Lovely-Candle 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『はじめてのレズ友達~ふたりきりの放課後~ (レズれ!)』
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/古川祥子』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 水元恵梨香』(GLORY QUEST)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【36】『乳牛少女かおり』 著者=ぺどっち (キルタイムコミュニケーション)
特選AVレビュー『濡れ衣...やがて、言いなり。/愛瀬美希』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『友カノの寝取り顔を黙って売ってます』(NON)
絵を描く人々 第16回 個性と型
ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!
原宿「PATER'S Shop and Gallery」にて古白米「セクハラ(SEXY harajuku)」展開催!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【1】「テレビ嫌い」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第8話/夏コミ地獄変・前編
特選AVレビュー『絶対に予約の取れない本番し放題のNo.1女子校生風俗嬢 波木はるか』(宇宙企画)
2ページまんが 酒場の女【9】
特選AVレビュー『麻生クラッシュ 淫獣パラノイア - 麻生希』(ドグマ)
スペインのオフビート・バディ・ムービーは、口に出さないままのセリフが渋い、からのなんかもうやけくそでタナトスファック 映画『しあわせな人生の選択』公開中!!
特選AVレビュー『みなりおの妄想の世界 南梨央奈 妄想変態女子のやりたい放題スパイラル!』(RADIX)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第57回
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年7月号
特選AVレビュー『悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2017年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.11(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年9月号(ミリオン出版)
Be MONSTER(大洋図書)
ちょっと待ってよ、花屋さん(大洋図書)
こんな所で裸にされて(ミリオン出版)
ihr HertZ 201年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年9月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年9月号(大洋図書)
女と男の欲望エロドラマDX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
カテゴライズできない性の奇跡!
この子はいったい誰なのか――肉体的には「デカちん」を持った男の子だけど、顔はどこからどう見てもメチャカワ美少女。今話題沸騰中の「女装男子」大島薫、初めてのハメ撮りドキュメントが発売に。俄然気になるこの注目作を、WEBスナイパーでお馴染みのAV通5人が特別クロスレビュー致します! 今回が後編です。
 | 
年12月にはREAL(KMP)専属女優(男性の身体で単体女優になるのはAV史上初!)になることも決定している、人気爆発中の大島薫ちゃん。
今回はHMJMのハメ撮りドキュメントに初挑戦ということで、お相手はもちろん、女装子&ニューハーフ好きで知られる梁井一監督。

薫ちゃんは女性ホルモンを使わず外科手術も一切行なっていないので、身体は完全に男子で、しかも前述したように超巨根の持ち主。
中学生の頃から二次元のふたなり描写が大好きという性癖を持ち、それに■ホント、実写版ふたなりエロの究極形としか言いようがない!/まな 

「激マブな男の娘なのに超巨根」ということでTwitterで話題を集め、2014憧れるあまり自らの身体で三次元ふたなりを実現するべく奮闘し、現在の「大島薫」が出来上がった、といいます。
性自認は男性で、バイセクシャル。
しかし女の子扱いされるのが好きで、SEXでは受け身が好きだから男性相手のほうが相性がいい......ということを語っていく薫ちゃん。
「ゲイでもニューハーフでもないから、どこにいても馴染めない」「(性別の概念が)男、女、大島薫、みたいになったらいいなぁ」と本人が言うように、確かに「大島薫」はどこかにカテゴライズするのが難しい存在です。

しかしそれは何も薫ちゃんだけの問題ではなく、セクシュアリティというのは実はとても曖昧な概念なのに、それを無理やりカテゴライズすることで、ほとんどの人は思考停止しているのでしょう。
そんな風潮に自らの存在でもって問題提起するべく、女装のクオリティと知名度を上げる努力を日々続けているという薫ちゃん......ものすごい向上心の高さです。
薫ちゃんには女性ファンが多く、イベントを開くと毎回女性客がかなりの割合を占めることでも有名ですが、そのジェンダー観の自由さと(特に美容に対する)向上心の高さが、女性人気を集めているのでしょうね。


