本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑エログッズ会社から帰る電車の中で、人目もはばからず貰ってきたパンフレットを熟読するマエストロ。ビッグなアワビの写真に「ベッドで食べよう」とのキャッチコピーが秀逸です。か、かっこよすぎる……! ちなみに裏面はまったく逆のイメージで、萌え絵によるオナホールのPR。やはりA○B48をパクッたものが人気のようです。ああ、これだからエログッズはやめられん。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
ある日のこと。
私、オナニーマエストロこと遠藤は、普段ほとんど使ったことのない東武伊勢崎線に揺られ、煎餅で有名な埼玉県の某都市に向かっておりました。
あー、都心から一時間近くも離れると景色ものどか。癒されるわ〜。
ミスひきこもりの呼び声も高い私が、平日の昼間から一体どこへ遠出しているのかといいますと、なんと! エログッズ会社なのであります。
しかもバイブ買いにいくとかじゃなくて、取材。そう、お仕事。
十数年前は、ローター一つ買うにもいっぱいいっぱいだった私が、憧れのエログッズ会社に堂々と行けるようになるなんて(そのうえギャラまで貰える!)。
えーと、こういうの、なんて言うんだったっけ。

「自慰は身を助く」?
「自慰こそものの上手なれ」?

いずれにしても、この状況は「オナニストとして登りつめた」と言っていいんじゃないでしょうか。
ニートからオナニストに転職してはや数年。お母さん、私もこんなに立派になりました……。
ああ、いけない。なんだか涙が……オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
いやあ、しかしなんなの、この状況!
実を言うと、最近こういうオナニーマエストロとしてのオファーが結構あるんですよね。
まあ、自分で言うのもなんですけど、以前やってた『ぶらりエログッズの旅』から数えるとこの連載ももう200回超え。徹子の部屋や笑点にはかなわないものの、ちょっとしたご長寿連載です。
さらに、編集部Iさんから「エログッズについて書いてください」と言われて適当につけた“オナニーマエストロ”って名前も、ここに来て徐々に定着してきた感があります。
知らない人に紹介されるときなんて
「あ、こちらオナニーマエストロの遠藤さんです」
って普通に言われますからね。
もう、いっそのこと名刺の肩書“オナニーマエストロ”にしちゃおうかしら。むははははは。

というわけで、今回は近況報告も兼ねて、遠藤のオナニーマエストロとしての活躍っぷりをご紹介したいと思います! 


●某月某日。
若手ドキュメンタリー作家・ササタニーチェ氏のDVDマガジンで取材を受ける。

前にもちょっと書いたんですが、秘宝館のドキュメンタリー『昭和聖地巡礼〜秘宝館の胎内〜』を撮ったササタニーチェさんが、バイブについてのドキュメントを撮るということで、例によって電マのよさについてまくしたててきました(バイブのドキュメントなのに……)。


↑こちらは我が家にある『メイコグ第2号 蝋塊独歩 ROKAI DOPPO』。20分ほどのドキュメントDVDに雑誌がついているという、ちょっと変わったつくりのDVDマガジンです。エロ本にDVDの付録がついてるのとは逆ですね。


ササタニーチェ氏は、WEBスナイパーを見て連絡くださったとのこと。アカデミックで真面目な内容のドキュメンタリーなのに、こんなフザけたコラムですみません。
でも、テンパりつつもわりと真面目に喋った記憶が。



↑予告編はこちら。遠藤は予告編には出てないですが、たぶん最初に出てくる「オナニスト」っていうのが私のことなので、本編には出てるんじゃないかと。うーむ、まさかここへきてアイデンティティが“オナニスト”で固まるとは思いもしませんでした。


あと「顔出しNGで」とお願いしたら、ものすごい勢いで顔にモザイクをかけてくださって(ササタニーチェさんはとても真面目な人です)ちょっと面白いことになっております(笑)。バイブを作ってる人の話なんかも聞けて面白いと思うので、よかったら観てくださいまし。5月25日発売だそうなので、興味のある方は是非。

●某月某日。
WEBスナイパーで連載していた『監禁志願アリス』を読んで連絡をくれたスイス人のドキュメンタリー監督に「監禁」について取材を受ける。

しかし、監禁についてはド素人の私(オナニーについてはプロはだしだけど!)。
結局、たいした話もできないまま中華料理をおごってもらって帰ってきました。国際的食い逃げ……すみません。
日本のエロやサブカルチャーについての作品を撮ると言ってらっしゃいましたが、きっと地震で滞っちゃってるんだろうなあ。いつか再開することを願っております。小籠包おいしかったです……。

