ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 イエローキャット
最新記事20件
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週木曜更新!
world wide fetish journal on WEB sniper.

欧米フェティッシュ・ジャーナル
Fetish journal
【16】パーヴァーティ



取材・文=アニエス・ジアール
フランシス・ドゥドブラー


翻訳=牡丹


「S&Mスナイパー」本誌でおなじみの在仏カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアール&フランシス・ドゥドブラー。親日家でもあるお2人が、世界のフェティッシュ事情をお届けします!

 | 

<< 前回の記事を読む

アーティストたちは、パーヴァーティで訓練されているようなものです
この場を使って修行しているのです
芸術はお好き?
セックスは?
それじゃ、どうしてその2つを混ぜないのかしら?

2006年2月にパリで始まった「背徳的で芸術的な」パーティ、『パーヴァーティ』(PERVARTY:“perv”(変態という意)、“arty”(芸術的という意)、“party”(パーティ)の3つをを掛けた言葉遊び)。このパーティは、若きアーティストを含むSMやフェティシズムの素人さんたちを集める目的で始まった。

2009年2月27日金曜日にパーヴァーティは10周年を迎え、パリでそのお祝いがあった。一見アートギャラリーのヴェル二サージュ(一般公開前の特別招待)のようだったけれど、厳しいドレスコードがあったので、それをクリアできたマニアックな人たちであふれていた。入場するためには、ラバーや革の衣装が必然的に必要だった。

このパーティは、全く趣向の違う2つの部屋で行なわれた。

1つ目の部屋「calm(静寂の意)」は写真スタジオで、デッサン画やエロティックな写真が展示され、実験的な映像作品、タトゥーブース、緊縛ブース、バースペースが集まった静かな空間だった。

2つ目の部屋は、ノンストップ(22:30〜朝まで1時間置き)でショウが行なわれていて活気にあふれていた。

この日、17人のアーティストがパフォーマンスやファッションショーを行なった。あるスタイリストなんかは、自分の最後のコレクションを演出する為に20人ものモデルを連れてきた! ちょっとだけ、売春宿みたいだった。ものすごい数の人。たくさんのアマチュア写真モデル、フェティッシュな写真モデル等々。それに興奮するたくさんの人。全部で、350人あまりの人々。

「パーヴァーティは一種のラボのようなものです」とプロモーターのフランシスは説明する。「そこまで巨大なパーティという訳ではありません。しかし、『デモニア』(およそ1,900人が来場する)に出るきっかけを作るためのパーティなのです。私は自分の作品を見せにくるアーティストたちをここに招待しています。彼等アーティストにとって、数をこなし、より安定した作品を生み出す絶好の機会なんです。アーティストたちは、パーヴァーティで訓練されているようなものです。この場を使って修行しているのです。アーティストたちは、色んな人たちに会って、その作品を鑑賞されるのです。非常に重要なことです」




フランシスは、このようにして少なくとも7人のスタイリストを世に出したことを誇りに感じている。この7人のスタイリストたちは、今まで自分の作品を誰にも見せたことがなかった。自分がプロになれるなんて思ってもみなかったのだった。アイロとユゴー、ナゴイ、ダミアン・ドゥ・マン、サイバードール、エドニー・デザイン、サマエル……。最初は、友達や自分の楽しみのために、服を作っていたのだ。

フランシスは彼等アーティストを、より高みにいけるように励ましたことに喜びを感じている。パーヴァーティではまた、これまで一度として作品を発表したことのないデザイナーや写真家を30人も世に出している。





「このパーティに参加するまで、この人たちは自分のちっぽけなサイトやブログ上で作品を制作していただけなんで。」とフランシスは説明を続ける。「私は、この人たちにパーヴァーティへ是非来るようにと連絡を取りました……。そして、それがこの人たちの進化のきっかけになったのです。アーティストというものは、自分の作品を世に示さなくてはいけません。それが、刺激になるのです。はじめの頃、このアーティストたちの作品は必ずしも良い出来ではありませんでした。けれども現在、このアーティストたちは、他の場所で展示会を開き、映像作品は国際的なフェスティバルで上映されています。何人かは本を出版するのです!」

ビザールなビスクドール制作、ストリップティーズ(ストリップショウ)、SMショウ、緊縛ショウ、メタル製の衣装やコルセットの制作。皆、パーヴァーティの10周年を祝う為にその場に集っていた。

文=アニエス・ジアール


関連リンク

パーヴァーティのサイト


agnes-francis.jpg アニエス・ジアール - AGNES GIARD -
1969年生まれ。カウンターカルチャー専門のジャーナリスト。S&Mスナイパーにて “Fetish News Express” 連載。

フランシス・ドゥドブラー - Francis Dedobbeleer -
1961年生まれ。写真家。フランス最大のフェティッシュ・パーティ “la Nuit Elastique” オーガナイザー。

アニエス・ジアール=LE SEXE BIZARRE - Le site du livre
フランシス・ドゥドブラー=Demonia Magazine

 | 
09.03.26更新 | WEBスナイパー  >  Fetish journal