ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑すっかりクリスマス気分だった赤坂サカス。先週の今頃はカレー屋さんの窓からロマンチックなイルミネーションを見てポワーンとなっていたのに、今は湿布だらけでどんよりとパソコン画面を見つめています……。まさに天国と地獄。昨日はバイト先の同僚(24)に「遠藤さん、おばあちゃんの匂いがする……」と指摘されました。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
毎年毎年同じことばかり言っていて大変申し訳ないのですが、アルバイトと年末進行に追われ心身ともにぼろきれ状態。最近はもっぱら死んだ魚のような目で過ごしております。
老母(65)に肩凝りで吐きそうだとこぼしたら、「パソコンの見すぎよ! せんねん灸したら一発で治るわよ!」と自信満々で言われました。
「え、まじで? 誰に聞いたの?」
「せんねん灸のコマーシャルよ」
ああ、母さん。
忙しいって、心を亡くすって書くのね……。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
しかし、無事連載100回を迎え、本当だったら新たな気持ちで101歩目に踏み出さねばならないところなのに、まったく情けない。
ゆっくりオナニーに勤しむ暇もないありさまなので、ここはひとつフレッシュな娘さんに頑張っていただこうと思い、恒例のオナニーインタビューを決行することにいたしました。
今回はなんと久々の一般女性。
私も出演させていただいたゴールドマン監督のイベント『濡れる話・勃つ話』で売り子さんをしていた一般人三十路女性・シブメグちゃんです。
初対面なのにもかかわらず、明るいノリのよさと巨乳に惹かれてずうずうしくナンパしてしまったマエストロ。
イエー、素人娘! こりゃテンションあがるなってほうが無理だろ!!
しかし、ここんとこ続いていた肉食系ラインとはちょっと違った「イヤーン、恥ずかしい〜」ってな展開になるんだろうなあと思いきや……。

■お姉さん、パンツがカピカピなんだけど……


↑一部で話題沸騰中! ゴールドマン監督のセクシーアカペラDVD。シブメグちゃんもおすすめです。


――ゴールドマン監督のイベントで売り子をしたり、安田さんのイベントに素人巨乳女性として出演したりなさってるんで、そうはいっても若干そっち関係の方なんだろうと思ってたんですけど、ほんとに友達としてお手伝いしてるだけなんだとか。普段はどんなお仕事してるんですか。

シブメグ「あの、子供電話相談ってあるじゃないですか」

――え、ラジオの? 無着成恭のアレですか?

シブメグ「いえいえ(笑)。相談相手のいない子供からの電話を受けて、話や悩みを聞くっていうやつ。ホットラインとか110番とか、たまに学校や図書館に電話番号が貼ってあったりするんですけど、あのお姉さんをしてます」

――ああ、ああ。……えーっ! エロどころか、もんのすごい真面目な仕事じゃないですか。こう言っちゃなんですけどシブメグちゃんてお胸のほうもすごいですよね(※シブメグちゃんは道行く人が振り返るクラスの堂々Hカップ)。どっちかっていうとラフなイケイケイメージだったんで、ちょっとびっくり。そんなお固い仕事をなさってるとは。

シブメグ「そうですか? お固いかなあ」

――いやいや、少なくとも私は電話相談のお姉さんて初めて会いました。へー、そういう仕事ってどうやって就くんですか。

シブメグ「基本的にボランティアでやってる人が多いんですけど、それでお金をもらうってなると、どうしてもスカウトになりますね。できそうな人に声をかけるっていう。子供向けの電話相談室ってなると、どうしても『空はどうして青いの?』っていうような可愛い質問から『お母さんにオナニー禁止令を出されてどうにもできない』っていう男の子の切ない悩みまでいろいろあるので」

――へー(ニヤニヤ)。オナニーの悩みっていくつくらいの子が電話してくるの。

シブメグ「私が聞いた中で一番小さかったのは小学校6年生の男の子でしたね。その子は家庭がうまくいってなくて、オナニーを覚えたのが早かったんですよ。最初にモヤモヤしたものを感じたのが小学校一年のときで、その時はまだ射精とかはなかったんですけど……」