●某月某日。
元AV女優ライターの峰なゆかちゃんに取材を受ける。

なゆかちゃんが東スポに連載中の“エロの人”を紹介するコラムでオナニーの達人としてまたもやまくしたててきました。
まず秋葉原のオモチャ屋でエログッズについてウンチクを垂れ(でもやっぱり電マのことしか言ってなかった気がする……)、カラオケボックスにてビールを飲みつつオナニーマエストロの半生を語り(バイブを片手に写真を撮られたりした)、そして最後には時間が余ったので2人カラオケ。
なゆかちゃんのロリ声ラップに、四十路女は骨抜き状態でありました。ああ、こんな取材だったら金払ってでもやりたい……毎月やりたい……。
5月の日曜日、4週にわたって掲載されていた模様。彼女のインタビューはたいへんおもしろいので読みたかったんですが、ついつい買いにいくのを忘れていて未読です(いや、あの、引きこもりだからさ……)。
見かけたという方、どんな感じだったかご一報くださると嬉しいです。


『美しすぎるレズビアン マ○コがマ○コに恋をする理由(ワケ)』

監督:二村ヒトシ
品番:MIRD-087
発売:2011年5月1日
メーカー:ムーディーズ

↑そんな峰なゆかちゃんが、ムーディーズの10周年記念作品で一本だけのAV復帰。西野翔ちゃんとのレズ作品です。改めて見るとドキドキするぜ……おっぱい……。


●某月某日
『BUBKA』(コアマガジン)の取材で、埼玉県のエログッズ会社へ。

これだけエログッズ三昧の毎日を送っているのにもかかわらず、これまではずっと“使う人”だったマエストロが遂に“取材する人”に。
いやあ、一度エログッズ作る側の話が聞いてみたかったんですよね。むふふふふ、VIVA、職権乱用!!
しかし、バイブの話を聞きに行ってみたら開発者の方は基本的に男性(まあ、だいたいのところはそうなんでしょうね)。しかも皆さん妙齢のイケメン。
逆に「遠藤さんはどんなバイブがお好きなんですか」「気づいたことがあったら聞かせてください!」と聞かれ、またもやいい気になって「バイブはクリバイブを充実させるべき」とか「すべての女は電マ好きなんですよ!」とかまくしたてて帰ってきました。


『K-ドル K-POPアイドル』

ASIN:dasd112
標準価格:4200円(税込)
メーカー:トイズハート

↑ちなみに伺った会社の方々は、オナホールについて熱く語ってくださいました。売れ筋はこんなのとか。MADE IN KOREAだからKA○Aオナホ。K−POPな素材……。エログッズのキャッチを考える人は本当に天才だと思う今日この頃。


それにしても面白かったです、エログッズ会社。
なんといっても、作る側の人がわたくしごときの要望を真面目に聞いてくれる喜び! ほんとにオナニスト冥利に尽きる。ああ、オナニー連載しててよかった……。

そして、なんと!
取材後、エログッズ会社の方から「電マ好きでしたら是非使ってみてください」と新製品が。


トイズハートさんの新作電マ“ヴァルキリー”。やだー、かわいー。フェアリーミニくらいの大きさです。


うう、遂に私もここまで来たか。
仕事で編集部からAVサンプルを送ってもらえるようになったときも「こんな公私混同してていいの?」と思ったけど、今やエログッズまで送ってもらえちゃうんですよ。うわー、タダでオナニーできるじゃん。これを登りつめたと言わずしてなんと言おう。

ちなみにこの新作電マ、早速使ってみましたよ。
貰ったから言うわけじゃなく、たいへんイイ具合でありました。私にはマルちゃんがいるのでそうそう浮気はできないんですが、なんつーかこう、妹がいたらプレゼントしてあげたい感じ。
何がいいのかといいますと、まず見た目がカワイイ。そんでもって、コードが長い。これけっこう重要!
うちの狭い6畳間だったら、部屋の端から端まで伸ばせるくらいの長さです。テレビの前でAV観ながらオナニーする場合、わざわざタコ足配線のコンセントからゲームの電源抜いて使わなくても、部屋の隅のコンセントを使えるんですよ。


↑コードの長さは約2・5メートル。これだけあればイキそうなときにいきなり抜けることもなさそうです。


あと、フェアリーと同じく無段階調節になってるんですけど、マックスにするとかなりな振動。そしてそのわりに音が静か。



↑これくらいの音ならボロアパートでも安心。


いやー、いいもの貰っちゃった!(そそくさと押し入れのマイ電マ箱にしまいこむマエストロ)
また新しい電マできたらよろしくお願いしますね。うふふふふ。

むー。こうやって見るとけっこう役得というか、面白い思いをさせてもらってるなあ。これは本当に“オナニーマエストロ”って肩書の名刺作ったほうがいいかも。いや、他の人に美味しいところを取られないように“オナニーマエストロ”で商標登録しとくべきかも。ああ、悩ましい……。 

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
11.06.04更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |