ミストレスランド 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年7月号
特選AVレビュー『悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応』(シネマジック)
特選AVレビュー『最高の愛人と、最高の中出し性交。15』(PRESTIGE)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【35】『淫行リキッド』 著者=えすお (茜新社)
特選AVレビュー『NTRレズビアン ~僕の妻は隣の熟女に寝取られました~ 麻里梨夏 風間ゆみ(レズれ!)』
1ページすら読み通すことができない。この本には内臓が裏返しにされて晒されているような、奇妙な文がぎっしり載っている/『エロ語呂日本史年号』(パブリブ) 文=ターHELL穴トミヤ
特選AVレビュー『制服カメラ 大島美緒』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『カラータイツが公認の学園で。』(FREEDOM)
読者代表takashi部長がイク! 第6回 新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」千香女王様【3】
特選AVレビュー『痙攣!ガクブル!早漏オマ●コ生殺し/雪染ちな』(ワープエンタテインメント)
読者代表takashi部長がイク! 第6回 新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」千香女王様【2】
読者代表takashi部長がイク! 第6回 新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」千香女王様【1】
特選AVレビュー『うちの妻にカギってと思ってたのに、よりにもよって変態オヤジに弄ばれた俺の妻』 (AUDAZ)
エロースの神に愛された美しき隷獣――歯軋りする限界突破のスキャンダル・アモール! 本格ボンデージDVD『「BIZARRE!!」 BONDAGE LIFE VOL.2 北条麻妃』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『VRバス痴漢 ~ヴァーチャルバス通勤モニターと偽られ痴漢師だらけのバスに乗せられた巨乳美女~』(DOC)
2ページまんが 酒場の女【8】
絵を描く人々 第15回 写真を見て描く、実物を見て描く
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第7話/極意!コスプレ炒飯の巻
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【34】『獣愛姦通』 著者=TYPE.90 (ティーアイネット)
アクセスアップ
新刊情報
実話ナックルズ 2017年8月号(ミリオン出版)
俺の旅SP アジアン王国 Vol.11(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年8月号(大洋図書)
むっちり巨乳のエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2017年7月号(ミリオン出版)
超スケベな ご近所ママDX(大洋図書)
BITTER(ビター) 2017年8 月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2017年7月号(大洋図書)
moon under the moon(大洋図書)
えんどうくんの実験ノート 下(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
I want to live up to 100 years
「長生きなんてしたくない」という人の気持ちがわからない――。「将来の夢は長生き」と公言する四十路のオナニーマエストロ・遠藤遊佐さんが綴る、"100まで生きたい"気持ちとリアルな"今"。マンガ家・市田さんのイラストも味わい深い、ゆるやかなスタンスで贈るライフコラムです。
 | 
■Fちゃんのこと

嫌なことや悲しいことは、すぐに忘れてしまうほうだ。
零細AVライターなんて不安定な仕事をしていて、月の半分はバファリンのお世話にならなきゃいけないほどの偏頭痛持ちで、一旦落ち込むと何日も殻に閉じこもってオナニーばかりしているダメ人間のくせに、能天気に「長生きしたい」なんて言えるくらいだから間違いない。典型的な「喉元過ぎると熱さを忘れる」タイプである。
でも、そんな忘れっぽい私でも、毎年GWになると思い出さずにはいられないことがある。ゲイ友達のFちゃんのことだ。

3年前のGW初日、Fちゃんは急死した。
実家に帰省する予定だった私は、駅までの道を急ぎ足で歩いている途中に友達からの電話でそれを知った。
「嘘でしょ?」「私もそう思ったんだけど......でも本当みたい」
心臓をギュッとつかまれるような感じがした。
まだ40代の半ばなのに。ついこの間、仲間内の花見で会ったばかりなのに。酒もタバコもやるけどすこぶる健康で、会社の定期健診はオールAだっていつも自慢してたのに。
数日後、急いで東京へ戻った私は実家から持ってきた喪服を着て、まったく現実感がわかないままお葬式に参列した。

Fちゃんは十数年前、インターネットを始めた頃にできたネット友達だ。
暇に任せてAVばっかり観ていた私が、よく覗いていたゲイによるAV男優応援サイト。そのサイトの管理人がFちゃんだった。私自身もAVレビューのサイトを立ちあげたのがきっかけでやりとりするようになり、東京に行ったときにオフ会をして友達になった。
話題はだいたい「どの男優のチンポが大きい」とか「やっぱり昔の歌謡曲は最高ね」とかいうどうでもいいことばかりだったけど、よくお酒を飲んでは盛り上がった。掲示板やその頃流行り始めたmixiで、どんどん仲間が増えていくのが楽しくてたまらなかった時期だ。とても懐かしい。

見た目はスーツ姿のサラリーマンだけど、中身は頼れるお姉さんというか、お母さんのような人だった。
面倒見のいい性格のせいか、彼のマンションはすぐ友達やネット仲間の溜まり場になった。特に私はその頃長野に住んでいて頻繁に上京していたから、よく泊めてもらったものだ。「仕事で帰りが遅いときもあるから」と笑顔で合鍵まで渡してくれた。なかなかできることじゃない。人生相談を受けたり、彼氏に殴られて怪我をした子をかいがいしく世話したりしたこともある。

