本家三行広告 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 2
最新記事20件
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【32】『覗いてはいけないNEO!III』所収「同級生女子のお漏らし姿を見て俺は」 著者=漢弾地(メディアックス)
特選AVレビュー『惨烈毒牙伝 乳獣に成りさがる清麗女子(シネマジック)』
2ページまんが 酒場の女【5】
淫らなオトナに育てて下さい、お母様にしたように......。爆乳調教DVD作品『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)発売中!!
その競争、参加しようと思った時点で脱落してるから! 映画『ストロングマン』公開!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年3月号
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
アクセスアップ
新刊情報
美熟女密会 Vol.10(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2017年5月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年5月号(大洋図書)
BITTER 2017年5月号(大洋図書)
細身なのに巨乳美女 Vol.4(大洋図書)
G-COLLECTION 2017年5月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPERr's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
フィスト・Wフィスト・浣腸に2穴挿入まで見せてきた美咲結衣のドグマ3作目は初の本格的SM。セーラー服姿で逆さ吊り、バレリーナの衣装で緊縛され、恥ずかしさと気持ちよさの入り交じる豚鼻プレイに涙。そして宙吊りのままフィストで360度回転!
 | 
冒頭のインタビューで語られる美咲さんの言葉がとても興味深いです。

「AVの世界にいる人はエロに対して熱があって、こだわりがあって、プロの人達だと思ったから、私みたいなハタチそこそこの女の子が、いくらイヤらしいからって言ったって、もっと圧倒される世界だと思ってたんですよ」
「(実際に出演してみたら)全然……ああ、こんなものかなあって。なんか、こだわりってものもあんまり感じられなかったし、言われたまんま……演技と尺と、そういうものだけを考えて作ってるから、全然気持ち良くなかったし。求められるままの行動と反応と、それしかやっちゃいけないって言われてるみたいな気がして、全然期待はずれ……だったなあって」

AVの撮影という場は、女優さんを感じさせて本気で気持ち良くなってもらう為だけにあるわけではありませんし、見る人を興奮させる為に作りこんでいるから、美咲さんのような本気でエロを追求したい女優さんが来ても、それに応えられる現場なんてほとんどないのでしょう。

「あたしが期待してるような新しいエッチなこと教えてくれる人って、もうこの世界にいないんじゃ、どこにもいないだろうなぁって思っちゃって。じゃあ、あたしがエッチなこととか考えてたり、口にしたりして、周りの人が引いたり、なんかそれが当たり前なんだなあって思っちゃって。誰も受け入れてくれないんだろうなぁって思ったら淋しくなっちゃって……」

美咲結衣・22歳。AV女優歴2年。3、4歳の頃からエッチなことに興味を覚え、「色んな人に囲まれて身動き出来ない状態で好き勝手される」ことを妄想してオナニーし、イクことも知っていたという。そんな筋金入りの変態エロ娘がTJ監督と出会い、 「ここでだったら思いっきりやれる!」という場を見つけ、「(辞めてしまおうと思ったこともあったけれど)これからも出来る限り続けていきたいなって、今は思ってる」と笑顔で語り、プレイが始まります。

制服の上から胸に縄を掛けられると、それだけで目が潤み出し、半開きになった口元から透明な涎がつつーっと垂れる。今にも泣き出しそうな表情でカメラを見つめる美咲さんに監督が問いかけます。
「なんで縛られただけでそんなにおまえ涎がいっぱい出ちゃったり涙出そうな顔になってんだよ。悲しいの?」
「ううん」と首を横に振る美咲さん。目から涙が溢れ出し、「わかんない……気持ちいい……」と呟きます。
即席で、その場でパッと縛られても女性はこうはならない。撮影前からの入念なコミュニケーションと信頼関係あってこその、この美咲さんの反応なのだろうなと思います。

バレリーナのようなつま先立ちの格好で股ぐらに縄を掛けられ、結び目のコブが下着越しのクリトリスとオマンコに食い込むと、「あああああ〜」と声を震わせ感じている美咲さん。目を瞑って快感に浸っている彼女に「カメラ見ろ! 黙って逝ったらもうなんにもしてやらないぞ」と檄を飛ばす監督。「逝ってもいいですか? 逝かせてください!」と涙を流しながら懇願し、足を浮かせ宙ぶらりんのまま身体をビクンと海老反りにし果てた後、縛師・奈加あきら氏の鮮やかな手腕であっという間に逆さ吊りに。
ブランコのように前後に揺すられ、お尻が真っ赤になるほど何発も鞭が振り下ろされるのですが、このプレイで印象的なのは、逆さ吊りのままブランコのように前後に揺らされた美咲さんが「うふふふ」と無邪気な少女のような微笑みをこぼしたことと、鞭で打たれて逝ってしまった後、「下ろしてあげて」という監督の指示に「あー、待ってぇ、逝きそう……」と止め、食い込む股縄の感触を名残惜しそうに深く味わうようにして逝く姿。
事後、縄をほどかれながら、「いっこ思い出した」と言って幼少時にしていたという鉄棒を使ってのオナニー話しを始めるのですが、それを聞いていると、この娘の根っこにあるものは幼少期の無邪気な性衝動と奔放さなのだろうかと思わされます。AVの撮影で、逆さ吊りにされる。そんな特殊な状況の中でも、鉄棒にぶら下がりお股をグリグリして気持ち良くなっていた子供の頃の美咲さんが、そのままそこにいる。そんな感じがするのです。

