イエローキャット 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
world wide fetish journal on WEB sniper.
毎週木曜更新!
欧米フェティッシュ・ジャーナル
Fetish journal
【13】ファンタジア・エロチカ・ジャポン



取材・文=
アニエス・ジアール
フランシス・ドゥドブラー


翻訳=牡丹


「S&Mスナイパー」本誌でおなじみの在仏カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアール&フランシス・ドゥドブラー。親日家でもあるお2人が、世界のフェティッシュ事情をお届けします! 昨秋から年末にかけてスペインで行なわれた、日本のフェティッシュ・アートを扱った展覧会「ファンタジア・エロチカ・ジャポン Fantasia erotica japonesa」。このアニエスが企画した展覧会の模様をご紹介します。

 | 

<< 前回の記事を読む

西洋人は日本のエロティシズムに魅了される。もっと正確に言えば、西洋人は日本の性的タブーのなさに魅了されるのだ。

2008年10月9日木曜日、スペインでの私の(主催した)展覧会のヴェル二サージュ(一般公開前の特別内覧会)で、私はそのことを確信した。その展覧会は「ファンタジア・エロチカ・ジャポン」と題されたたものだった。展覧会は2008年12月11日までバルセロナのアートギャラリー「Artz21」で開かれていた。

私が展示のコミッショナー(企画者)になるのは初めてで、それが一部の友人を選んだ理由だった。渡邊安治、常盤響、西牧徹、林アサコ、Bee KANNO、水野純子、田亀源五郎、インベカヲリ★、市場大介、吉田嘉名……。残念なことに、ギャラリー「Artz21」では、私が大好きな他の日本のアーティストは展示できなかった。この展覧会には日本のアーティストが全部で10人、他に2人のフランスのアーティスト(ヨニラボ、ジャック・リスト)、1人のスイス人(エマニュエル・モッツ)と1人のベルギー人(ヴィクター・サンチェス)がいた。


上/市場大介



左/吉田嘉名
右/Bee KANNO


左/西牧徹
右/水野純子


作品は全て興味を引いていたたけれど、特に日本人の作品が注目を集めていた。雰囲気は非常によかった。オープン前の時間にギャラリーは観客でいっぱいになった。フランシスは、すべての写真を撮っていた。

それから、私はこの展示の目的を説明する講演会を開いた。椅子が足りない程の盛況ぶり。聴衆は最初は(ただ説明を)聞いていた。終わりの方に誰かが尋ねた。

「西洋のエロティシズムと日本のエロティシズムの大きな違いは、何ですか?」

私はこう答えた。

「西側諸国のタブーは、宗教が起源です。キリスト教の影響を受けて、裸と性への関心は、罪になったのです。そう、西洋のポルノ映画の中が下卑たセックスを描いている理由は、そこにあります。日本では、セックスは神聖視されています。いいえ、セックスだけならタブー視されるものの、神道に鼓舞されるのです。人は、豊かさの聖域で、男根と女性器の前に祈ります。セックスは、日本では捧げ物なのです。人間はセックスを通して神の豊穣の営みに参加するのを許されます。セックスは、男を神と等しいものにするのです。セックスは、強さ、喜び、エネルギーそして力を与えます。ここに、我々西洋人が日本に特別な興味を持つ理由があるのです。日本が我々に幸せになる可能性を示してくれるのです」

熱狂的な拍手だった。


残念なことに、パーティは良くない終わり方だった……。フランシスは、すべての記録が詰まった2台のカメラと鞄を盗まれてしまった。

スペインは、ヨーロッパで飛び抜けて盗難が多い国。警察は、1日に3,000人を検挙している。現に、スペインでは1日当たり30,000件の盗難がある。

写真が要領を得ていない理由はそういうこと。私の(森美樹にもらった)ニコンで、ギャラリーがクローズした後に撮ったものしか残っていない。

最初は泣きそうだったけれど、最も幸せな瞬間には、ちょっとした不幸せが紛れ込んでいるもの。それが人生、でしょう?



文=アニエス・ジアール


関連リンク

ギャラリー「Artz21」

ファンタジア・エロチカ・ジャポン

agnes-francis.jpg アニエス・ジアール - AGNES GIARD -
1969年生まれ。カウンターカルチャー専門のジャーナリスト。S&Mスナイパーにて “Fetish News Express” 連載。

フランシス・ドゥドブラー - Francis Dedobbeleer -
1961年生まれ。写真家。フランス最大のフェティッシュ・パーティ “la Nuit Elastique” オーガナイザー。

アニエス・ジアール=LE SEXE BIZARRE - Le site du livre
フランシス・ドゥドブラー=Demonia Magazine

 | 
09.02.26更新 | WEBスナイパー  >  Fetish journal