30代後半で独身で結婚の目は皆無。そんな三重苦女にとって、ゲイ友達と一緒に過ごすというのは一つのファンタジーだと思う。
風邪をひいたときは姉のように栄養ドリンクを買ってきてくれて、しつこいセールスがきたときは、夫のようにおっぱらってくれる存在。そんな相手と、生臭い恋愛のことなんて考えず、気楽に仲良く暮らす。ああ、なんて素晴らしい! 恋愛がうまくいかない女なら、誰でも夢見たことがあるんじゃないだろうか。
かくいう私も、そんな都合のいい想像をしたことがあった。実際に冗談で「偽装結婚しよう」なんて言い合ったこともある。でも、実際はそんなに甘いものじゃない。

知り合って数年が経ったころ、私はFちゃんの家に宿泊禁止になった。平日の夜、調子に乗って夜通し飲み、明け方に泥酔して家に転がり込んだのが原因だ(しかも居間で下着姿になったところで力尽き、裸のまま爆睡していたらしい......)。
これから会社に働きに行こうという人の家で、へべれけに酔って尻出して寝てるんだから、そりゃ怒るに決まっている。
しかし、今考えてみるとよくわかる。怒ったのはそのせいばかりじゃない。そのときFちゃんはたぶん私の「甘え」を見透かしていたのだ。

独身で寂しいとか偽装結婚したいとか言ってはいても、私は一応女だ。もしかしたら何かの拍子で逆転ホームランを打つことがあるかもしれない。でも、Fちゃんが世間でいう「結婚」をすることはきっとないだろう。決して顔には出さなかったけれど、40年もゲイとして生きてきたら辛いことだってたくさんあったはずだ。
その中で、人の世話はしても過剰な期待はしない、やるべきことをやり楽しむことを楽しんで淡々と日々を過ごすというストイックな生き方を築き上げた。だからこそ、女であることにあぐらをかき、どうせダメ人間だからと開き直る私の「甘え」が腹にすえかねたのだろう。
気の置けない友達同士だからこそ礼儀と思いやりが必要だったのだと、今ならわかる。でも、もう遅い。

一時期はあんなに頻繁に会っていたのに、"朝帰り尻丸出し事件"があってからは以前ほど会わなくなった。彼は一身上の都合で実家から会社に通うことになり、私も上京したときはマンガ喫茶や他の友達の家を渡り歩いていたので、ときどき外で飲んだり、仲間の集まりで顔を合わせる程度。そんな矢先の突然の訃報が訪れたのだ。

東日本大震災が起こった2011年は私にとっても激動の年で、GWにFちゃんが、6月に叔母が、そして5カ月後の10月には30年間一緒に暮らしてきた祖母が立て続けに亡くなった。「人は必ず死ぬんだな」という当たり前のことを改めて思い知らされた一年だった。
さらに昨年の今頃、義父が急死した。
61歳という若さで、散歩の途中の心筋梗塞。突然のことでみんなひどいショックを受けたけれど、特に病気がちだった義父と四六時中一緒にいた義母の憔悴は見ていられないほどだった。
「来年のGW、恐山にイタコの口寄せに行きたいんだけど......」と真剣に言うお義母さん。いつもだったら「イタコっすか!」とか何とか言って茶化す私も、痩せた白い顔を見たら何も言えなかった。

Fちゃんの、そして近しい人たちの死が押し寄せる中で、思うようになったことがある。
それは「人間は天寿をまっとうすべき」ということだ。
生きたくても死ななきゃならない人がいるんだから「早く死にたい」なんて言うのは罪、そんな野暮なことを言うつもりはない。
でも、幸せでも、そうでなくても、最後まで淡々と生き抜くことには意味がある。そう思うのだ。

Fちゃんの葬式では涙が止まらなかった私だけれど、30年間一緒に暮らした祖母の葬式に参列したときは自分でも驚くほど静かな、晴れ晴れした気持ちでいられた。
もちろんどちらも同じように寂しい。でも、最期を看取った母の言葉を聞いたら、おばあちゃんがこの世からいなくなること、もう会えないんだということが、スッと自然に納得できた。「おばあちゃんは毎日少しずつ弱っていって、命の糸がプツンと切れるみたいに人生を終えていったよ」。
私も、死ぬときはそんなふうに死にたい。
もしかしたら若いうちに不治の病に侵されるかもしれないし、この世知辛いご時世だから路頭に迷う寂しい老後を迎えなくちゃならないかもしれない。
もしそうだったとしても、神様から「長い間お疲れさん。もういいよ」と言われて、納得してから死にたいなと思う。

Fちゃんは、亡くなるときどんな気持ちでいたんだろう。納得して旅立てたんだろうか。
どんなことにも動じない人だったから、タバコの煙をフーッと吐き出して「バカねえ、人生なんてこんなもんよ」なんて言いそうな気もする。
今年のGWも、お酒が好きだったFちゃんを偲んで缶ビールを飲んだ。
家に行くといつも「発泡酒なんてマズいもの飲むのおよしなさい」と、私たちにとっては高級品だったプレミアムモルツを出してくれた。あれはとても美味しかったな、と思いながら。

文=遠藤遊佐




遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

市田 ブログのコミック化や新書等で活躍するマンガ家。
著書に『家に帰ると必ず妻が死んだふりをしています』(PHP研究所)、『日本霊異記』(KADOKAWAメディアファクトリー新書)など。
ウェブサイト=「http://urban.sakura.ne.jp」
 | 
14.06.07更新 | WEBスナイパー  >  100まで生きたい。
文=遠藤遊佐 | 市田 |