『白鳥の湖』を踊るバレリーナの衣装を着た美咲さん。儚く可憐な姿ですが、「結衣ちゃんいいね〜、俺これがずーっとやりたかったの」と監督の声が飛び、美咲さんの鼻に鼻フックが付けられます。鼻の穴が丸出しの豚鼻顔を鏡で見せられ、「恥ずかしい……」と涙を流す姿がいじらしいですが、その後のプレイは恥ずかしいどころじゃないエグさ。
 
美咲結衣といえばこのプレイ・フィストが始まるのですが、まずは加藤鷹氏がクンニと指で逝かせた後、なんなく拳を挿入。そして「フィストの鉄人」こと「まーくん」(美咲さんに合わせて白いバレエ衣装着てます・笑)が拳を挿入すると、それだけで「ああ逝っちゃう〜」。「鉄人」と言われるだけあってフィストのコツを知り尽くしているのか、美咲さんの感じっぷりは鷹氏の時以上。まーくん、凄いです。
もう一人のバレエダンサー(澤地氏)が出てきてゲロを吐くほどのイラマチオからセックスへと続きます。『白鳥の湖』がバックに流れる中、「こっから盛り上がるんだよ!」と煽る監督が可笑しくてつい笑ってしまいますが、「私は豚スワンです」と言わされながら豚鼻のまま立ちバックで逝ってしまうバレリーナなんて、AV史上初めての光景でしょう。
「恥ずかしかったけど、胸の中がキュンとした」なんて可愛い感想を漏らす美咲さんこそ、もはや鉄人の域だと思います。

宙吊りでのフィストファック(拳が挿入されたまま美咲さんが360度回転する)に、全身蝋燭責め。最後は鷹氏とのフィスト&セックスに「おまんこ壊れちゃう〜! 壊して〜!」と狂ったように叫び、涙と鼻水を垂らしながら何度も逝く美咲さん。

「なんか、一回死んで戻ってきたみたい。頭真っ白……幸せ」
今回やったSMには、お前の求めているものがあった?と訊く監督。
「壊れちゃうくらい気持ち良くて、ほんとに頭が真っ白になるセックスがしたかったから、叶った」
心底幸せそうに答える美咲さんの目の奥が、こう語っていました。

「まだまだ、もっともっと、気持ちいいことしたい」

 
※撮影後のお風呂でのインタビューや撮影現場の裏側が収録された特典映像も必見。美咲さんの普通の女の子らしい可愛らしさが、本編以上に伝わってきます。
文=木下奈未

エレガントなバレリーナが男の拳骨をズッポリ埋め込まれて
特大フィスト姦に咽びながらヨガリ踊るインモラル白鳥の湖!!

FLV形式 1.60MB 0分40秒

『縄・インモラル フィスト・スワン - 美咲結衣(ドグマ)


監督:TOHJIRO
発売日:2012年2月19日
品番:gtj-003
収録時間:本編175分+特典22分
定価:3,990円
メーカー:ドグマ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『恥じらいオッパイ Gカップ巨乳少女 - ももかさくら(ドグマ)』

木下奈未  生まれて初めて観たAVは17歳の時に下北沢のDORAMAで買った『羊たちは貪欲 氷高小夜』でした。処女喪失した翌日に観たAVは『私は痴女』でした。20代の頃、足しげく通っていたレンタルビデオ屋の店員に初めてナンパされた時に借りようとしていたAVは『わくわく汚物ランド』でした。初めて泣いたAVは『私を女優にして下さい 片親スペシャル』でした。今までで一番興奮してオナニーしまくったAVは『平成淫女隊 大失神』でした。
AVが好きで堪らないあまりにAVライターの仕事を始め、現在は『ビデオ・ザ・ワールド』誌でインディーズビデオレビューを毎月やらせていただいています。普段はスーパーで働いています。
木下奈未ブログ=「木下奈未の日記」
 | 
12.03.25更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=木下奈未 |