本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 イエローキャット
最新記事20件
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆほ ゆりか』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【30】「立ったままで果てた」
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『昭和セックスエレジー 父も母も妹も姉もみんな禁親相姦(FAプロ)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【27】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週木曜更新!
world wide fetish journal on WEB sniper.

欧米フェティッシュ・ジャーナル
Fetish journal
【17】コキガミ:装飾ペニス



取材・文=アニエス・ジアール
フランシス・ドゥドブラー


翻訳=牡丹


「S&Mスナイパー」本誌でおなじみの在仏カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアール&フランシス・ドゥドブラー。親日家でもあるお2人が、世界のフェティッシュ事情をお届けします! 1990年、海外の研究者が日本の変わった風習「コキガミ」を紹介したのですが……。

 | 

<< 前回の記事を読む

このペニスを装飾する伝統芸術が古代からのもので
日本ではコキガミの名前で呼ばれている
和紙でペニスを包むという伝統芸術、「コキガミ」をご存知だろうか?

日本人でさえ信じてしまった、この胡散臭い伝承は2人のニュージーランド人によって創作された。

1990年、ニュージーランド人のブルトン・シルバーとヘザー・ブッシュは『コキガミ-和紙の衣装の極小アート-』というタイトルの本を出版した。コキガミとは、折り紙で装飾したペニスを指す。

2人は、このペニスを装飾する伝統芸術が古代からのもので、日本ではコキガミの名前で呼ばれていると説明している。それが本当ならば、コキガミとは和紙や絹、布、飾り紐を使ってペニスを飾り立てる技術(訳者注:水引のようなものと思われる)のことである。

その目的:勃起したペニスを、ある種ブーケのように装飾し、愛情表現をすること。

2人の著者は、コキガミは13世紀までさかのぼる日本オリジナルの伝統だと続ける。「コキガミの起源はいまだに学術的な論争の対象である」と、2人は断言している。「ある説では、このコキガミの技術は折り紙の折り方に類似していると言われている。また別の説では、切り紙の技術から来ていると考えられている。実際、コキガミは2つの技術(折ったり切ったりする)を駆使している。しかし、主流となっている説では、コキガミの起源は包む技術(風呂敷のような包み方)によって、より向上したと考えられている」。

妙なことに、コキガミについて書かれた文献を探すのは不可能だ。もっとおかしなことに、コキガミついて書かれているのは、この得体の知れないニュージーランド人の書いた本だけなのだ。

この説は、全くもって空想の産物なのである。

「その証拠に、日本の最初期の文献には、貴族が女性を訪問する前に、自分の男性期を包んだとある。古事記(712年に完成された日本最古の歴史書)の何編かには絹の紐(リボン)をつくることに人生を捧げる男性に関する記述が出てくる」と2人の著者は綴る。

判明したこと、それは古事記にそのような記述はないということ。けれど、ペニスを可愛らしく装飾するという伝承は日本の何百ものインターネットサイトで反響が返ってくるほど魅力があるらしい。

「コキ」という語感が英語の「cock(ペニスの俗称)」のようだけれど、誰もその言葉遊びに気がつかなかった。日本のほんのいくつかのサイトだけは、「コキガミは存在するのか?」と若干懐疑的だった。

心から怪しんだ人は誰もいなかった。

全てはニュージーランド人たちの創作だった。エロティックな歴史を捏造し、それを発表したのだ。彼等は、全世界の人をかついで、自分たちの大胆さに満足した。

けれど、そこから本当に一つの精神療法が確立された。著書の中で、ブルトン・シルバーとヘザー・ブッシュは一部のアメリカのセラピストが、自分の患者に対しペニスを装飾するのを推奨しているという面白い結果を紹介している(※訳者注)。

それじゃ、見に行きましょうか。

文=アニエス・ジアール


<訳者注>
※コキガミについて アンサイクロペディア http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%82%B3%E3%82%AD%E3%82%AC%E3%83%9Fにまとめてあるが、あちらではコキガミは本当にあった風習として語られている。サイト検索で「コキガミ」を検索すると、ほとんどのサイトで「日本では忘れ去られているが本当にあった風習」として紹介されていることが窺える。

関連リンク

『コキガミ-和紙の衣装の極小アート-』 Kokigami: Performance Enhancing Adornments for the Adventure[Amazon.co.jp]


agnes-francis.jpg アニエス・ジアール - AGNES GIARD -
1969年生まれ。カウンターカルチャー専門のジャーナリスト。S&Mスナイパーにて “Fetish News Express” 連載。

フランシス・ドゥドブラー - Francis Dedobbeleer -
1961年生まれ。写真家。フランス最大のフェティッシュ・パーティ “la Nuit Elastique” オーガナイザー。

アニエス・ジアール=LE SEXE BIZARRE - Le site du livre
フランシス・ドゥドブラー=Demonia Magazine

 | 
09.04.09更新 | WEBスナイパー  >  Fetish journal