――それ、電話でそんなこと聞くんですか? 小6の男の子に? うわ、ちょっと萌えるなあ。

シブメグ「聞くんですよ(笑)。両親のケンカを見ちゃってイラッとしたときなんかに部屋に閉じこもってオナニーするって言うんです。それをすれば気持ちよくて嫌なことを忘れられるってわかってるんですね。でも、大きくなって射精するようになると、やっぱり罪悪感が湧いてくるんですよ。下着が汚れたりもするし、どうすればいいんだろうと」

――普通、電話先の人とはいえ、初めて話す女の人にはそんなこと言えないんじゃないですか。

シブメグ「でも、そういう子って何も知らないうちに行為だけ覚えちゃってるから、すごく無防備なんですよね。平気でポンポン言うんですよ。『自分はあれのおかげで結構まともにここまでこれた』とか、小学校6年生のくせに(笑)。でも、親にバレて『このカピカピのティッシュの花は何!?』とか言われると、お姉さんどうしよう、これは悪いことなのって電話してくる」


↑ショートカットでメガネっ子、さらにHカップという萌えの宝庫のようなシブメグちゃん。青少年が日々シモの悩みをぶつけていると思うと、夢が広がります。


――ちなみにシブメグちゃんはそういう時、なんて答えるんですか。

シブメグ「『悪くない!』って言いますね」

――えらいッ!

シブメグ「そればっかりになったらいけないけど、でもあっていいことなんだよっていうのはきちんと言います。ただお母さんの身になって考えてみると、自分の息子が男になってくのを見るのは複雑な気持ちだろうから、そこはちゃんと考えてあげてねって」

――はぁー。子供向けの電話相談とはいえ、そこまでちゃんと答えてくれるんだ。

シブメグ「おばちゃんボランティアの人『もうっ、何やってるの!』とか言ってますけどね」

――誰に当たるかで違うんだ。大きな賭けですね。

シブメグ「重い話になっちゃいますけど、今、リストカットの相談が多いんですよね。24時間受け付けてるんで、夜中に『またやっちゃった……』なんて電話がかかってくる。『血が止まらなくて怖い』とか、電話なんてしてていいのかって状態の子がかけてきたりするんで、『手を上に上げてっ!』とか必死でやってますね。でも、そこでうまく『どうして切っちゃったの?』っていうのを聞き出して話を聞いてあげれば、ストレス発散になってちょっとはラクになるんですよ。で、次は切る前に、切りたくなったら電話してねって言っておく」

――ああ、そこで「そんなことしちゃダメでしょ!」って言っちゃうと逆効果なんだ。相手が子供だからいろいろ難しいところも多いですよね。でも、子供相手だとエロ電話はなくていいですよね。

シブメグ「いやいや、かかってきますよ〜(笑)」

――くるんだ! え、子供がかけてくるの?

シブメグ「子供電話相談にかけてきていい対象って、電話がかけられるようになったときから19歳までなんですよ。19歳までは選挙権もないし一応子供」

――はあ〜、そうか。AVには出てますけどね、19歳。子供なのか。

シブメグ「あと、最近はひきこもりの子からの電話も多いです。女性が電話に出ると『女の人が出た! 女の人ですよね…?』みたいな」

――女の人と話すことがもう事件なんだ。やっぱりそういうのって増えました?

シブメグ「増えましたねー。私、この仕事を始めてまだ3年なんですけど、この一年間でものすごい件数カウントしてますよ」


おお、なんだか初っ端から社会的な話に! マエストロとしてオナニーの話を聞くつもりだったのに、蓋を開けてみたらシブメグちゃんのほうがリアルなオナニー事情を知っていそうだというこの状況。うーむ。

■彼、死なないかな〜。

――うーん、特に思春期ともなると、シモの相談はもちろん出てきますよね。

シブメグ「オナニーに関する話、けっこうありますよ。小学校高学年の女の子が跳び箱を飛ぼうとして間違って股間をぶつけちゃったんだけど、すごい気持ちよかったって相談とか」

――なんですか、そのエロマンガみたいな話は! ていうか、そんなことで電話相談に電話するほど悩んじゃうピュアな子が今の時代にいるんだ。

シブメグ「極端なんです。今、少女マンガやちょっとませてる雑誌を見ると、フェラチオのやり方とか、カリ首がどうのとか書いてあるんですよ。

――昔でいう『ポップティーン』みたいな感じですね。


『Popteen 2010年12月号』

ASIN:B0047E7B1G
発売:2010年11月11日
メーカー:角川春樹事務所

↑“小動物になりたいぴょん!”でおなじみ(?)ポップティーン。マエストロが中高生の頃は、セックスとかイジメ問題とかが盛りだくさんのやさぐれ系雑誌だったのに、いつのまにこんな華麗な変身を……。その昔、哀川翔兄やんがポップティーンでライターをしていたというのは有名な話。


シブメグ「そうそう。すごいこと書いてあるんですよ。あと、雑誌で読まなくても今はインターネットでいくらでもそういう情報は入るんで、耳年増な子は耳年増ですね。ちなみに、中学生くらいの子から夏前にくる相談で一番多いのは『夏休みにいよいよ彼となんかありそうなんだけどどうしよう』っていうの」

――中学生が? けしからんなあ!

シブメグ「けしからんですよ。小学5年生の女の子から『ヤッちゃった……』って電話が来たりしたこともありますし」

――ヤッちゃったって言われてもねえ……(絶句)。どうするんですか、そういうときは。

シブメグ「ヤッちゃったじゃなくて、何をヤッたのかちゃんと言いなさい、と。そこはやっぱりちゃんと叱らねばいけないところなので。小学生でそんなことしていいかどうかわかるでしょ?って言うと『だって彼に嫌われたくないしー』って」

――彼はいくつなの!?

シブメグ「彼はねえ、中学2年生でした。ちなみに『どこでしたの?』って聞いたら『秘密の基地で』って言われた」

――はははは。なんでそこでメルヘン入るの。“ホテル・秘密の基地”とかじゃなくて!? あの、私はずっとオナニー推しの立場を貫いてるんですけど、やっぱりそういうのを聞くと、自分の考えは正しいと確信しますよね。小学5年生はそうなる前にオナニーに情熱を傾けるべき。

シブメグ「いや、そっちのほうが正しいですよ。ほんとにそう思います。オナニーをちゃんとして、ある程度自分で性欲をコントロールできるってことを覚えれば、中学生が小学生に手を出そうなんて絶対に思わないですもん」

――中学生がランドセル背負った小学生とヤリたいっていう欲望のあり方が、面白いというかわからないですよね。普通にエロ本見てムラムラしてるような中学生だったら、小学生じゃなくてボディコンの女子大生のお姉さんステキ!ってならないですか(←時代が透けて見える)。その部分は常識的に年下に行っちゃうんだ。

シブメグ「要するに、自分が手篭めにできる相手ってことですよ。嫌がらない、強く言えば自由にできる相手」

――うわー、リアルな話だなあ。ファンタジーもくそもない。小学校5年の女の子はどういうつもりでヤッてるんでしょうかねえ。妊娠しちゃうという心配はしないのかな。

シブメグ「彼に嫌われちゃうって、それだけですよ。生理もきてるっていうんで『もし妊娠したらどうするの?』って聞いたら、まず“外に出したから大丈夫”って。あと、“家に帰ってすぐにシャワーで流したから妊娠はしない”」

――……。コーラで洗えば大丈夫って都市伝説と同じじゃないっすか! そのレベルで大丈夫って安心しちゃうんだ。マジメな話になっちゃいますけど、今マンガでもティーンズラブとかって凄い過激じゃないですか。あれ見ると、面白いんだけどちょっと怖いとも思うんですよ。私、自分が好きだからってのもあるけど「エロマンガは子供に悪影響与えるから有害図書にしろ」とはそんなに思わないんですよ。エロくたっていいじゃんて思う。でもティーンズラブって“愛があればヤッていい。性病上等、むしろ中出しもOK!”みたいな感じがあるでしょ。間違った恋愛至上主義みたいな。

