女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
アクセスアップ
新刊情報
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
俺の旅 2018年7月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年7月号(ミリオン出版)
別冊投稿キングDVD 2018年7月号(ワイレア出版)
花と蜜 2018年7月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.41(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
the toriatamachan
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実。ステキにポップな白根ゆたんぽさんのイラストも見逃せない、女子のリアルを見つめるコラムです。
 | 
「下校時間が遅くなると整形に失敗した口裂け女が『わたし、きれい?』って聞いてくるんだって」

小学校ってところには怪談がいくつもあった。私は怖がりだったから、ひとりの帰り道はいつも口の中で小さくポマードポマードって――口裂け女が逃げていく呪文――を唱えていたけど、トイレの花子さんには会ってみたいと思っていた。
小学校ってところはそういうことを考えていないと退屈だった。あの東校舎の一階、職員室のはす向かいにある女子トイレの奥から二番目、まだひとつだけ和式便所のままの個室に、花子さんはいるらしい。
小学校ってところはとにかく居心地が悪かった。きっと、黒いおかっぱ頭で、同じくらい黒い瞳が凛としていて、小さな唇を固く結んでいる花子さんとなら、クラスの子より話が合うような気がしていた。

あの居心地の悪さ。

たとえば、音楽の時間におしゃべりをしていて叱られた、りなちゃんが
「さとこ先生ってよく見ると可愛くないよね」
と、言ってきたこと。

さとこ先生は授業だと簡単な曲しか弾かないけど、とても素敵な演奏をするって知っていた。だって放課後に遅くまで図書室で本を読んでいると、音楽室からピアノの音が聴こえてくるから。先生にそのことを伝えたらびっくりした顔をしてから「仔犬のワルツ」って曲だと教えてくれた。先生のえくぼが柔らかくへこんだ。

あの、同級生たちの無邪気な乱暴さ。

女の子っていうのは、自分が不利な状況になったり、相手より能力や技術や地位が劣っていたりすると、すぐに美醜の話を持ち出して攻撃する。そして美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)は、強大だって、小さい頃から本能で知っている。そういう生き物なのだ。

私はそのことに気づくのが遅くて、気づいた頃にはもう自分が「女の子」かどうか微妙な年齢になっていた(無論、私は世間からすれば立派な小娘であるけれど、アイドルという幼児性を肯定する世界で育てられたので、18歳以降はもう女の子ではいられない気がしてしまう)。
大学へ向かう途中、近所の小学校で、赤と白の帽子で組分けされている子どもたちを見ながら(ああ、私はもうあんなことしなくていいんだと安心する)あの娘たちはもう気づいているんだろうなと思う。

思えば私は随分とぼんやりした子どもだった。酉年の祖母からは
「たまちゃんも酉年だから鳥頭だね」
と、よく笑われた。どんなに大事なことでも、三歩も歩くとすぐ忘れてしまうのだ。
鏡を見ても、写真を見ても、自分の顔すらすぐに忘れてしまうので、美醜ヒエラルキーの話なんて夢のまた夢だった。

それでよく「地下アイドル」なんて仮にも美醜で評価が変わる世界で生活しているなと自分でも感心してしまう。そもそもアイドルになる夢があったわけでもなく、小さい頃から夢といえば目を閉じて見る夢だけで、大人になれば自然と会社で働くものだと思っていたのだ。

不景気な時代に生まれて、"あの"大震災の前日に高校の卒業式を迎えた。才能も自信も、手に職もなかったので大学に進学したものの、初年度の就職率は最悪で、すでに払ってしまった入学金と学費を思って呆然とした。
いまは進学先の女子大を卒業するために、地下アイドルやアダルトライターの仕事をして、学費を稼いでいる。自分の性を存分に売りにして稼いだお金を使って、フェミニストの話を聞いて単位をとっている。

この原稿の大筋を大学で書いていたら目の前で話していた女子大生ふたりの片方が泣き出した。
「いいよね、あんたはそうやって可愛いから就職できてさ」
と言って。
もうこんなことじゃ驚かない。入学した年はもっとひどくて、毎日のようにこんな子を目にしたから。

そういうところで私は21歳を生きてる。

文=姫乃たま

関連記事

インターネットラジオ番組「押忍!! アダルト塾!」
押忍!! アダルト塾!

姫乃たま 1993.2.12下北沢生まれ/日本の地下アイドル/アダルトライター/司会/女子大生
アイドルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」=http://ameblo.jp/love-himeno/
アダルトブログ「地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ」=http://himeeeno.hatenablog.com/
Twitter=https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
14.06.14更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |