女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・新宿「ロボットデリヘル」チナツさん編
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
学校の美術教師として働きながら地球の平和を守るスーパーヒロイン・アリエス仮面は、ある日、野外授業の最中に宇宙怪人からの攻撃を受ける。生徒たちを怪人ゲリオンに飲み込まれ、ついには自らも飲み込まれてしまうアリエス仮面。彼女は消化液に包まれながら胃の中の触手に絡め取られ、過酷な凌辱を受けることになる……。
 | 
川上ゆうちゃんの衣装なんですが、このワンピース、短すぎやしませんかね? かがむとパンツが丸見えですよ。これで学校の先生という設定なのですが、こんなんじゃ生徒も目のやり場に困るでしょう。当人はそういうことについてお構いなしのいわゆる「天然」のようですが、でもこういう感じのヒロインマンガってありますよね。そこはZEUSさんですから、そのあたりもじゅうぶん意識した衣装選定なのでしょう。

それにしても川上ゆうちゃんの芝居は本当にイイ! かなりあざといはずのパンチラシーンですが、彼女に清潔感があるのであまりヘンな感じにならない。化粧も濃いと思うんですけど爽快感すら漂います。
あらためてAVというのは、女優さんのキャラクターがすべてなんだなぁと思いました。

今作品は「消化触手」ということですから、正義のヒロイン・アリエス仮面となった川上ゆうちゃんが最終的には怪人の体内に取り込まれ消化されちゃうという内容です。その消化されていく過程で触手が登場します。もちろんこれはエロビデオですので、触手は当然のようにアリエス仮面の体をまさぐっていくことになります。
あとは消化液ということで、ローションのようなものでヌルヌルにされてしまいます。
つまりは触手とローションプレイがメインの内容ということになるでしょうか。

川上ゆうちゃん扮する四辻かぐや先生の専門は美術教師。野外写生に生徒を連れてきて、いろいろ指導していると、そこへ空から謎の物体が落ちてきます。
現場に駆けつける四辻先生。実は彼女、銀河惑星連合の地球パトロール隊員だったのです。
謎の物体を見つけると、向こうのほうで「ウワァー」と悲鳴が聞こえてきます。
再び、生徒たちがいた場所に戻ってくると、衣服だけが散らばっていて、生徒はいない。そして「いかにも」というような怪人がそこに立っています。どうやら生徒たちは怪人に消滅させられた模様です。

「あなたは、何者なの?」
「へへへっ、オレ様の名前はゲリオンだ。ハッ! ハッ! ハッ! ハッ!」

こうして戦闘シーンが始まります。まずはゲリオン側の戦闘員が3人出てきて四辻かぐやと闘います。

「私を怒らせたら、後悔するわよ」
「そーんな姿で、何ができる。月の戦士とはわかっている。さぁ変身してみろ」

早速、変身シーン。

「ムーン シャイン パワー ライドオン! アリエス仮面! ……この星の平和を乱すものは、天空の守り神、ムーンシャインパワーが許しませんわ!」

白い仮面に青色のラバーのミニワンピース。黄色いマントを翻して、アリエス仮面が戦闘員を一気にやっつけます。

「動きは素早いようだな。オレは腹が減って仕方ないんだ。囓ろう!」

このゲリオンという宇宙怪人は右手に大きな口を持っていて、これで相手にかじりついて捕食します。それがまたとにかく強くて、あっという間にアリエス仮面は食べられてしまいます。

すると、なにやら下がヌルヌルした場所に連れてこられたアリエス仮面。立ち上がるのも一苦労です。
しばらくすると遠くのほうで「ここはわしの胃の中だ。呑み込んだんだ」と声がする。

「いやぁ出して、出して!」
「暴れても無駄だ、ハッハッハッ、お前はそのうち溶ける」

のたうち回るアリエス仮面。さらに触手が伸びてきてアリエス仮面の体に絡みつきます。触手はアリエス仮面の脚を引っ張り、股を無理矢理拡げたりします。アリエス仮面のコスチュームが溶けて、乳首などが露になっていきます。触手は容赦なく、下着の中、口の中に入ってきて、さらにそこへ透明の液体の放射。

抵抗していたアリエス仮面ですが「恥ずかしい……」「だっめー」と言いながら、そのうち喘ぎ声のようなものを漏らすようになっていきます。ローションでグチャグチャになっていくうちになぜか「イック〜」などという言葉まで発してしまうのです。

ここでゲリオンに食べられていた戦闘員が登場して、アリエス仮面をさらに陵辱していきます。なぜこの戦闘員はゲリオンの胃の中にいて消化されないのか不思議な気もしますが、とにかく戦闘員はアリエス仮面の乳首をいじくり、クンニ、指マンをしてさらに追い込んでいきます。
続いて戦闘員にフェラ、69となりますが、ここでアリエス仮面に変化が見えます。彼女自らが積極的にジュボジュボと陰茎を咥え、頭を振って強い口淫をしてしまうのです。消化液に媚薬でも入っているのでしょうか。戦闘員のモノを口内射してフィニッシュ。

ここでゲリオンが登場します。
「久しぶりだなぁ、自分の胃袋の中に入るのは。ハッハッハッ」なんてことをいいながらアリエス仮面の体をまさぐります。ゲリオンも消化はされないんでしょうかねー。

いずれにしろ最終的にはコスチュームが溶けて、どんどん裸体が露になっていくところへ、ゲリオンの執拗な愛撫がなされていきます。
フェラ、首絞めなどがあって、背面騎乗位で挿入。「ああ、イック〜」と正常位になって最後はみずから自分のオッパイを揉みしだくようになる。こうしてどんどん淫乱化していくアリエス仮面。触手を自らのマンコにこすりつけてよがったりします。

正義のヒロインが食べられちゃう話なわけですが、食べる・食べられるという図式は、性的な部分と重なるのか、なかなかエロいなーと思ってしまう1作でした。

文=淫語魔

『ヒロイン消化触手地獄 アリエス仮面編(ZEUS)


監督: 肥前嬉介
発売日:2010年7月09日
品番: JHSS-02
収録時間: 本編60分 メイキング13分
定価:10500円
メーカー:ZEUS

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『ヒロイン排泄凌辱03 フェアリーピンク編(ZEUS)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ 等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。そのかいあってか、最近は二村ヒトシ監督が作ったAVメーカー「MotheRs」で企画協力、淫語指導を担当。さらに淫語普及の野望は続く。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
12.04.13更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |