本家三行広告 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

fetishistic meister
フェティシストが愛する名匠を訪ねて 第6回
貞操帯・ボディアクセサリー 工房はな
【3】代表・鼻直美氏&製作・島村喜作氏インタビュー後編
文・インタビュー=安田理央

写真=冨成鉄
モデル=もも
SMマニアであればまだしも“貞操帯”という言葉を聞いたことがあっても、実際に私たちの生活と結びつく実感を持つことは難しいかもしれません。私たちの性の営みとその周辺に存在する様々なモノやヒトを紹介する連載の第6回はそんな妖しげな魅力を放つ“貞操帯”とボディ・アクセサリーを手がける「工房はな」さんをご紹介いたします。代表・鼻直美氏&製作・島村喜作氏のインタビュー、後編です。
 | 

貞操帯として考えるなら、ちゃんと排泄用の穴がないと使えない
穴の位置もしっかり考えないといけないんですよ
「うちの製品は全部打ち出しなんです。一枚の鉄板を叩いて形にしていく。なかなか思うようにはいかなかったですよ。どこかに歪みがでちゃったりしてね。ちゃんと丸みを出せるようになるまでに4〜5カ月かかったな。鉄は生きているんですよ。どんどん表情が変わります。打って磨いた直後と、しばらくしてからだとまた違う顔になっているんです。だから、買ってくれたお客様にも、そういう鉄の変化を楽しんでもらいたいですね」

島村さんは貞操帯を工芸品という視点で作っている。オブジェとしても成り立つような美しさも求めている。


「美しいけどいやらしい。いやらしいけど美しい。この二つを兼ね備えていないと興味がわいてこないんですよ。一回つけて、飽きちゃうようなものはいやだな。使わない時は、飾って眺めているだけで楽しめるようなものを作っていきたいですね」

一方、鼻さんは実用性にもこだわる。

「綺麗なだけじゃつまらないじゃないですか。ちゃんと使えないと。だからよく二人で衝突するんです(笑)。私は実際に使いたいんですね。貞操帯として考えるなら、ちゃんと排泄用の穴がないと使えない。穴の位置もしっかり考えないといけないんですよ」

実は昔の貞操帯は不潔なものだった。一度つけてしまうと排泄が上手く出来ないため、局部が不潔な状態になり化膿するが、自分の手では外せないために、最終的には死に至るという拷問器具(処刑器具)としての側面もあったらしい。

「でも島村さんはSMの趣味を持っていない分、固定観念がないんですね。二人で相談しあうと、また違った角度の答えが見えてくるんです」

この二人のバランスが、工房はなの大きな武器となっているのだろう。


実際につけてみないと鉄の魅力はわからないのだと、鼻さんは繰り返し言った。

「固い鉄と女性の柔らかい肌はミスマッチかなと最初は思っていたんですが、逆に女性の肌を映えさせるんです。デザインも女性の身体を美しく見えるようなものになっています。脚が長く見えるし、鉄のブラジャーも胸が小さい人でもかっこいよく見えるんですよ。ただ、サイズが合わないと魅力を十分に発揮できないんです。だからオーダーメイドにこだわっているんです」

工房はなでは、基本的にオーダーメイドで製作する。既製品もあるが、サイズなどはつける人に合わせて調整したいという。


「出来ているものを売りっぱなしだと、きっとクレームが来ると思うんですよ。合わないとかつけられないとかね。鉄だから、無理に合わせるというのが難しいんです。だからここに来てくれれば、サイズに合わせて調整しますよ」(島村さん)

「例えば女王様がMの人を連れてきて、『この子に合うのをちょうだい』って、選んで買って帰ってプレイする、みたいになるといいですね。デザインも一緒に考えて、一緒に試着してというところから楽しんでもらいたいですね。壊れたり、錆びたりしたら、持ってきてくれれば直しますよ。長持ちするものなのですから、最後までおつき合いしたいんです」



鉄の打ち出し作業は、なんと多摩川の河原で行なっているのだという。

「全部打ち出しで作ってるんだけど、最初このスタジオで作業してたら、すぐにうるさいってクレームが来てね。どうしようかと思ったら、ちょうど近くに多摩川が流れている。じゃあ、この河原で作業しようって(笑)。トーチバーナーで鉄を温めながら二人で作業してます」

のどかな多摩川の河原で、まさか貞操帯が作られているなどと思う人はいまい。

「でもこの間、通行人のおじさんにバレましたよ。『貞操帯を作ってるんだな。おお、こりゃきっと外人に売れるよ』なんていわれましたよ」


↑そして焼き打ちです。バーナーで熱しながら、金槌で叩き込み、模様をつけながら鉄板にカーブをつけて曲線を出していきます。


↑この作業は大きな音が出るので、近くの多摩川で作業をされるそうです。


↑そしてヤスリを使って断面を滑らかに仕上げます。まずは鉄のヤスリで。


↑仕上げは紙やすり。300〜600番台を使われるそうです。


↑最後にサビ止めと表面処理にスプレーをして……。


↑表面を磨きこんで出来上がり! パーツごとにひとつずつ、手作業でこのように作られているのだそうです。

日本でも数少ない本格的な鉄の貞操帯を製作している工房はな。貞操帯だけに留まらず、拘束具や鎖のブラジャーなど、鉄製のさまざまな装飾具を製作し、それらを「ボディ・アクセサリー」と総称している。コンセプトは「人の身体を、より美しくセクシーに飾り、魅力を引き出すこと」

本来は貞操を守るための道具であったり、拷問具であったりした貞操帯も、人の身体をより美しく見せるためのアクセサリーとして現代に甦ったのだ。

文・インタビュー=安田理央




関連リンク

貞操帯・ボディアクセサリー 工房はな


yasuda_face.jpg 安田理央 エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。この夏、ついに四十代に突入ですよ。もう人生の折り返し地点かと思うと感慨深い。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
08.12.31更新 | WEBスナイパー  >  フェティシストが愛する名匠を訪ねて