ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
お人形のように端整な美貌のみづなれいが、機関銃のように飛び出させるエグい淫語の数々。同時に繰り出される乳首舐めや手コキのラッシュに悶え狂うM男をたちを見下ろし、どこまでも可愛く責め立てる姿はマゾ派男性垂涎の的。声質にも注目したい、人気淫語シリーズの到達地点!!
 | 
ドグマの「淫語痴女」シリーズも14作目に突入ですか。なかなか好調なようで淫語AVファンとしては嬉しい限りです。
今回の女優さんはみずなれいさん。黒目がちの大きな瞳が特徴の美少女さんで、その大きな目でぢっと見られているだけでなんだか妙に興奮してきます。今回はやたらカメラ目線が多いなぁと思ったのですが、よくよく考えてみたらカメラ目線自体は他の女優さんと変わりがなく、むしろれいさんのこの目の印象が強すぎるせいだということに気づきました。そんな印象に残る目力のある女優さんです。
そのうえ彼女の場合、かわいらしい声にたどたどしいしゃべり方が利いてます。これできつめの言葉責めをされると、「幼い感じだけどS風痴女」というギャップ萌え要素も加わります。そこにあの大きな瞳でしょう。M男はたまらないですよね。

コーナーは4つ。
最初は両手を使っての手コキ。主観映像でカメラに語りかけながら手でマンコの形を作り、「ほらぁ、ほらぁ見て。れいのヌルヌル手マンコ。ほらぁ、すっごいヌルヌルしてるの見えるでしょ。ほらぁ、じゃあ、おちんちん勃ててみて。このヌルヌル手マンコでおちんちん、犯してあげる」と言いながら手コキ射をする。

次に、「ああ、すっごい男らしいおちんちん。れい、こういうおちんちん大好きぃ。はぁー、おちんちんはー、男らしいけどー、頭の中は女の子になってみたいんだよねー。うふふっ、かわいい。じゃあ今から君のおちんちんは、クリチンポぉ。わかる? 言ってごらん、クリチンポぉ」と語りかけ。カメラをぢっと見ながら尿道責め、両足コキ、最後は手コキ射。

そしてシリーズ定番の乳首責めは、目隠しした男を立たせてやや大の字にし、四肢を四方からロープでつないで動かせないようにする。「このままずっーと乳首ばっかり触ってたらどうなっちゃうんだろうね。んん、わかんない? んんー、じゃあ、やってみようか。ずっと乳首だけ、ずぅーと乳首だけ触っててあげる」とひたすら乳首攻撃。さらに手コキ、フェラを加えていく。途中で目隠しを取り、最後は男を寝かせて乳首責め手コキ。「おちんちん舐めながらぁー、乳首触ったらもっと気持ちいいかなぁ」と足で乳首を責めつつフェラ。男自ら乳首をいじらせ「いく瞬間、思いっきり乳首つねってみろ。んんーすごい気持ちいいからね」と両手コキ射。「ああん、チンポ汁出しちゃったねぇー。全部出しきっちゃおう」

最後はオナニーをしている男の耳元で言葉だけの妄想エッチを開始。「チンポズボズボ、チンポズボズボ、ちーんぽズボズボ」と連呼。全裸になって、おまんこ広げて「ここにぃ君の変態なチンポぶちこんであげようか?」と騎乗位挿入。均整の取れたれいの体が男の上で弾ける。男が快感を訴えるとちんぽを抜いて手コキ。「出せ、出せ、出せ出せ、チンポ汁出しなさい!!」と射精強要。しかし高く飛び出した精子はM男の気持ちよさを代替しているような勢いである。

以上、いつものようにM男優さんを使っての撮影です。男が気持ちよくなっているあえぎ声が結構あります。主観映像で男優の声のあるなしはユーザーの賛否のわかれるところではありますが、このシリーズは男が女のように悶えたいという願望の強い作品で、そのことは作品の会話の中で何度も提示されています。悶え狂う男のあえぎ声が作品の性格上、どうしても必要ということなのでしょう。

台詞に関しては定番の言い方である「出せ!、出せ出せ出せ!」「狂え、狂え、狂え、もっと狂っちゃいな!」などがしっかり収められていて、みづなれいさんの口から強い口調で小気味よく飛び出してきます。
特に「変態」はかなり使われていて「変態、変態。へへ、変態。変態って言われて興奮しちゃうの。もっと言ってあげようか。変態。変態。変態。変態。この変態チンポ。ああ、その変態な顔、いっぱい見せてよ。んんっ。変態って言えば言うほど堅くなってくるね、この変態チンポ。うふふっ。もっと堅くしたい? もっと変態って言われたい? 変態、変態、変態、変態っ。すごい」と畳みかけるように「変態」連呼があります。

みづなさんはかわいらしい声ではあるのですが、いざとなったらドスのきいた声も出るようです。そのときの顔が人形のようでかえって凄みがあります。M男にはたまらない美少女なのではないかと思いますね。

この作品を見ると「淫語痴女」シリーズというのは女性のエロエロな姿態よりも、体をいじられて女のようによがりたい願望のあるM男がそういう自分を変態であるという自覚のもと、女性にその部分を言葉で指摘されてより興奮するという、どこまでも変態M男が気持ちよくなる淫語作品なのだなぁと思いました。
そういう意味では、シリーズを通して、非常にわかりやすい作品に仕上がっているのではないでしょうか。

文=淫語魔

甘ったるい声で「ヘンタイ!」となじられながら
寸止め地獄の中で女の子みたいにヨガリ狂わされるマゾ男の天国!!


FLV形式 1.58MB 0分40秒

『淫語痴女 - みづなれい(ドグマ)


監督:ビーバップ・みのる
発売日:2011年8月19日
品番:ddb-170
収録時間:134分
定価:3,990円
メーカー:ドグマ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『美少女・性感開発研究所 - 椎名ひかる(ドグマ)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.11.01更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |