女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
osada1CL.gif

ショーSM界のパイオニア長田英吉を師匠に持つドイツ人緊縛師長田スティーブ。金髪碧眼、その大きな体で見せるショーは非常にダイナミック。また流派などにこだわらず熱心に緊縛術を学ぶことでも知られるが、はたしてそんな彼にはどんな時代が見えているのだろうか。


この記事を最初から読む

 | 

ドイツからやってきた男は期せずして緊縛師となった。
物静かに彼は語る。ただ、縛りが上手くなりたいだけだと。

――まず最初に何故あなたは縛りが好きなんでしょうか。よく日本のマニアの人たちは、例えばチャンバラ遊びのときにお姫様役の女の子を木に括りつけたりとか、そういったことが緊縛趣味の原風景だという方がいるんです。あなたの場合、そういった原風景みたいなものってあるんでしょうか。

長:同じような遊びは小さいときからやってたよ。私はドイツで生まれて育ったので森の番人というのがいるわけです。警察みたいなものかな。グリム兄弟の話に良く出てくるよ。女の子が一人で森に入ってくるといたずらをして「こういう危ないところに入ってきてはいけないよ」という遊び。でも途中でやっぱり女の子は逃げちゃう。だから縄で結びつけるんだ。私にとって、小さいときから縄は重要だったんだね。

――そんな遊びの最中に、子供たちはみんな縄を使うのですか?

長:いや、僕だけ(笑)。でも日本の遊びと雰囲気は一緒だと思うよ。もしアメリカならカウボーイとインディアンごっこだろうしね。ドイツでは森の番人なのさ。それは子供の遊びだけど、青春期に彼女ができると、やっぱり縄で縛ろうとしてた。何故縄が好きなのかだっけ? 女性を縛ることは女性を抱くことと一緒だから。赤ちゃんを抱くようにね。そういう気持ちは大事だ。だから雪村さんの寝技、あのスタイルは大好きだよ。

――先日明智伝鬼さんが亡くなられました。あらゆる意味で、この先は新しい時代、そう考えられるんじゃないかと思ってるのですが、いかがでしょう。

長:ちょっと違うと思うね。まず強調しておきたいのは、彼は自発的に三十年掛けてユニークな彼の縛り方を創ったということ。非常に細かくて複雑な縛りだよ。彼には弟子や、一緒に勉強した方はいたんでしょうけど、本当に深く学んだ方はいないんじゃないだろうか。だからホントに彼の三十年の労力がこの世から消えてしまったんだ。それが非常に残念だ。やっぱり僕は元々ジャーナリストだから、記録しておく、勉強しておく気持ちが強いんだ。でも明智さんに関しては失われてしまった。

――確かに残念なことです。では同じ緊縛師として、あなたは何を残すつもりなんでしょう?

長:私はまだまだタマゴです(笑)。何も残すことはできないけど、私は日本の縄の世界で色んな人に教わってる。そのお返しとして、世界中の人に日本の縄を理解してもらいたい。だから英語に翻訳して、ホームページを通して縄のことを伝えていきたい。それはいただいたもののお返しとしてだね。そして自分のことを緊縛師と呼べるまでに、あと三年はかかると思う。

――随分具体的ですが、何か明確なヴィジョンをお持ちなんでしょうか。

長:三年前も「あと三年」なんて言ってた気がするけど(笑)。まだまだ長い時間がかかるんだ。毎日緊縛をやってるけどなかなか上達しない。大工や何かと同じように六、七年やってから職人になるものだと思う。だから僕はまだ職人じゃない。毎日練習しないと。

――本当に、まるで世界一の縄師を目指しているかのようですね。

長:やっぱりみんな心のなかで一番になりたいと思っているよね。でも縛りもアートだろ? 例えば音楽だったらローリングストーンズとモーツァルトを比べることは無意味だ。だからたぶんベテランの縄師たちはそんな野望とは縁がない、というか関係ないと考えてると思う。縛りの中でも寝技は雪村先生、吊りでは濡木痴夢男さん、そういうふうに考えるべきだ。そしてやっぱり劇場も特別だね。人に見せるものはまた別だ。

――あなたの先生である長田英吉氏は、やはりあなたにとってもショーSMのナンバーワンだったのでしょうか?

長:私にそれを言う権利はないよ。それは見てくれた人たちが決めることだ。でもショーSMのパイオニアであり、とても縛りが速かった。そして人気があった。そして私は、本当のことを言えばショーは好きじゃないんだ。

(続く)


インタビュー=編集部・五十嵐彰 通訳=alice liddell
※この記事はS&Mスナイパー2006年1月号に掲載された記事の再掲です。


長田スティーブ ドイツ出身。1988年にフォトジャーナリストとして来日。1998年、長田英吉氏と初めて出会い、その後師事。2001年、長田英吉が永眠すると、生前伝えられていた師匠の希望通り長田性を襲名、緊縛師・長田スティーブとしての活動を開始して現在に至る。

関連リンク

長田スティーブ公式サイト=http://www.osadasteve.com/
 | 
07.02.28更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー