がBAD ENDなので結局は救われないまま話が終わる。

男優が志戸哲也ということもあり、ファックシーンもちゃんとしているGIGA作品。
AVとしても特撮ものとしても、いろんな意味で見ごたえがある内容になっていた。

文=淫語魔

『非変身ヒロイン凌辱 チャージマーメイド(GIGA)


監督:宇那月
発売日:2010年7月23日
品番: GXXD-66
収録時間:本編95分 メイキング20分
定価:10500円
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『格闘ゲームヒロイン エンペラーオブファイターズ(GIGA)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ 等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。そのかいあってか、最近は二村ヒトシ監督が作ったAVメーカー「MotheRs」で企画協力、淫語指導を担当。さらに淫語普及の野望は続く。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.11.30更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |