本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 イエローキャット ミストレスランド 1
最新記事20件
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
world wide fetish journal on WEB sniper.
毎週木曜更新!
欧米フェティッシュ・ジャーナル
Fetish journal
【12】デモニア



取材・文=
アニエス・ジアール
フランシス・ドゥドブラー


翻訳=牡丹

『サイバー・ドール』CYBER DOLL

「S&Mスナイパー」本誌でおなじみの在仏カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアール&フランシス・ドゥドブラー。親日家でもあるお2人が、世界のフェティッシュ事情をお届けします! フランシスがオーガナイズする欧州最大規模のフェティッシュパーティ、『デモニア』。年末に行なわれたこのパーティ、なんと1700人以上の参加者が集まったとか! 日本とは一味違うパーティの様子を写真を中心にご紹介します!

 | 

<< 前回の記事を読む

パーティの様子を表現するフランス語はたくさん思い浮かぶ
「大騒ぎ」「自由気まま」「さぁやろう」「気楽な人生」
私はフランス人のこういうエスプリがとても気に入っている

2008年12月11パリにて、(フェティッシュパーティーの)『デモニア』は大きな成功をおさめた。1,831人も集まったのだ!
1993年、王宮で行なわれた初めてのデモニアには、800人集まった。
1995年、2回目の王宮でのデモニアは、600人だった。
2002年、キャバレー・ソバージュ(パリにあるクラブ)で行なわれた時は最大収容人数の1,300人を超えてしまった。
その結果、2003年にロコ(パリにあるクラブ)で4度目のデモニアには1,047人しか来なかった。
2004年、同じくロコにて、新記録:1,622人。
2005年(ロコにて):1,695人。
2006年(ロコにて):1,924人。
2007年(ロコにて):1,788人。
こうして、デモニアはヨーロッパ最大規模の4大フェティッシュパーティーのうちに1つになった(他の3つ:『ウエストランド(オランダ)』、『ラ・ベル・ラバー(フランス)』、『トーチャー・ガーデン(イギリス)』)。

上/HEDONY DESIGN

下/『ブラック・ロータス』BLACK LOTUS

他のパーティに比べて、デモニアには大きな違いがある。まず第1に、2時間にもわたるショウと若きクリエイターの行列があること。他のフェティッシュパーティーには有名スタイリストの作品があるだけ(※1)。デモニアは、実験的なラボであり、自分の作品を売り出しにきたまだ見ぬ才能たちのステップとなっている。そういうことで今年、お客たちは新たにこういう逸材を見つけた。『オート・ポワンチュール』(機能しない)バラ鞭の形をしたピンヒール靴を作るメーカー、『ステイ・シック・ベイビー』ヌンチャク型をしたバイブ等の豪奢なアダルトグッズ製造者、『シルバイン・クージョリー』フェティッシュな衣装のスタイリスト! 今年は『シルバイン・クージョリー』のショウもあった。フェティッシュな衣装を際立たせるトラックのような舞台を使ったもの……。

『オート・ポワンチュール』Haute Pointure :[(機能しない)バラ鞭の形をしたピンヒール靴を作るメーカー]MySpace.com - hautepointure -

左/『ステイ・シック・ベイビ』STAY SICK BABY :[ヌンチャク型をしたバイブ等の豪奢なアダルトグッズ製造者]

右・下/『シルバイン・クージョリー』SYLVAIN COEUR JOLLY:[フェティッシュな衣装のスタイリスト]

他のパーティと比べて2つ目の違いは、パーティに使われる曲。オランダでは、フェティシストたちはハウスミュージックに合わせて踊る。例えば『ウエストランド』では、レイヴパーティにいるかの錯覚を憶える:観客はエクスタシーを感じ、動きが機械的になる。
観客はしばしばとても背の高い(2メートル程)、ブロンドヘアのマッチョな人たちだ。まるでロボット。イギリスでもまた、テクノがよく使われる。すごく寒々しい。観客は自分の衣装をひけらかす為だけにそこにいる。とてもファッショナブルでエレガントな面もあるけれど、少し退屈。(クラブ内の)いくつかの部屋では、DJがロカビリーを流し、「ダンスホール」と化している:50歳くらいのダンスを知らない人たちは、退屈なショウを見なければ行けない。

デモニアでは、5人から6人のそれぞれ違ったDJがいて、1時間おきにちがうジャンルの曲が流れる。ロック、エレクトリック、ニューウエーブ、インダストリアル、テクノ……。こんな風に、皆が踊れる。

左/『モンスターリュヌ』MONSTERLUNE

右/『ダミアン・ドゥ・マン』DAMIEN DE MAN


『ファック・ヴェルサス・ラバードール』FAQ versus RubberDoll

3つ目の違いは、フランス人は少し「成り行きに任せる」ところがあること。パーティで厳密に決めていることは何もない。たまに、パーティの構成がぐちゃぐちゃになってしまう。ショウはぎこちない。ショウをするフランシス・ドゥドブラーはバカな冗談を言う。皆、口笛をならし、笑い転げる。ビールを飲んで楽しんでいる。部屋の片隅で、愛を交わしている……。

ちょっとだけ「乱痴気騒ぎ」。パーティの様子を表現するフランス語はたくさん思い浮かぶ。「大騒ぎ」「自由気まま」「さぁやろう」「気楽な人生」。全ての表現が、のんびりしている。私はフランス人のこういうエスプリ(心意気)がとても気に入っている。愛すべきことだと思う。

日本人も同じでしょう?「asobi(遊び)」を知っているもの。

左/VDREY

右/DEMASK

左/KRAUM ET KINOX

右/RUBBERSTAR

文=アニエス・ジアール


<訳者注>
※1:他のパーティには、デモニアのような若々しい勢いがなく、既に完成されたありきたりなものしかないとアニエスは揶揄している。



関連リンク

『デモニア』nuit-demonia:http://www.nuit-demonia.com


agnes-francis.jpg アニエス・ジアール - AGNES GIARD -
1969年生まれ。カウンターカルチャー専門のジャーナリスト。S&Mスナイパーにて “Fetish News Express” 連載。

フランシス・ドゥドブラー - Francis Dedobbeleer -
1961年生まれ。写真家。フランス最大のフェティッシュ・パーティ “la Nuit Elastique” オーガナイザー。

アニエス・ジアール=LE SEXE BIZARRE - Le site du livre
フランシス・ドゥドブラー=Demonia Magazine

 | 
09.02.19更新 | WEBスナイパー  >  Fetish journal