↑セクシュアリティというものについて、しみじみと考えさせられるこの容姿。


さて、薫ちゃんのパーソナリティーが面白いのでついつい話が長くなってしまいましたが、もちろんエロも凄いんです。
最初はインタビュー後のスタジオでオナニーセルフ発射してもらうのですが、噂に違わぬ立派なデカチンが華奢な身体からニョキッと生えて、ビンビンに直立勃起しちゃってるんですよ。
勃ちの良さもさることながら、射精時も勢い良くドピュッと噴射して、濃ゆーいのを大量に飛び散らせちゃうわけですよ。
そしてホテルでの梁井監督とのハメ撮りでは、アナルプラグと梁井監督のチンポで何度もドライオーガズム(射精を伴わない性的絶頂)に達し、女の子みたいに喘ぎまくりの連続アクメ!
ホント、実写版ふたなりエロの究極形としか言いようがない!
梁井監督が薫ちゃんにフェラする時に「(大きすぎて口の中に)全部入らないよ」と言うと「えー入るでしょ、頑張って?」「もっと音聴かせて」と率直に色々要求しちゃうところが、男の子っぽくてまたいいんですよねぇ。


↑アナルプラグの挿入と梁井監督のチンポの抽送でドライオーガズムを繰り返す。


しかし今回一番の見所は、なんといってもM男優・佐藤さんとの絡み。
彼は梁井作品にちょいちょい登場するアナルプレイ好きのM男なのですが、とにかく空気の読めなさが天下一品!
佐藤さんに目隠しをし、薫ちゃんが男であることを隠してお尻を掘っちゃおう、というイジワルな企画を立てた梁井監督ですが、それをも上回る佐藤さんのKYっぷりで企画は空回りの連続へ......。
ある意味、このパートが一番薫ちゃんの素顔が垣間見えていたと思うので、気になった方はぜひその目で確かめてみて欲しいですね。


↑アナルプレイ好きのマニア男性・佐藤さん(上)をリアルチンポで犯し貫く大島薫。


女子の魅力と男子の魅力を併せ持ち、それを意識的に活用することで巧みに自己プロデュースしていく大島薫ちゃん。
AV業界だけにとどまらない活躍を期待させる大器ですね。


■業務的セックスを並べたたけのAVが多い中、新鮮なトキメキと、チャーミングな感動のある作品/ゴールドマン

「とにかく元気でビンビンなチンポが大好き!」と宣言してはばからない、HMJM唯一の変態担当:ヤナイ監督が、その"チンポ愛"のすべてを注ぎこんで撮りあげた"オトコの娘"ドキュメンタリーの傑作。
主演はショコタン似で、デカチンポが超魅力的な大島薫ちゃん。Twitter上で彼女の存在を知ったというヤナイくんが、"一体彼女は何者なのか?"と、カメラとチンポで密着しました。

自前衣装を用意してのスチール撮影スタジオで、ちょっぴりHなインタビューを敢行します。
キモチは"女の子"風ですが、しゃべり方はやはり"女の子"そのものではなく、なんか"腹話術の人形"のような違和感があります。
でも、なれてくるとそんなに気にはなりません。
"今は男性も女性も半々に好き!"
"でもHとかは受け身だから、男性のがあってるかも?"
"初体験は女装して、援交チックに男性と......"
"女装してヤッてる自分を客観視してコーフン!"
けっこうしっかりしたカラダつきで、毛なしチンポも生えているのに、ペラペラ女の子みたいによくしゃべります。

服の上からでも巨根とわかるチンポを、鏡の前でまる出しにされると、すでにお腹に当たるほどギンギンに反り返っています。
そのボッキ・デカチンポを撮影してるだけで、ヤナイくんもボッキします。「えっ、なんで?」と逆に彼女に驚かれたりもします。


↑鏡の前で巨根を披露。本人のみならず梁井監督も大興奮の様子。


とにかくカメラは彼女のデカチンポばかり、集中的に映します。
ボッキしきったデカマラを小さなパンティの中に無理矢理押しこめようとすると、入りきらなくて赤面してしまう彼女。
女性ホルモンの薄いイマドキの女子より、よっぽど"女の子"的でドキッとします。
「どうするの? このままイッていいの?」
と、ウブなセリフを口にしながらの彼女のデカマラ・オナニー!
テレながらもセンズリ・ショコタンの大量ねばり汁が、デカチンポの先からビュルルルル~ッ!と噴出します。
"恥じらい"のあるキュートな巨根オナニーに、胸がキュンとしました。


