女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
正義の任務を帯びた凄腕の捜査官・玲花が敵に捕まり、凌辱の限りを受けながら、折れない心で必死の抵抗を続ける――。失われない高貴な精神 vs 下劣で卑猥な責め。その過酷な攻防に興奮が止まらない佳作!!
 | 
凄腕の捜査官・玲花は高山組壊滅の任務を帯びて、潜入捜査をするが協力者に裏切られ、捕らえられてしまう。そして男たちの魔の手が玲花の熟した肉体に迫る!

というわけで、女捜査官が捕まって、性的な拷問を受けるという人気の黄金パターン。まぁ、展開的にはどれも同じなので、チェックポイントは女優が捜査官らしい強さ、凛々しさを持っているか、そして拷問を受けての反応というところですね。

愛澄玲花さんは昨年『人気婦人誌ファッションモデルAVデビュー』(EROTICA)でデビューということでファッションモデル出身のようですが、36歳といわゆる熟女系。でも、黒いコスチュームも似合っているし、目付きも鋭いので、女捜査官にはかなりハマってますね。こういうのは、あんまり若くても、嘘っぽくなってしまいますからね。ボクシングをかじっていたのか、殴り合いのバトルシーンもなかなかの迫力。

そして一番肝心な拷問シーンの反応ですが、これがなかなか素晴らしいのですよ。最初は下着姿でベッドで大の字に拘束され、性感マッサージの先生とやらに、体をネチネチ愛撫されます。

「全然気持ちよくなんかないわ」

と言い捨てながら、襲い来る快感に歯を食いしばって耐える玲花。脚がビクンビクンと震えるなど、体のほうはしっかり感じてしまっているようですが、それでも意志の強さで弱いところを見せまいとするところがいいんです。これぞ女捜査官。すぐに堕ちちゃったら面白くもなんともないですよ。

マッサージの先生も、なかなか下の方は触らなかったりして、焦らしまくっているのが効果的。ついにそこに手が行くと、思わず声も漏れてしまうのです。

続いては、電マの登場。正直言うと、あー、また電マかぁ、とうんざりしたんですよね。最近のAVは電マを安易に使いすぎていて、食傷気味。しかもこの手の捜査官物では、特にお決まりの責めですからね。性感マッサージでジワジワ責めていた感じがよかったのに、がっかりだなぁ、なんて思いました。

しかし、その電マも、一気に押し当てるのではなく、焦らしながら責めたりしてて、これはなかなかいいぞ。

電マの圧倒的な快感に、玲花が思わず「イク……」と口にすると、「今、イクって言いませんでしたか?」なんて尋ねて、羞恥心を煽るあたりもいいですね。

その後のレイプも、拘束してバックからズブリ。ヘタな前戯なんかしないで、いきなり挿入しちゃいます。激しい男の突きに、次第に理性を失っていく玲花。このあたりの堕ちていく過程がしっかりと描けているのはポイント高いです。

耐えに耐えているからこそ、堕ちた時のギャップにグッと来るわけですから。

終盤、泣きそうな表情で「あああ、気持ちいい」と声をあげる玲花。しっかりと堕ちてしまいました。

捜査官物の押さえるべきツボを、きちんと押さえている作品でした。


文=安田理央

『捜査官、堕ちるまで… ―凌辱調教トラップ―(アタッカーズ)


監督:坂本鳴緒
発売日:2011年07月07日
品番:DVD/ATID-180
収録時間:120分
定価:3990円(税込)
メーカー:アタッカーズ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『哀しみの肉体献上 私、ただ愛の為に堕ちていきます…(アタッカーズ)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
11.09.03更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |