ミストレスランド 2 イエローキャット 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【2】
読者代表SM体験レポートスペシャル 東京・新宿「ロボットデリヘル」ライムさん&新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」アンリ女王様【1】
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週木曜更新!
world wide fetish journal on WEB sniper.

欧米フェティッシュ・ジャーナル
Fetish journal
【19】ヌーベル・モード in フランス



取材・文=アニエス・ジアール
フランシス・ドゥドブラー


翻訳=牡丹


「S&Mスナイパー」本誌でおなじみの在仏カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアール&フランシス・ドゥドブラー。親日家でもあるお2人が、世界のフェティッシュ事情をお届けします!

 | 

<< 前回の記事を読む

人々は私に尋ねる。「フェティシズムというのは、ただのファッションではないのですか?」
私は、服を選ぶことが共和国の大統領の選択と同じくらい重要なことなのだと答えている
日本は侮辱されることなく見せたい(着たい)ファッションができる、素晴らしい国!

フランスは、一神教(キリスト教と、特にイスラム教)の影響でセクシーな服を着るのはとても難しい。(もしスカートなんて穿こうものなら)道ばたで、小言を言われるか、振り返られるか、ナンパされてしまう。そういうことが、フェティッシュ・パーティ(と日本)に行く楽しみのひとつになっている。着たい服が着られるレアな場所なのだ。

フェティッシュ・パーティでは、現在、たくさんの女の子がミニスカートを穿いて来る。ミニスカートの長さは大体20cm、下半身を隠すのにほとんど役に立たない長さだ。ミニスカートは、引き締まったお尻をカバーするだけで、身体の線が全て出てしまう。フランス人は、そういう女の子をもてはやす。

イギリスのブランド「フェーズ」がこういうミニスカートを売り出した。パリの「ブティック・デモニア」で発売されてから2カ月で、およそ50着も売り上げた。それだけ売れた一番の理由は、高価過ぎないからだ(1着、大体25ユーロ)。それと、フランスにはお尻好きがたくさんいる。



多くのフランス人が、こういうミニスカート・ファッションにノスタルジーを感じている。ミニスカートというのは、性革命の象徴なのだ。この性革命は、1960年にアメリカで、1961年にイギリスで、1967年にフランスで発売されたピル(経口避妊薬)と深いつながりがある。

1962年、ロンドンはチェルシー地区のキングズロードにあるブティックで最初のミニスカートが出現した。この「ものすごく短いスカート」は、(独学の)若きスタイリスト、マリー・クアントによって考案された。最初は彼女自身や友人がモデルになっていた。ミニスカートは自立した女性の象徴だった。オランダなどのいくつかの国で、この「あまりにも挑戦的」な服は禁止されるほどだった。

フランスでのミニスカートの歴史はアンドレ・クレージュ(服飾デザイナー)から始まる。アンドレ・クレージュは1962年から1964年にかけて何度もミニスカートを店頭に出したけれど、見向きもされなかった。1965年の春夏コレクションで、初めてミニスカートのオートクチュールモデルを登場させ、メディアから「革命家」の称号を与えられた。クレージュは、ミニスカートに「若さ」を保つことを託している。

ココ・シャネルのような大御所のクチュリエ(服飾ブランドの縫製師)はクレージュが女性達に与えるイメージについて批判した。けれど、偉大なるクチュリエたちの厳格主義は無意味だった。ミニスカートは「流行のファッション」になったのだ! 誰もがミニスカートを穿いていた。

日本では、着たい服を着るということは普通のことだと考えられている。それは微笑ましいことだと思う。フランスでは、タブーが原因で、着たい服を着ることは政治的と見なされる。皆、まるで出征するときのように服を着る。服装が原因で、他人に観察され、糾弾され、馬鹿にされてしまうのだ。フランスでのフェティシズムは、政治的な行為と言い換えてもいいくらいだ。

時々、人々は私に尋ねる。「フェティシズムというのは、ただのファッションではないのですか?」私は、服を選ぶことが共和国の大統領の選択と同じくらい重要なことなのだと答えている。民主主義では3つのことが定義されている。投票権、男女の平等、セクシャル・マイノリティを認めること。

ピル(経口避妊薬)、妊娠中絶、ミニスカートは民主主義の表われなのだ。

文=アニエス・ジアール


関連リンク

ブティック・デモニア

フェーズ


agnes-francis.jpg アニエス・ジアール - AGNES GIARD -
1969年生まれ。カウンターカルチャー専門のジャーナリスト。S&Mスナイパーにて “Fetish News Express” 連載。

フランシス・ドゥドブラー - Francis Dedobbeleer -
1961年生まれ。写真家。フランス最大のフェティッシュ・パーティ “la Nuit Elastique” オーガナイザー。

アニエス・ジアール=LE SEXE BIZARRE - Le site du livre
フランシス・ドゥドブラー=Demonia Magazine

 | 
09.05.07更新 | WEBスナイパー  >  Fetish journal