ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【32】『覗いてはいけないNEO!III』所収「同級生女子のお漏らし姿を見て俺は」 著者=漢弾地(メディアックス)
特選AVレビュー『惨烈毒牙伝 乳獣に成りさがる清麗女子(シネマジック)』
2ページまんが 酒場の女【5】
淫らなオトナに育てて下さい、お母様にしたように......。爆乳調教DVD作品『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)発売中!!
その競争、参加しようと思った時点で脱落してるから! 映画『ストロングマン』公開!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年3月号
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
アクセスアップ
新刊情報
美熟女密会 Vol.10(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2017年5月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年5月号(大洋図書)
BITTER 2017年5月号(大洋図書)
細身なのに巨乳美女 Vol.4(大洋図書)
G-COLLECTION 2017年5月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
教授の薦めで山間の村落で地質調査を行うことになった女子大生・あずみ。泊まった旅館で彼女が体験することになった、信じられない出来事とは……。触手AVはもはやアニメを超えている!?
 | 
キワモノと思われていた触手AVも、GIGA、SODクリエイト、そしてアタッカーズと作り続けているメーカーが増えてきて、もはや立派なジャンルとして成立してきた感があります。しかも、作品を重ねるごとに、特撮表現もかなり高度になってきています。実写の触手なんて、と思っている二次元触手ファンにも、満足してもらえるレベルに達してるのではないでしょうか。

さて、本作で触手の餌食になってしまうのは春咲あずみちゃん。教授の薦めで、都心から7時間もかかる山奥の村へ地質調査にやってきた女子大生のあずみちゃんですが、宿泊した宿には、なにやら怪しい秘密が。

夜中に子守唄が聞こえる部屋を覗いてみると、そこにはたくさんのぬいぐるみが山と積まれていて、さらに20本のローソクが立てられた誕生ケーキが。ケーキには「次郎 誕生日おめでとう」の文字。

そして、不審がるあずみちゃんの背後から、謎の触手が伸びてきて……。

いや、これ、完成度高いです。イントロなんて、普通のテレビドラマ見てる気分になって、あずみちゃんの入浴シーンで「あ、全裸だ」なんてドキっとしてしまったほど。AVだってこと、忘れてました(笑)。

そして全部で3回登場する触手凌辱のシーンのリアルさは、かなりのものです。触手の質感といい、動きとい、実に生々しいです。それがあずみちゃんの美しい裸体にからみつく様は、もはや二次元の触手表現を超えた!と言いたくなるほど。いや、ほんと、アニメは超えちゃってると思いますよ、既に。

触手の正体が、旅館の若旦那の、奇形で生まれた弟だったというカルト映画『バスケットケース』的な設定もグッと来ますし、触手凌辱だけじゃなく、旅館の主人(佐川銀次!)があずみちゃんを犯すシーンもちゃんとあります。

触手物は、特撮の技術だけじゃなく、女優さんの演技力が必要とされるんですが、あずみちゃんはその辺は完全にクリアしてますね。特に少しずつ快感に目覚めていく表情なんて、素晴らしいです。

ところで、爽やかなJ-POP調の曲がふんだんに使われていて、これはなんだろうと思ってたら、なんと春咲あずみちゃん本人の作詞作曲による歌唱曲だったのですね。ちょっとびっくりするほど上手いんですよ。でも、ストーリーのムードとは、ずいぶんミスマッチなんですけどね(笑)。

文=安田理央

『触手に溺れて― 女子大生の憂鬱(アタッカーズ)


監督:本田教仁
発売日:2011年02月07日
品番:DVD/ATID-168
収録時間:120分
定価:3990円(税込)
メーカー:アタッカーズ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『奴隷色の女教師4(アタッカーズ)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
11.03.17更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |