女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第59回
アルチュール・アラリ監督のフィルム・ノワールである本作を観たあとは、ベロチューも・アリ感触のピルも・飲んでアールなセックスに勤しみたい 映画『汚れたダイヤモンド』公開!!
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
遥か宇宙のかなたからやって来たワンダープリンセスは、武者修行として加藤アイカというタブロイド誌の記者になりすまして地球の平和を守っていた――。宇宙犯罪者たちと闘いつつ先輩記者らと共に楽しく日々を送る彼女だったが、母星ワンダー星の凶悪犯罪者・ベルゼブルがワンダープリンスへの復讐心を胸に地球へやってきたことから、地獄に突き落とされる。
 | 
ワンダー星の王女ワンダープリンセスは、タブロイド紙の記者・加藤アイカになりすまして地球の平和を守っていた。ある日、街の河川敷に宇宙犯罪者が現われるという情報をキャッチした彼女は先輩記者・亀井とともに現場へ直行し、ワンダーウーマンに変身して敵を倒す。
先輩や友達の小学生・タイチにダメ記者とからかわれながらも、地球で気楽な毎日を過ごすワンダープリンセス。
しかし、そんな楽しい日々も長くは続かなかった。魔界に魂を売り彼女に逮捕された凶悪犯罪者・ベルゼブルが、刑務所を脱獄し復讐のため地球へやってきたのだ――。

衣装を見ればわかるとおり、元ネタはワンダーウーマン。
金髪でゴージャスな本家ワンダーウーマンと比べるとこっちはやや幼い感じで、AKB48の後ろのほうにいても違和感ないようなたたずまいですが、DNAにロリータ嗜好が組み込まれている我々日本人にとっては、かえってこれくらいのほうがグッとくるんじゃないでしょうか。

一般のAVよりエロ度が低めなぶん、設定やキャラがモノを言うのがGIGA作品。
なんといっても本作の見どころは、ワンダー星の王女で才色兼備のワンダープリンセスが、地球上では地味でドジなタブロイド紙記者になってしまうというギャップでしょう。
変身前のアイカはメガネっ子で、変身後のワンダープリンセスは派手な原色のレオタードスタイル。正直、見れば同一人物なのは一目瞭然だけれど、そこはドラマですから「ワンダープリンセスはほんとイイ女だよなあ」「それに比べてお前は……」みたいな反応になるわけですよ。でも、失敗してお尻を叩かれたり、スクープを撮るためになぜか河川敷でマイクロビキニを着せられたりしちゃうダメキャラが可愛いんです。
脇を固める登場人物も、先輩記者の亀井(見るからに三文紙のオッサン)やランドセルをしょった小学生・タイチくん(実際は成年男子)など、ほのぼのムードでどことなくコミカル。

しかし、後半になるとこのコミカルな登場人物こそがワンダープリンセスを苦しめるんですね。いやあ、さすがヒロイン凌辱。ただレイプするだけじゃないってのが意地が悪い!
復讐のために地球にやってきたベルゼブルと戦い、勝利を確信したワンダーウーマン。でも、もう一息というところで人質の地球人を目の前に連れてこられ、敵の言うことをきくしかなくなってしまいます。
そこに出てきた亀井とタイチ。2人は加藤アイカの味方でワンダープリンセスの大ファンだったはずなのに、ベルゼブルにそそのかされてエロ心とスクープをあげたい欲望に負け、全世界に彼女の秘密をバラす片棒をかつぐんですね。
さらに、ベルゼブルは人質の一人に乗り移り、地球人の姿で彼女をレイプ。強く美しいヒロインが、守ろうとしていた人類に裏切られちゃうわけですよ。
いやらしくニヤけながら、「ワンダープリンセス、Hの回数はどれくらい?」と聞くタイチ君。
「……私たちは、あなたたちみたいな直接的な性交渉はしないのよ」
おずおずとそう答える彼女に、「じゃあ人間のセックスを味わってみるのもオツだろ!」と下衆な言葉をなげかける亀井。ああひどい。

まんぐりスタイルでアソコをホジられ、フェラを強要され、犯されるヒロイン。意地を張ってなかなか「気持ちいい」と言わないものの、最後は騎乗位でパコパコ腰を振り、中出しされてバッドエンド。ちょっとムズムズするような終わり方ですが、若くて伸びやかなボディが犯される様子は必見です。

そういえば余談ですが、主演の上村香澄ちゃんのアヒル口ってどこかで見たことがあるなと思ったら、以前こちらでレビューした『無垢 あつこ』に主演してる女の子でした。
あー、AKBっぽいって思ったのはそのせいか!
しかし、セリフもなくひたすらハメられるブルセラ物からGIGAの特撮ヒロイン物(アクションあり)まで、最近のAV女優ってほんとに幅広いですねえ。顔は同じなのにイメージが全然違ってて、パッと見ただけじゃわからないほど。
普通の地味目な女の子だと思っていたらセリフ回しもうまくめちゃめちゃ器用で、ちょっとびっくりしてしまいました。

文=遠藤遊佐

『ヒロイン凌辱 Vol.32 ワンダープリンセス(GIGA)


監督: 式正義
発売日:2010年8月13日
品番: TYRD-03
収録時間: 本編82分 メイキング19分
定価:10500円
メーカー:GIGA

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『スーパーヒロイン野外凌辱 美少女戦士セーラーネレイド編(GIGA)』

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.04.12更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=遠藤遊佐 |