シブメグ「そう。そうなんですよ! あと、携帯小説ね。もう、完全に携帯小説の世界に憧れてるの。すごいなって思ったのは中学2年生の女の子の相談で、幼なじみの高校生の彼氏がいると。で、中学2年になって告白されて付き合いだしたんだけど、キスしたり体を触ったりはない。これって愛がないんでしょうか?」

――うわ。むしろ愛があるからでは。

シブメグ「ほんとにそういう感じなんですよ。『好きなら押し倒してでもするでしょ?』って。過激な恋愛漫画の世界ですよね」


『Deep Love―アユの物語 完全版 』

著者:Yoshi
ISBN-10:4883810089
発売:2002年12月
出版社:スターツ出版

↑マエストロが唯一読んだことのある携帯小説『Deep Love』。寂しい援交少女が不治の病の男の子を好きになって、治療費のためにガンガン援交して、エイズになって死んじゃう話(確か)。続編では友達がフィリピンに売られたり、不治の病の子がホストになったり、犬が喋りだしたりしてなんか凄かった気がします。愛があればなんでもアリ!


――アキバ系の男子は電車男とか言ってるのに。格差だなあ。

シブメグ「あと、高校生の女の子から、同級生の彼氏が先輩に借金をしてて、そのカタに先輩に自分が輪姦されそうなんだけどどうしましょうって相談とか。『逃げなさい!』って言いますよね。そうすると、私が体を投げ出せば彼の借金はチャラになって助かるみたいなこと言うんですよ。これって愛?みたいに思ってる。一番びっくりしたのは、付き合って2年になる彼氏がいる高校生。高校生で2年も付き合ってるなんてすごいな偉いなって思って聞いてたら、最近マンネリだって話になって。その子ね、最後に『彼、死なないかなー』って言ったんですよ」

――え、なんで?

シブメグ「『だって携帯小説だと死ぬじゃん』って」

――まじっすか。ギャグじゃなくて? オナニーがどうのこうのなんて言ってる場合じゃないじゃないですか!

シブメグ「どういうものか実感としてわかってないのにセックスしちゃうんですよ。お互いをわかりあうとか、一つに溶け合って云々って話の前に、とりあえずヤレば愛し合ってる証拠になると思ってる」

――うわー。そういう話を現場で聞いてると、やっぱりオナニーのほうがいいと思いません? ねえ!(強引なもって行き方)

シブメグ「思いますよ。オナニーとかね、必要悪ってわけじゃないですけど、そういうのがあるんだから、もっとガンガン広めるべきです(笑)」

――いやあ、オナニーについてセクハラじみたインタビューをしようと思ってたのに、思いがけずショッキングな話を聞いてしまいましたね……。

シブメグ「昔はオナニーの相談をしてくる女の子、部屋で座ってるとついつい股間に手が伸びちゃって……どうすればいいの、みたいな相談もよくあったんだけど、最近はすごく減ったって。古くからいる相談員の人はみんなそう言いますね。そんな可愛い相談はない」

――ヤバイじゃん、オナニー! ヤッちゃったとか、彼氏死なねえかなとか聞くと、オナニーなんて超かわいい。スイーツ(笑)ですよ。あ、シブメグちゃんておいくつなんでしたっけ。

シブメグ「36歳。バンドブームをくぐりぬけた元バンギャ(バンドギャル)です(笑)」

ああ、なるほどとなんとなく納得のマエストロ。
バンギャルの流れでサブカルに行って、現在はエロ畑にもちらほらって流れですね。ああ、なんかすごくいい人を引き当てた気がする! 
私のナンパの目もなかなか捨てたもんじゃないなと自画自賛しながら、次回に続きます。 

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.12.18更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |