本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
主演女優・愛咲れいらは、2004年より原千尋名義で大手メーカー専属女優としてデビュー。ハードなプレイを次々とこなし、一躍人気女優となるが、2008年に引退。そして2011年に愛咲れいらとして再デビュー。3・11の震災後『恥ずかしいカラダ DOCUMENT 愛咲れいら(HMJM)』で、完璧なボディで魅せる美しくもいやらしいセックス、そしてその裏に隠された切ない想いをさらけだし、こつ然と姿を消したれいら。それから一年後、再び我々の前に姿を現わした彼女。空白の一年間にいったい何があったのか......。
 | 
前回のHMJMでのれいらの出演作『恥ずかしいカラダ DOCUMENT 愛咲れいら』の続編のようなつくりになっている本作(前作で使用されたカットもたびたび流用されています)。
もちろん本作だけでも楽しめますが、前作と合わせて観るとより味わい深い作品になっております。
というか、最初は正直「この娘スタイル抜群だけど、あんまり好みではないかなぁ......」などと思っていたのに、本作を観ているうちにどんどん彼女の魅力に引き込まれて、前作も観ずにはいられなくなってしまいました......。

まず作中でもカンパニー松尾監督が言ってましたが、今回のほうがれいらがリラックスしてて、そのせいかセックスもよりエロいというか、恋人っぽい雰囲気になってるんですよねぇ。

最初ふつうに公園や湖を散歩デートして、お昼ご飯を食べてから(このお昼ご飯のうどんを食べながらのコメントが「すごい太くてかたい」だの「長い」だの、いちいちエロかったです......)ラブホテルに行って一回目のセックスをするわけですが、キスをして身体をまさぐりあってるうちに、れいらから自然と手をつないじゃうんですよ。
これはキュンときましたね~。セックスしてるときに手をつなぐと、なんか安心するんですよねぇ。

だんだんノッてきたら「触りたいから」とか言いながら監督のちんこを揉んだり、むりやり足を開かされながら、「いじめられると変態になっちゃう......」って言っちゃったりとか、前回だったら絶対言わなかったであろう本音が漏れ出てるかんじが、グッときますねぇ。
作中で「人間関係ができるとエッチが良くなる」という言葉がありましたけど、本当にそのとおりで、見ているほうにもそれは伝わってきますね。
あとこの娘、セックスしてると不思議とどんどん顔が可愛くなってくる。
感じてエロくなっちゃってるときの表情がすごい可愛いです。

でも困ってる人を助けなかったら後悔しちゃうとか、好きな男の人には尽くしちゃうとか、健気な性格は相変わらず(その健気さが災いして、女友達の借金の保証人になったり、好きな男に騙されたりして苦労しているのですが、
それが彼女のいいところでもあるから、難しいですねぇ......)。
長年女優をやっているのにも関わらず極度の恥ずかしがり屋で、監督の「好きな人とするエッチは好き?」「好きな人だったら、どんなエロいことでもしちゃうの?」などの質問をすべて「恥ずかしい」「秘密」で押し切ろうとするところも、相変わらず。
しかしそこがまた可愛くてたまらんですね!

そしてラブホテルでのセックスの後日、自然を愛するれいらのために、川辺でパッケージ撮影。
そして当然のごとく青姦に突入します。
川辺の前半はフェラチオメインですが、この娘フェラチオしてる顔もすごい可愛くてきれいなんですよねぇ。
フェラチオしてるときの女優さんの顔って、一所懸命すぎてややブサイクになりがちな印象があるんですが、この娘の場合は平常時よりもフェラチオしてるときのほうが可愛いくらいの勢いです。
その後ロケ車に移動してカーセックス。
騎乗位の頻度が高いので「自分で腰を振るのが好きなの?」と聞く監督に「普段はあんまりしない。サービスでやってる」「正常位が一番好き」とわりとあっさり本音を吐くれいら。
気遣い屋さんだけど、嘘は吐けないというか正直な性格ですよね。

最後に要望どおりの正常位でハメながら、「れいら、いい子だよ」「幸せになってね」という監督の言葉に、れいらの瞳から涙がこぼれ落ちます。
感極まって涙が止まらない彼女に、「本当に幸せになってね。松尾さんエッチしかできないけど」と言う監督の、自分の分をわきまえつつもれいらの幸せを願う言葉に、私も思わず涙......。
この言葉は、本当に視聴者全員の代弁だなぁとしみじみ思います。
前作の『恥ずかしいカラダ DOCUMENT』で、将来の夢を「好きな人と普通に暮らす、人並みの生活」と語っていた彼女。
彼女のそんなささやかな夢がどうか叶って欲しい、と願わずにはいられません。

文=まな

魅惑のボディと優しい心で男に尽くしぬく――
素のままの愛咲れいらがレンズの花開く必見のドキュメント!!





『中出しグラマラス おかえり れいら(HMJM)


監督:カンパニー松尾
発売日:2012年9月29日
品番:HMGL-082
収録時間: 120分
定価:3990円(税込)
メーカー:HMJM

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラー 夢幻序曲 あかり(HMJM)』

まな 一般女性とガールズ・オナニートークを繰り広げるUstream番組「女子オナニー会談」主催。その実態は、ニートすれすれのフリーター生活を送る、花も恥じらうアラサー女子です。26歳まで処女だったという暗黒の高齢処女時代のコンプレックスをばねに、図太く生きております。好きなAVのジャンルは、痴女と友情レズビアン。女性が楽しそうな作品が大好物! 将来の夢は、女友達と居酒屋で楽しくオナニー話をすることです。
Ustream番組「女子オナニー会談」
まなのAVレビューブログ=「痴女好き女子」
 | 
12.11.08更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
まな |