本家三行広告 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 1
最新記事20件
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
特選AVレビュー『女子校生革命!夏なんてぶっ飛ばせ!5人の美少女が制服大改造スーパークールビズで登校してきた!!(ファーストスター)』
フラミンゴ柄セーター、ダサ柄ネクタイ。シュワちゃんが身につけている全ての衣装が悲しくていい 映画『アフターマス』公開!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『せっくすじゅーす』 著者=桜去ほとり (ワニマガジン社)
特選AVレビュー『完全拘束・完全支配 拷問ドラッグ - 鶴田かな』(ドグマ)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../宮藤尚美 (光夜蝶)』
特選AVレビュー 『男装つるぺた少女 矢澤美々(18)』(K-Tribe)
ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』
特選AVレビュー『巨乳DJ臭辱拷問 嗅姦2』(シネマジック)
特選AVレビュー 『あやみ旬果を、飼いならす。3』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『熟れたスキモノ女の濃密猥褻プライベート映像/横山みれい 』(ワープエンタテインメント)
絵を描く人々 第17回 構図と余白
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」最終話/夏コミ地獄変・後編
特選AVレビュー 『生中出し×媚薬トランス×三つ編みモサ子女子校生 戸田真琴』(ソフト・オン・デマンド)
リムジンにおける、チンポとパワーウィンドウとの奇跡的な出会い! 映画『俺たちポップスター』公開中!!
特選AVレビュー 『公開BDSM調教 推川ゆうり、北川エリカ 』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【10】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年8月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.10(大洋図書)
色狂い義理の母(ミリオン出版)
淫らにまぐわう夜這いSP(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.15(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.50(大洋図書)
よろめき 2017年10月号(ミリオン出版)
激撮 Vol.6(ミリオン出版)
投稿キング素人生撮りDVD 第26号(ワイレア出版)
どすけべ肉弾妻(ミリオン出版)
キスよりやさしく(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
new adult video company INAZUMA!!
システム打破! 新たな挑戦!
業界へのアンチテーゼ


新メーカー「INAZUMA」がキター!!【2】


取材・文=
安田理央

「INAZUMA GIRLS COLLECTION Vol.2 彩花ゆめ」

監督:TAKE-D
女優:彩花ゆめ
品番:INZM-402
価格:4200円(税込)
収録時間:88分
発売日:2008年12月5日
メーカー:INAZUMA

システム化した業界に風穴を開けるべく、一癖も二癖もある監督たちがここに集結!! 今月5日に始動した、新メーカー「INAZUMA」。2009年度・最注目メーカーに安田理央さんが迫ります。

 | 

<< 前回の記事を読む

もうひとつ大事なことは、低予算で撮るということだ。INAZUMAのほとんどの作品は、実録出版のスタジオで撮影され、スチールカメラマンも工藤自身が担当している。つまりほとんど女優と監督のギャラだけで、制作してしまっているのだ。後は各監督のアイディアとこだわりだけ。


↑我らが小林電人監督。

低予算で制作し、価格もやや高めの設定(税込定価¥4200〜¥5250)にすることによって、売れる本数が少なくてもペイできるビジネスモデルにする。そして本当に欲しい人に買ってもらう。本来、これがインディーズAVのあるべき姿だったのではないだろうか?






小林電人「肛門羞恥人形」

90年代前半に産声をあげたインディーズAV。当時は通販ビデオとか自主制作ビデオ、マニアビデオなどと呼ばれていたそれらの作品は一万円前後という価格が付けられていた。それが次第に一般化するにつれ値段が下げられていき、2002年にソフトオンデマンドが定価を一律2980円に下げたことにより、一気にデフレ化が進んだ。今年には「S級素人」のように撮り下ろしで1980円という低価格のメーカーも登場している。

もちろん低価格化がAVの普及を促進させたという意味はあっただろう。ユーザー層を広げ市場を拡大できたのは、低価格化がカギになったのだと。

しかし、それは正しいことなのだろうか? AVはそんなにたくさんの人に見られなくてはいけないものなのだろうか? 

低価格で売るためには、売上本数が多くなければペイしない。たくさん売るためには、多くの人にアピールするような内容でなくてはならない。とにかくわかりやすく売れるもの。どこのメーカーもそこを追求しなくてはならなくなるのも、当然だ。

かくして、世の中には安くてわかりやすいAVがあふれることになった。

それによって、誰が幸せになったのだろうか? 安くなったことはユーザーに取っては幸せかもしれない。高いよりは、安い方がいいというのは消費者としての立場から考えれば当然のことだ。

しかし、本来AVは、買わなくてはいけないもの、見なくてはいけないものではない。毎月何本ものAVを買ったとして、ユーザーはそれを何回も見るのだろうか? 何カ月かに一本、本当に気に入ったAVを買って、それを繰り返し大切に見る方がいいのではないかと思うのだ。

「肛門羞恥人形」

監督:小林電人
女優:しずく
品番:INZM-504
価格:5250円(税込)
収録時間:100分
発売日:2008年12月5日
レーベル:INAZUMA
「変態女医 羞恥ガス」

監督:南ジョウ
女優:素人5名
品番:INZM-505
価格:5250円(税込)
収録時間:90分
発売日:2008年12月5日
レーベル:INAZUMA
ポピュラリティを得るばかりがAVの進む道ではない。流し見して終わりという1000人のユーザーよりも、真剣に見てくれる100人のユーザーの方を大切にしたい。その100人にニーズを絞り込んでいくことによって、ビジネスとしても成り立たせることが出来る。そうしたインディーズAV本来の姿勢への原点回帰という意味も、INAZUMAには見いだせる。

INAZUMAが2009年度の台風の目になれば、この閉塞感の漂うAV業界にも大きな刺激となるのではないかと期待している。


文=安田理央


関連リンク

- INAZUMA - 公式サイト

関連記事

【AVレビュー】『1年S組 高橋真弓のおしおき 3(小林電人)』
【特別企画】小林電人の世界

yasuda_face.jpg 安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
08.12.28更新 | WEBスナイパー  >  AV情報