本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEBスナイパーAVレビュー

『追憶の二重奏(アタッカーズ)

文=井上文


ピアノ講師の舞は、生徒・誠の自宅に訪問して指導を行う。誠の母親は数年前に他界しており、舞はその母親と似ていた。舞が服部家のピアノを弾くようになって、全員が舞と母親をダブらせ、異常なまでの愛を押し付けていく…。
 | 



style="margin-bottom:6px"













「ピアノ講師の職についた磯崎舞(灘坂舞)は、生徒の誠がいる服部家に訪問して指導を行なうことになる/服部誠の母親・千華は数年前に他界しており、偶然にも舞はその千華と似ていた/舞が服部家のピアノを弾くようになってから、父親の健二、誠、千華の講師だった伊達は、舞と千華をダブらせ、異常なまでの愛情を押しつけていくのであった……」

どこか暗い家、どこか暗い家族、どこか陰のある伊達……。舞は、この家の中に入った途端、彼らの内部に渦巻く過去の記憶が脳内に流れ込むという奇怪な現象を体験し、登場人物たちの秘密を知っていくことになります。その記憶とは亡くなった千華と彼らとの禁断の関係です。現実離れしたストーリーと思われるかも知れませんが、演技と演出がしっかりしているので、妖艶なファンタジーとして抵抗なく楽しめます。

最初の山場は千華と舞を混同して伊達が舞を床に押し倒すシーン。混乱の中、伊達の記憶が舞の脳に流れ込み、それでも必死に抵抗して現実にしがみつく舞。少しずつ服を脱がされて白い豊満な肉体が露になっていく様子は緊迫感に満ちていますが、単なる暴力とは違うせめぎ合いがレイプシーンを非常にエロティックにしています。

そして中出しされてしまった舞が独り、裸のままで呆然としていると、そこに誠の父親の健二が帰宅して、舞に「千華……」と話しかけるのです。こうして続いていくレイプの連鎖が全体の流れとなっていますが、凌辱の仕方は一人一人でまったく違います。健二の場合は、拘束具や玩具を使ったアブノーマルな夫婦生活が再現されるのです。

ボールギャグを噛まされ、手首と足首を枷で繋がれたまま、全身をローターや電マで責められる舞。執拗な刺激にどうしようもなく反応してしまう身体が卑猥です。やがてイラマチオの果てに顔射された上、「昔みたいに綺麗に掃除するんだよ」とペニスについた精液を舌で舐め取らされて放置。そこへ誠が「お母さん大丈夫?」と現われて……。

伊達、健二、誠に凌辱された舞は、その後も他人の記憶の流入を受けて夢とも現実ともつかない世界でエロティックな体験を繰り返します。そして最後には、伏線がきちんと活かされた形で衝撃的なラストを迎えることになるのです。

演技、ライティング、脚本、映像、すべてにこだわりの感じられる、非常にしっかりとしたドラマ作品だと思います。カラミ以外の部分を退屈することなく(それどころかのめり込んで)観られるって、嬉しい……。本来当たり前なことのはずなのに、こういう喜びを与えてくれる作品は滅多にないというのが実情ではないでしょうか。そういう意味でも威力のある、AVファンがぜひ押さえておくべき作品だと思います。

文=井上文


『追憶の二重奏(アタッカーズ)


発売日:2009/02/07
出演:灘坂舞
監督:コハク碧
収録時間:DVD 110分
定価:2,940円(税込)
商品番号:SHKD-355
メーカー:アタッカーズ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】『ヒロイン排泄地獄Vol.17(GIGA)』

inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
09.02.16更新 | WEBスナイパー  >  AV情報