本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
特選AVレビュー『女子校生革命!夏なんてぶっ飛ばせ!5人の美少女が制服大改造スーパークールビズで登校してきた!!(ファーストスター)』
フラミンゴ柄セーター、ダサ柄ネクタイ。シュワちゃんが身につけている全ての衣装が悲しくていい 映画『アフターマス』公開!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『せっくすじゅーす』 著者=桜去ほとり (ワニマガジン社)
特選AVレビュー『完全拘束・完全支配 拷問ドラッグ - 鶴田かな』(ドグマ)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../宮藤尚美 (光夜蝶)』
特選AVレビュー 『男装つるぺた少女 矢澤美々(18)』(K-Tribe)
ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』
特選AVレビュー『巨乳DJ臭辱拷問 嗅姦2』(シネマジック)
特選AVレビュー 『あやみ旬果を、飼いならす。3』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『熟れたスキモノ女の濃密猥褻プライベート映像/横山みれい 』(ワープエンタテインメント)
絵を描く人々 第17回 構図と余白
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」最終話/夏コミ地獄変・後編
特選AVレビュー 『生中出し×媚薬トランス×三つ編みモサ子女子校生 戸田真琴』(ソフト・オン・デマンド)
リムジンにおける、チンポとパワーウィンドウとの奇跡的な出会い! 映画『俺たちポップスター』公開中!!
特選AVレビュー 『公開BDSM調教 推川ゆうり、北川エリカ 』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.10(大洋図書)
色狂い義理の母(ミリオン出版)
淫らにまぐわう夜這いSP(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.15(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.50(大洋図書)
よろめき 2017年10月号(ミリオン出版)
激撮 Vol.6(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD 第26号(ワイレア出版)
どすけべ肉弾妻(ミリオン出版)
キスよりやさしく(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
new adult video company INAZUMA!!
システム打破! 新たな挑戦!
業界へのアンチテーゼ


新メーカー「INAZUMA」がキター!!【1】


取材・文=
安田理央

「現役オペラ歌手 マスク着用で全裸出演承諾」

監督:工藤澪
女優:現役オペラ歌手
品番:INZM-503
価格:5250円(税込)
収録時間:135分
発売日:2008年12月5日
メーカー:INAZUMA

システム化した業界に風穴を開けるべく、一癖も二癖もある監督たちがここに集結!! 今月5日に始動した、新メーカー「INAZUMA」。2009年度・最注目メーカーに安田理央さんが迫ります。

 | 

「システム打破! 新たな挑戦! 業界へのアンチテーゼ」と挑発的なキャッチフレーズと共に始動した新メーカー、INAZUMA。尻にこだわったフェチ的なハメ撮りでカルト的に支持されている実録出版率いる工藤澪と、ドグマから独立し精力的な活動をしている二村ヒトシという二人がタッグを組んだ話題のメーカーだ。
二人が目指すところはインディーズAVの原点回帰。監督が撮りたいものを撮り、それを見たい人に見てもらうというインディーズAVの本来の姿に立ち返ってみようという試みなのだ。


↑工藤澪監督。

INAZUMAに集結した監督は、工藤、二村の他に「依頼調教」シリーズなどで知られる大阪の南ジョウ、多くのメーカーで活動中のTAKE‐D、女流監督の真咲南朋(元・安藤なつ妃)、M系のヘリポビデオなどで活躍している鈴木助坊太、そして我らが(笑)小林電人など、一癖も二癖もある顔ぶれだ。
12月にリリースされた第一回目のラインナップを見てみよう。工藤澪は「現役オペラ歌手 マスク着用で全裸出演承諾」、二村ヒトシは「ザ・オナニズム 若林美保」「同 七瀬かすみ」、小林電人は「肛門羞恥人形」、南ジョウは「変態女医 羞恥ガス」「素人 オシリクラブ」、そしてTAKE‐Dは「INAZUMA GIRLS COLLECTION Vol.1 東野愛鈴」「同 Vol.2 彩花 ゆめ」の8本だ。

「素人 オシリクラブ」

監督:南ジョウ
女優:素人6名
品番:INZM-403
価格:4200円(税込)
収録時間:90分
発売日:2008年12月5日
レーベル:INAZUMA
「INAZUMA GIRL’S COLLECTION Vol.1 東野愛鈴」

監督:TAKE-D
女優:東野愛鈴
品番:INZM-401
価格:4200円(税込)
収録時間:82分
発売日:2008年12月5日
レーベル:INAZUMA
中でも注目すべきは鬼才・二村ヒトシが新境地を開いた「ザ・オナニズム」だろう。AVの原点である代々木忠の「ザ・オナニー」を意識したと二村が言うこの作品。カメラの前で一人の女がひたすらオナニーするだけという内容だ。そんなオナニービデオは、すでに腐るほど出回っていると思うかもしれない。しかし「オナニズム」はそうした作品とは一線を画したものとなっている。

「ザ・オナニズム 七瀬かすみ」

監督:二村ヒトシ
女優:七瀬かすみ
品番:INZM-501
価格:5250円(税込)
収録時間:147分
発売日:2008年12月5日
レーベル:INAZUMA
「ザ・オナニズム 若林美保」

監督:二村ヒトシ
女優:若林美保
品番:INZM-502
価格:5250円(税込)
収録時間:147分
発売日:2008年12月5日
レーベル:INAZUMA
中でも注目すべきは鬼才・二村ヒトシが新境地を開いた「ザ・オナニズム」だろう。AVの原点である代々木忠の「ザ・オナニー」を意識したと二村が言うこの作品。カメラの前で一人の女がひたすらオナニーするだけという内容だ。そんなオナニービデオは、すでに腐るほど出回っていると思うかもしれない。しかし「オナニズム」はそうした作品とは一線を画したものとなっている。

雰囲気としてはハメ撮りだ。二村がカメラを構えて女と話しながら、オナニーへと導いていく。女は常に二村=カメラを意識しながら、自分の肉体に指を這わせる。これはオナニーではない。セックスである。男が女に指一本触れないセックス。二村はカメラと言葉だけで女をジワジワと愛撫していくのだ。


↑二村ヒトシ監督。

女は興奮し、濡れ、セックスしたくてたまらなくなる。そして恐らく二村も勃起し、セックスしたくてたまらくなっているのだろう。しかし、それでも物質的な接触はなく、女はひたすら自分で自分を愛撫する。

普通にセックスしてしまったら、決して生まれない濃密な猥褻感。

これまで二村ヒトシがAVで追求して来たのは「女の発情」だった。二村本人も繰り返し発言しているが、二村の描く痴女は、実はいわゆる「痴女」ではなく「発情している女」なのだ。女が発情し、自らの興奮を高めていく姿を描いたのが二村の「痴女」だ。

あの異色作「もしも朝の通勤電車ががっついたベロキスをするカップルで満員だったら。」も、また「発情する女」というテーマに真っ向から挑んだ試みだった。「オナニズム」もまたその延長上にある作品だ。

極めてシンプルな内容にも関わらず、147分という長時間の最後までテンションが落ちることはない。

妄想世界を映像化することに定評のある二村ヒトシだが、ドキュメントの才能も秀でていることを証明した作品だといえる。

しかし、この「オナニズム」は他のメーカーでは撮ることはできなかった。ドグマから独立してから、S1やSODクリエイト、光夜蝶にハマジムと超メジャーからマイナーなメーカーまで撮りまくり、引く手あまたな売れっ子監督となった二村であり、本人も「撮りたいものを撮っている」と言っている。しかし、これらのメーカーで求められているのは、これまでの「二村ヒトシ」、痴女やふたなりでヒットを飛ばした、あの「二村ヒトシ」なのだという。

もちろん他のメーカーで撮っているものも、二村自身が撮りたいものである。しかし、それ以外の新しい試みとなると、どこのメーカーも尻込みしてしまう。二村ほどの売れっ子監督にしてもそうなのだ。それが今のAV業界の現状なのだ。

だからこそ、INAZUMAの存在価値があるわけだ。

放屁と尻肉への射精にこだわった南ジョウ、ギャルの着エロという新ジャンルに挑んだTAKE‐D、着エロ羞恥を追求する小林電人、そしてオナニーを描く二村ヒトシ。気がつけば工藤澪以外の作品にはセックスシーンが無く、「羞恥」をテーマにした作品ばかりとなった。もちろんそこには事前の申し合わせなどない。各自が撮りたいように撮ったら、こういう結果となったというのは興味深い。


(続く)


関連リンク

- INAZUMA - 公式サイト

関連記事

【AVレビュー】『巨乳少女ふたなりレズビアン(ドグマ)』
【AVレビュー】『男根少女 Penis Venus(ドグマ)』

yasuda_face.jpg 安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
08.12.27更新 | WEBスナイパー  >  AV情報