↑恥ずかしがりつつ、デカマラから大量の白濁液を迸らせた。


その後、車の助手席に彼女をのせて、彼女の"のど仏"を愛撫しながら、夕暮れのホテルに2人っきりでチェック・イン。
通常の女優とのハメ撮りより、なぜかソワソワして落ちつかない様子のヤナイくん。この人、本当に"マンコよりチンポが好きなんだな~!"と伝わってきます。

東南アジアの売春婦みたいな黒のアミアミ・ボディコンを着せて、ヤナイくんはまたまたパンティ越しにデカチンポをさわりまくります。そして、彼女にフルボッキのビンビンチンポをしごかせているうちに、辛抱たまらず、監督自らデカチンポをしごきはじめます。
彼女の目がトロ~ンとしてきて、まるで悪戯されてる少女のようです。
「なめてみる?」
とろけそうな彼女に促され、"待ってました!"とばかりに"オトコの娘"のデカマラをフェラチオしだすヤナイくん。
ブチュル~! ブチュブチュ~! ブチュルルル~ッ!
いやらしい音を立てて、おいしそうに一生懸命おしゃぶりします。
結構上手なので、普段からフェラチオの練習はしているのでしょう。


↑湿った音を豪快に立てながら大島薫のボッキをバキュームする梁井監督。


アナルにディルドを突き刺したまま、さらに彼女にデカマラズリさせます。最初のセンズリの時より、はるかにエロ度があがってきてるようです。
やはり、見た目がショコタン似美少女で、ギンギン・デカチンポが生えているというのは、ものすご~くお得感があります。
ヤナイくんが乳首をいじると、恋人気分のスイッチが入って、見つめあいながら2人はネッチョリと接吻を交わします。
そして、彼女のケツ穴マンコに、ヤナイくんの生チンポがぶちこまれます。
「すっごい、キモチぃぃ!」
甘い吐息まじりの"女の子"のキモチで彼女が悶えます。
毛深いヤナイくんの肉マラが、"オトコの娘"のケツマンコをズコズコズコ~!
ショコタン彼女も自分のボッキンデカマラをシコシコシコ~!
「ヤ......バ......イ......!」
本気度MAXのケモノの交尾です。
「オマンコぐちょぐちょに......されてます......!」
切ない彼女の淫語に、激ピストンでチンポ汁ぶちまけるヤナイくん!
"オトコの娘"も負けじと、超激センズリ・ザーメンどぴゅぴゅぴゅぴゅ~っ!!
たっぷりと大量の男根汁を発射して、うれしそうな2人。
男の女の愛のようでもあり、男同士の友情のようでもあります......。


↑本気度MAXの交尾で2人とも男根汁を発射。


翌朝、グダグダ感満載の"ドッキリ逆アナルFuck"をはさんで、ラストは大阪の彼女の自宅を訪問します。
特に"女の子"の部屋らしくはない、"オトコの娘"の住むワンルーム。
いつもしているように自画撮りをしてもらったり、得意の似顔絵を描いてもらったり、すっかり打ちとけてリラックスムードの2人。


↑大島薫の自室でまったりと恋人気分に。


"まだフェラチオされてなかったので......"
ということで、ヤナイくんは念願の"オトコの娘"フェラしてもらいます。
チンポをしゃぶる彼女の顔だけ見ていると、やっぱりショコタン似でカワイイし、確実にハズレのフーゾク嬢よりおしゃぷり上手だし、なんだか自分も彼女のことがどんどん好きになってしまいそう......。

ふだんの女の子に接する態度より圧倒的にやさしいヤナイくんに、彼女の"エロ女子力"が限界までヒートアップ!
見つめながらのチンポじゅるじゅる! ベロベロ! ブチュブチュ! シコシコ~!
スケベで卑猥な"オトコの娘"のベロに、精液ドクドクあふれます~!!


↑エロ女子力に溢れる悩殺フェラで梁井監督のチンポから大量の精液か搾り取られる。


最後にザーメンの残る彼女のくちびるに、やさしくキッスしてあげるヤナイくんに"ほんとの愛"を感じました。
"元気なデカチンポ"のついてる娘には、やさしくなれるんですね~!

