本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑DJをしながら満面の笑みでピンクレディーを踊る独身男女2人。四十路はやっぱりピンクレディーよね!!(実は、こないだ国際フォーラムであったピンクレディ復活コンサートも行った)一応Youtube見て振付を予習していったんですが、いざとなったら全然身体がついていきませんでした。次回はもっと完璧に仕上げたいところです(年寄りの冷や水とか言うな)。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
週末は、久々にDJイベントなるものに参加してきました。
何週間か前に、インターネットを始めて最初に仲良くなった友人が亡くなったことを書いたんですが、四十九日に合わせてその追悼というかお別れ会的なイベントをやったのです。
みんなの母親的存在だった故人を偲んで大勢の人が集まり、『千の風になって』を合唱しながらしめやかに思い出話を……

などど思ったら大間違い!

場所はゴールデン街。「DJする人はコスプレ必須」ってことで、フロアにはフーターズギャル(夫婦おそろい。ステキ!)や、スク水緊縛熟女や、頭にオナホールつけた人や、食人族みたいな人や、ボンテージガスマスクや、ふんどし姿や、全裸に象さんパンツや、尼さんや、女子高生熟女がひしめきあい、あやまんJAPANに合わせて「おっぱい! おっぱい!」と大ハッスル。なんだこの空間……デパートメントHか(いや、むしろ肌色率の高さはデパートメントH以上かも)。


↑もうすぐ一児の父になる食人族(?)とパチリ。酔った三十路と酔った四十路。


まさに「同じアホなら踊らにゃ損」状態。イエー!!
普段は使わない筋肉使ったせいか1週間くらいぼろぼろでしたが、こういう筋肉痛ならむしろ清々しいかも。
1日で男の乳首3年分くらい見ちゃったぜ。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
↑そしてなぜか刺身ショーまであるという不思議。シド・ビシャスみたいなお姉さんが鯛のおかしらつきをさばいてくれて、刺身で食べました。えーと、DJってこういう感じだっけ……。


しかし、みんなが飲んで騒いで笑って、たいへんいいイベントでありました。故人はにぎやかなのが好きだったから、きっと喜んでるはず。
まあ、1つ気になることがあるとすれば、実の弟さんも来てくれてたってこと。正味な話、踊りながら涙ぐむ緊縛スク水熟女を見てどう思ったんでしょうか……。ははは。
 

とまあ、そんなこんなで今週はなかなかご多忙だったわたくしですが、本業(?)であるオナニーだけはしっかりやっておりますよ。

前回注文して届いた、こちらの“Dr.VIBE”。


↑キャッチフレーズは「医学博士お墨付き! 長年の研究の成果!」。いやはや、見事に私の権威主義をくすぐってくれます。


「性医学博士ご推薦」「オルガズムを忘れた女性のために開発」といった謳い文句が踊るパッケージの中身は、開けてみるといたってシンプル。ムーミンに出てくるニョロニョロに似た白い物体がゴロンと一つ入っているだけ。
よくあるバイブのようにカリ首のところにパールも入ってないし、2カ所責め用のクリバイブもついておりません。しかも試しにスイッチを入れてみたところ、振動はかなり弱め。バイブというよりはローターに近い、軽〜いバイブレーション。
というのもですね。通販サイトの紹介文やパッケージの文をよく読んでみると、このバイブのキモは、振動じゃなく形と素材らしいんですよ。
医学博士の長年の研究によると、どうもイケない女性に必要なのは「膣への密着感」と「快感ポイントを逃さない形」そして「痛くない」という3項目のよう。

ええ、マエストロだって女のはしくれですから、それはよーくわかります。3つともとっても重要なことですよね。
デカすぎたり素材が硬かったりすると痛くてイクどころじゃないし、すぐ抜けちゃうような形や大きさだと楽しめない。もちろん形だって重要です。ただの棒でいいんだったら、キュウリでも突っ込んどきゃいいんですからね。


↑大きさはマンガ本と比べてこれくらい(長さ125ミリ、一番太いところの直径が43ミリほど)。


でも、正直こんなシンプルなつくりでほんとにイケるのかというと、若干不安。どうせならもうちょっとガッツリ振動してくれてもいいんだけど。うーむ。
ま、四の五の言っていてもしょうがありません。「案ずるより挿れるが易し」。とにかくヤッてみますか。
カーテン締めて(一階に住む者のエチケットですね)、オカズの丸見え洋ピンを流しながらいざ挿入。よいしょっと!

おお、「痛くない」を前面に押し出してるだけあって、さすがにスムーズイン。太さはけっこうあるものの(マエストロは2サイズあるうちの太いほうを使用)、なんの障害もなくスルッと入ってしまいました。
これはもしかして、ボディ部分に使われてるという“エラストマー素材”の効果でありましょうか。聞いたことないけど、なんかすっごいハイテクな感じ!
(ちなみにネットで検索したところによると、エラストマーというのは「ゴム状の弾力性を有する工業用材料の総称」のことらしいです。え、それって結局ゴムのことなんじゃ……いや、ごめん、なんでもないです……)

まあ、私は熟女だから若干アソコがゆるめだったりもするんでしょうが、それにしても挿れやすいのは確か。そして一旦入れたらそのまま歩けちゃうくらい抜けにくいんです。
これはつまり、バイブがマンコの中と同じような形をしてるってことですよね。
この“Dr.VIBE”にはローター機能のないただのハリガタタイプのものもあるということなので、試しにしばらくそのままにして、挿入感を味わってみました。うまくいけば挿れてるだけでもイケるかも……。

(AV横目に乳首などいじりながら、数分経過)

うーむ、やっぱりダメか。乳首オナニーは気持ちいいけど、下半身はピクリともきません。
なんつーか、気持ちよくなるどころか抜群の密着感が仇になって、逆に挿入してることを忘れちゃうんですよ。
こりゃ、電気の力を借りなくちゃ無理そうです。ってなことで、おもむろにスイッチオン。


↑スイッチはバイブの底のところについてて、一回押すごとに振動パターンが切り替わるというつくり。グッドデザイン賞をさしあげたいくらいすっきりシンプルです。


ウィ〜ン……(蚊の泣くようなささやかなバイブ音)。

あーーー。さっき試しに動かしたときも思ったけど、やっぱり振動弱めだよなあ。こう言っちゃなんだが携帯のバイブのほうがまだ強いくらい。「痛い」って言われないようにあえて振動は弱くしてるんでしょうか。
音が小さいのは嬉しいけど、振動も小さいとなると電マの刺激に慣れきったマエストロのマンコにはちょっと役不足であります。気持ちいいっていうより、ただただくすぐったいだけ……。なんで? ガバマンだから!?。・゚・(ノД‘)・゚・。

いや、待てよ。そういえば振動は7パターンあるんだっけ。それだけあればどれか1つくらいピンとくるのがあるかも。
そう思って他の振動パターンを試してみたものの、結局どれもいまひとつ物足りない。
うー、じゃあ最後の手段だ。アルカリ電池に変えてみよう(注・国産のバイブやローターはだいたい電池が付属しておりますが、これをそのまま使うのは素人。ちょいお高めのアルカリ電池に変えると結構パワーがアップするのです)。
電池BOXの蓋を開けて……よいしょっと。あー、ダメだっ! これボタン電池じゃん!

くうっ、どうやってもこれ以上パワーアップはできないってことか。

うー、なんだか腹が立ってきた。だいたい、バイブのくせにこの中途半端な振動はなんなのだ!
まあ、クリトリスを刺激するローターなら、これくらいの振動でもアリかもしれません。でも、膣内なんてのは基本的に鈍感なもの。もっとしびれるくらいにガンガンやんないとダメなんですよ。「痛くない」のためにせっかくの快感を犠牲にするなんて本末転倒。ああ、これだから医学博士ってやつは……ぶつぶつ。

でも、このままイケずに引き下がるのもなんか負けた気がして悔しいんだよな。っていうか、せっかくタダでエログッズ貰ったのにもったいない。
ということで、一計を案じたマエストロ。やはりこの方にご登場いただくことにしました。


↑毎度おなじみわたくしのソウルメイト・電マのマルちゃん!!


いつものようにマルちゃんの刺激でイク寸前ギリギリまでもっていき、最後の締めを“Dr.VIBE”にさせようという作戦です。かなりの反則技ですが、これでも一応“コイツ”を活用したってことにはなるでしょう。
ああ、マルちゃん。いつなんどきも頼りになるあたしのかわいこちゃん……よろしくお願いね。
“Dr.VIBE”を挿入したまま土手にマルちゃんをグッと押し当て約30秒(もちろん振動はマックス!)。アッという間に絶頂寸前です。イキそうになったら、そのほんのちょっと手前で今度は“Dr.VIBE”にマルちゃんを押しつける。
さっきのうすら弱い振動とは別物の、力強いバイブレーションが伝わって……来る……来る来る来る来る……

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

マ、マルちゃん……ナイスサポート……!(うっとり)


うーむ、こうして使うとかなりイイ。痛さがまったくないまま、激しい振動だけが中に伝わって、まさに美味しいとこ取り!
激しい膣内刺激を求めて、フェアリーポケットミニを突っ込んだりしたこともあったマエストロですが、それよりこっちのほうが断然ハートとマンコに優しい気がします。
いやあ、このカタチに電マ並みの振動が加われば言うことナシなんだがだなあ。
あ、そうだ。この“Dr.VIBE”を電マアタッチメントにしてみたらどうかしら。超グッドアイデア!
うう、しまった。電マ離れしようと思って貰ったバイブなのに、逆に電マ愛を増幅させることに……。

でも、とりあえず、このバイブはうちの可愛い電マちゃんたちと一緒に押し入れの中にキープしとくことにしました。今は電マに夢中なマエストロですが(こりゃもうどうにもならない。諦めました)、あと10年オナニー修行を積んで、五十路になったときにもう一度使ったらヒイヒイ言ってイキまくるかもしれないですしね。
性医学博士との決着は、そのときだな。うん。 

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
11.06.25更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |