イエローキャット 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
読者代表変態仮面がイク! 東京・池袋「踏み活」桜木しおんさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 東京・池袋「踏み活」桜木しおんさん【1】
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
ショーとゲームの化学反応が生んだ参加型イベントで非日常のひと時を楽しむ 新感覚のSMハロウィンイベントが開催!!
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
world wide fetish journal on WEB sniper.
毎週木曜更新!
欧米フェティッシュ・ジャーナル
Fetish journal
【20】セーヌの船の上 フェティシストは旅する



取材・文=
アニエス・ジアール
フランシス・ドゥドブラー


翻訳=牡丹


「S&Mスナイパー」本誌でおなじみの在仏カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアール&フランシス・ドゥドブラー。親日家でもあるお2人が、世界のフェティッシュ事情をお届けします! フランスで初めて行なわれた、ロマンティック&フェティッシュなナイトクルーズの様子とは……

 | 


<< 前回の記事を読む

「あなた、完璧な男を求めてるの?」とガエルはくすりと訊ねた。
(お酒を)一口飲む少しの間考えて、こう答えた。
「(私にとって)完璧な男は、二面性があることね」

2009年4月11日、『エラスティック・ナイト(柔軟な夜の意、フェティッシュ・パーティ、1998年より定期的に開催)』の11周年を記念して、フランシス・ドゥドブラーが船上でパーティを開催した。パリのモニュメント、橋、大通り、オベリスク沿いに、セーヌ川クルーズは2時間続いた。

それはフランスで初めて開催された、フェティシストのクルーズだった。橋の下をくぐる時は、道行く人々が声をかけてきた。照明が暗かったので、フェティシストたちのラバーの光沢は充分活かされていなかったけれど。




私がパリに暮らし始めて20年、今までセーヌ川のクルーズはしたことがなかった。船旅は、とてもロマンチックだった。人はパリを「灯りの都」と呼ぶ。私は、初めてパリに訪れた観光客の気分だった。日本に来た時、「お花見」で同じ経験をした。パリでも、春の柔らかい風が吹いていた。私は橋の上から、水面を眺めていた。

船室の窓の後ろで、愛を交わし始める人がいた。抱き合いながら踊る人もいた。エラスティック・ナイトの間中、(このパーティのオーガナイザーで恋人の)フランシスが私のそばにいなかったので、ほんの少しだけ、ひとりぼっちの気分を味わった。


フランシスは働き詰めだった。何時間かDJをし、残りの時間は、パーティがうまくいっているか見回っていて、客の世話をしたり、ドリンクカウンターを手伝ったりしていたのだった。それに困った客や、その他の煩わしいことのせいで、パーティの間中、私たちは離ればなれだった。とても寂しかった。

友達のガエルとオリビエは、私が沈んでいるのに気がついてくれた。「何をボーッとしているの?」とガエルが優しく声をかけてくれた。

「恋人と一緒に居られたらなぁって思っていたの」「あら、フランシスは?」「フランシスは一緒じゃないの」「あなた、完璧な男を求めてるの?」とガエルはくすりと訊ねた。

(お酒を)一口飲む少しの間考えて、こう答えた。「(私にとって)完璧な男は、二面性があることね」

一面では、ロマンチックなパーティのオーガナイザー、もう一面はただ一緒に楽しいことをする人。ある一面では優しくて、一方ではひどく意地悪。私がスーパーで日用品を買うのにつき合ってくれるパートナーであり、未知の惑星からやってきた闇の王子、暗い目をした異邦人でもある。アドルファス・メカスの並外れた映画『ハレルヤ・ザ・ヒルズ』(1962年)のことを思い出す。それは二人の男と(一人は夏に、一人は冬に)つき合う、ある女の物語。


私はガエルに言った。「ジキルとハイドのような『モンスター』が理想の男よ」「モンスターが好きなの?」ガエルは笑っていた。

その日は深夜1:30の最終電車に乗って、ずいぶん早くに帰宅した。

次の日、ガエルが私にギルヴィックの詩(※訳者注)を(メールで)送ってくれた。


『モンスター』 ユージェーヌ・ギルヴィック作

ひどく優しいモンスターがいる

優しい目を閉じて、向かい側に座っている

あなたの手の上に、ふんわりした手を重ねる


ある晩

宇宙の中、全てが深紅に染まる場所で

途方もない軌跡を示す岩のある場所で

モンスターは、めざめる



文=アニエス・ジアール

<訳者註>
※詩:フランスで、「詩人」はどんな職業の人間からも憧れと尊敬のまなざしで見られる。言葉というものを何よりも大切にするフランス人にとって、詩人というのは別格の存在なのである。かのセルジュ・ゲンズブール(偉大なる作詞家)でさえ「自分が書くのは歌詞であって詩ではない」と嘆いていたという。


agnes-francis.jpg アニエス・ジアール - AGNES GIARD -
1969年生まれ。カウンターカルチャー専門のジャーナリスト。S&Mスナイパーにて “Fetish News Express” 連載。

フランシス・ドゥドブラー - Francis Dedobbeleer -
1961年生まれ。写真家。フランス最大のフェティッシュ・パーティ “la Nuit Elastique” オーガナイザー。

アニエス・ジアール=LE SEXE BIZARRE - Le site du livre
フランシス・ドゥドブラー=Demonia Magazine

 | 
09.05.14更新 | WEBスナイパー  >  Fetish journal