近年、単に業務的セックスを並べたたけのAVが多い中、最初の場面と最後とで、こんなにもモデルの表情が変化する作品というのは、とても珍しいのでは......?
新鮮なトキメキと、チャーミングな感動のある作品でした。

ピュアな"チンポ愛"に生きるヤナイ監督の未来は明るいはず!!

構成=編集部

『ボクは男の子ですけど、こんなカラダでも興奮してもらえますか? 大島薫(HMJM)

監督:梁井一
発売日:2014年10月25日
品番:VGD-146
収録時間: 120分
定価:4104円(税込)
メーカー:HMJM

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>


■『ボクは男の子ですけど、こんなカラダでも興奮してもらえますか? 大島薫』DVD発売イベント情報

開催日時:11月16日(日) 開演:12:00から
開催場所:ラムタラメディアワールドアキバ
※イベントの詳細はこちら(ラムタラメディアワールドアキバのリンク)

開催日時:11月16日(日) 開演:17:00から
開催場所:買取販売市場ムーラン本店
※イベントの詳細はこちら(買取販売市場ムーラン本店のリンク)

■巷で話題の男の娘AV女優・大島薫、雑誌&DVD発売記念イベント<第三夜>
「大島薫アセンション~二次元と三次元を超えるAV女優」


開催日時=11月12日
OPEN 18:30 / START 19:30
料金=
前売¥2000/当日¥2500(飲食別)
※要1オーダー500円以上
※前売はイープラスにて10/25(土)~発売開始

大阪プラスワンウエスト→阿佐ヶ谷ロフトA→新宿ロフトプラスワン。2014年AV業界を席巻する〝男の娘〟大島薫ちゃんの本&DVD発売記念連続イベントのラストは、性と俗の入り乱れる街・歌舞伎町で締め括られる。
10月18日発売の『ボク<が>大島薫。』(マイウェイ出版/パブセンス)の表紙カバーで共演したエロ漫画界の大御所・師走の翁先生、本誌でも取材漫画を描き、巷の男の娘ブームを牽引してきたひねもすのたり先生をゲストに加えて、AV/エロ漫画のメディアを超える大島薫ちゃんを丸裸に!! 濃厚なトークはもちろん、質問コーナー、本&DVDの物販、薫ちゃんとの交流&写真撮影タイムもあります!

※物販は、DVD『ボクは男の子ですけど、こんなカラダでも興奮してもらえますか?』(HMJM)『ボクのチンポ、舐めていいよ?』(パブセンス)、ムック本『ボク<が>大島薫。』、大島薫ちゃんグッズなど。購入者特典もアリ!

【出演】
大島薫(男の娘AV女優)
師走の翁(エロ漫画家)
ひねもすのたり(エロ漫画家)
九龍ジョー(ライター/編集者)
梁井一(ハマジムAV監督)
井戸隆明(「オトコノコ時代」編集長)

会場・問い合わせ先=
東京・新宿 『ロフトプラスワン』
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町1丁目14-7 林ビルB2
TEL 03-3205-6864

※このイベントは都条例により18歳未満の方の入場はできません。御来場者は当日入場の際に年齢の確認できる身分証(免許証、学生証、社員証、パスポートなど公共機関が発行する証明書)の提示が全員必要となります。未成年者へのアルコールの販売も固くお断りします。

ゴールドマン 87年にアートビデオより「電撃バイブマン」で監督デビュー。その後、実験的な作品をリリースするなどAV業界に対して常に挑戦的な姿勢を持ち続ける。中でも89年に発表された60分ワンカットの8ミリビデオ作品「なま」は伝説級。近年はハメ撮りでの言わせ系淫語で独自の世界を展開。20年間で約1500人の女とハメ撮りし、300本以上のハメ撮り作品を制作してきたAV業界の巨頭。

まな 一般女性とガールズ・オナニートークを繰り広げるUstream番組「女子オナニー会談」主催。その実態は、ニートすれすれのフリーター生活を送る、花も恥じらうアラサー女子です。26歳まで処女だったという暗黒の高齢処女時代のコンプレックスをばねに、図太く生きております。好きなAVのジャンルは、痴女と友情レズビアン。女性が楽しそうな作品が大好物! 将来の夢は、女友達と居酒屋で楽しくオナニー話をすることです。
 | 
14.11.09更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=ゴールドマン | まな |