ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/古川祥子』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 水元恵梨香』(GLORY QUEST)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【36】『乳牛少女かおり』 著者=ぺどっち (キルタイムコミュニケーション)
特選AVレビュー『濡れ衣...やがて、言いなり。/愛瀬美希』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『友カノの寝取り顔を黙って売ってます』(NON)
絵を描く人々 第16回 個性と型
ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!
原宿「PATER'S Shop and Gallery」にて古白米「セクハラ(SEXY harajuku)」展開催!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【1】「テレビ嫌い」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第8話/夏コミ地獄変・前編
特選AVレビュー『絶対に予約の取れない本番し放題のNo.1女子校生風俗嬢 波木はるか』(宇宙企画)
2ページまんが 酒場の女【9】
特選AVレビュー『麻生クラッシュ 淫獣パラノイア - 麻生希』(ドグマ)
スペインのオフビート・バディ・ムービーは、口に出さないままのセリフが渋い、からのなんかもうやけくそでタナトスファック 映画『しあわせな人生の選択』公開中!!
特選AVレビュー『みなりおの妄想の世界 南梨央奈 妄想変態女子のやりたい放題スパイラル!』(RADIX)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第57回
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年7月号
特選AVレビュー『悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応』(シネマジック)
特選AVレビュー『最高の愛人と、最高の中出し性交。15』(PRESTIGE)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2017年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.11(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年9月号(ミリオン出版)
Be MONSTER(大洋図書)
ちょっと待ってよ、花屋さん(大洋図書)
こんな所で裸にされて(ミリオン出版)
ihr HertZ 201年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年9月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年9月号(大洋図書)
女と男の欲望エロドラマDX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー

『性欲解放 伊藤あずさ(実録出版)


文=安田理央


二部構成でお贈りする「性欲解放シリーズ」第一弾。前半はラブホテルで伊藤あずさを酒に酔わせ、淫乱な本性を徐々にむき出しにしていく実録淫乱セックスを収録。後半パートでは、黒い下着を身につけた伊藤あずさが激エロ痴女に変貌していく。女の奥底に潜んだ性欲を解放したセックスドキュメントの傑作!
 | 






















現在の日本のAV女優は、とんでもないレベルに成長しているのではないか、と「性欲解放 伊藤あずさ」を見ながら考えた。

かつて洋ピンの女優を見て、外人の女は獣のようなセックスをするなぁと思ったものだが、今の日本のAV女優は、獣を超えてバケモノのような領域に達しているのではないだろうか。バケモノというと言葉が悪いか。男の妄想の中にだけいる架空の存在といった方がいいかもしれない。


快楽を貪るようなダイナミックなセックスを見せる洋ピン女優と違って、清楚さを求められたのが黎明期の日本のAV女優だった。脱ぎそうもない清楚な女の子がセックスを見せる。それが当時のAV女優にユーザーが求めたものだった。だから、疑似本番はもちろんフェラもしなかった。フェラがあるだけでハードだと言われる時代だった。

80年代終盤に淫乱女優のブームが起こった。豊丸を筆頭に多くの淫乱女優が登場した。彼女たちは獣のように大胆なセックスを見せた。白目を剥くほど感じ、絶叫し、ペニスを貪る。洋ピンタイプのAV女優が日本にも登場したのだ。

しかし淫乱ブームはわずか1〜2年で終息した。洋ピンタイプの淫乱女というのは、やはり日本人の感覚にはそぐわないところがあったのだろう。ブームの渦中も、どちらといえば怖い物見たさのキワモノという扱いの方が多かった。

その後は、美女・美少女がそれなりに激しいセックスを見せるというレベルが主流となる。セックスをポジティブに楽しんでいるという感じの子が人気を得た。

痴女という概念が生まれるのは90年代初頭。きっかけは南智子のAV出演だろう。性感マッサージという新しい風俗からやってきた南智子の存在はそれまでの淫乱女優とは、全く違っていた。南智子は男が感じる姿を見ることで、自分も快楽を得るというタイプ。それはそれまで男特有だと思われていたメンタリティだった。SMの女王様のエッセンスを全面に押し出して、男を快楽の世界へと導く「攻める女」。それは自らが快楽を貪ろうとする淫乱女優とは、むしろ対極にあるものだった。

そして、南智子に代表されるこうした性感マッサージ嬢のプレイに衝撃を受けたゴールドマン監督が「私は痴女」などのシリーズを撮り出す。女性が卑猥な言葉を連発する「淫語」も彼が元祖的な存在だ。

ゴールドマンはエロ漫画からイマジネーションを膨らますことが多かったという。エロ漫画は男の勝手な妄想を具現化したものがほとんどだ。つまり南智子的な「男を気持ちよくさせることで快感を得る女」と、エロ漫画の妄想の中の女が結実したのが、ゴールドマンの産んだ「痴女」である。

そして、それを更にブラッシュアップしたのが、本作の監督である二村ヒトシだ。二村の描く「痴女」は、実は二村自身だ。自分が女だったら、こんな風に男である自分を責めたい、そんな願望を女優にそのまま演じさせているのだ。

唾液まみれのキスをし、男の乳首を舐め、自ら男に跨り腰を振る。そんな二村の妄想に賛同するユーザーは多かった。

2000年代に入ると、あっという間に二村が産み出した「痴女」像はAV界を席巻した。二村の妄想の中の「都合のいい女」を、あらゆるAV女優が演じ始めたのだ。


「性欲解放 伊藤あずさ」は二部構成となっていて、前半は伊藤あずさと二村のプライベート風ハメ撮り、そして後半は伊藤あずさがひたすら男優を責め立てる痴女物だ。

整った顔立ちの伊藤あずさは美少女である。あどけなく可愛らしい。しかし、いざセックスとなると、いやらしい言葉を連発し、男の乳首を責めまくる。喜々としてして男を感じさせようとする。

唾液をしたたらせてのキス、派手な音を立ててのフェラ、アクロバティックな体位で、接合部を見せつけながら騎乗位で腰を振り「チ○ポ美味しい」「でっかくて長いチ○ポ」と淫語を連発する。ハメながら男の足の指を舐めるという技まで繰り出す。

こんなに可愛らしい女の子が、こんなことをするなど、海外のポルノでは考えられるだろうか? 

しかも、伊藤あずさは特殊な例ではない。こんな凄まじいセックスを見せる女優が他にもたくさんいるのだ、今のAV業界には。

男の妄想を忠実に具現化してきた日本のAV。そしてそのAVを見て育った男女が、セックスとはこういうものだと擦り込まれていく。かつては一部の変態のすることだと思われていたフェラチオは、とっくに一般化し、最近では素人女性が男の乳首やアナルを舐めることも珍しくなくなってきている。「性欲解放」で見られるようなセックスが普通になってしまう、そんな日も遠くないのかもしれない。それがいいことなのか、悪いことなのかは、わからないのだが。

文=安田理央


『性欲解放 伊藤あずさ(実録出版)


発売:2009/1/31
出演:伊藤あずさ
監督:二村ヒトシ
収録時間:DVD 145分
価格:2,940円(税込)
品番:KNX-01
メーカー:実録出版

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】 『鉄道と少女 ひなた (HMJM)』

yasuda_face.jpg 安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
09.02.24更新 | WEBスナイパー  >  AV情報