女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
『吉田沙保里―119連勝の方程式 』

著者:布施鋼治
ISBN-13:978-4103080619
発売:2008年7月31日
出版社:新潮社

↑ああ、どうしよう。吉田沙保里が好きすぎる……!「どこがいいのかよくわからない」という方は、Youtubeで「吉田沙保里 ALSOK」と検索すると、私の気持ちがわかっていただけると思います。なんでアスリートってこんなに面白いんだろう。あと関係ないけど、大相撲観てたら琴欧州(ブルガリア出身)の化粧まわしがまんまブルガリアヨーグルトでたいへんグッときました。

あー、さむいさむい。どうしてこんなに寒いのだ!! こう寒くちゃ仕事もできん!
あまりの寒さに嫌気がさして、衝動的に実家に帰ってきてしまったマエストロ。でも、よく考えたら実家(長野)のほうがさらに寒いんだった!(そしてなんの因果か今年一番の雪……)
というわけで、昨日は仮病を使ってずっとコタツに入っていたわけなんですが、ぼんやりテレビのCMを観ていたら、あることに気がついてしまいました。
私、どうもアスリートが好きみたい……。
正直、スポーツ自体には全然興味ないんですが、CMにアスリートが出てくると目が離せなくなってしまうオナニーマエストロ遠藤です。
 | 
あ、でもイチローとか三浦和良とかああいう半分タレントみたいなアスリートはダメ。「超すごい世界的な記録出しててテレビやCMにもよく出るけど、やっぱりタレントにはなれないよね〜」っていう感じの人達がたまらなくイイんですよ。まあ、ぶっちゃけて言うとオリンピック系、もっとはっきり言うと吉田沙保里なんですけど。


↑目からビーム出したり、分裂したり、さすがアスリート!! 電車に乗ってるときに車内テレビでこのCMが流れると「みんな携帯なんかいじってないで沙保里を見なさいよ!」と叫びたくなります。


あの人間離れした肩幅、言われたらどんなことでも生真面目にやる姿勢……ああ素晴らしい!
辛いときでも“安心戦隊ALSOK”のCMを観ると生きる勇気がビンビンわいてきます。よーし、明日も頑張ろう!(コタツで丸くなりながら)

ちなみに今日もYoutubeに貼りついて延々アスリートCMを観てたんですが、背後から音もなく近づいてきた老母に「んもー、そんなもんばっかり観てて大丈夫なの? エッチな仕事しなくていいの?」と言われてしまいました。
母ちゃん、ごめんね。何から何まで、いやほんと……。


http://www.youtube.com/watch?v=WHZuiDLE_xQ
↑アスリートCMではこれもすごい好き


ああ、室伏の尋常じゃない首の太さよ、そして椅子バウアー……。いつまででも観ていたいところではありますが、実の母親にまでエロ仕事をせっつかれたのでそろそろ本題に入りたいと思います(泣)。

前回、若いリア充女子オナニスト達の出現により、自分の立場を考え直さねばと思い立ったマエストロ。
いくら頭の中が中2だとはいえ、もう四十路です。一生第一線のオナニストでいるためには、電マ&洋ピン一本槍じゃあダメなのではないか。20年という経験に甘えず、謙虚な気持ちでお若い子たちのオナニーから学ばねばいけないのではないか……そう考えて、リア充女子おすすめのエログッズを購入してみることにしたわけです。
早くも届いたそのエログッズがこちら。


↑ちなみにお値段は右のイタリアンスティック7が720円、左のローター(和盆リズム)も720円。早い。そして安い。吉野家の牛丼のようなグッズたちでございます。


お値段1万円のスウェーデン製おしゃれローターだと買うか買わないか三日三晩考えたりしなきゃならないけど、これなら気軽に買えますな。10個勝っても7200円。100個買っても72000円、素晴らしい!
パッケージはかなり簡易的になってますが(和盆リズムのほうはHPに「簡易包装ですみません」て書いてあった)、どうせ捨てちゃうことを思えばそのほうがかえって都合がいいってもんです。あんまり「絶頂クリトリス!」とか「めくるめく快感!」とか書かれると、そのままごみ箱に捨てるのもためらわれますからね。

よし、どんなもんか早速試してみますか。
どっちからにしようかなー。てーんーのーかーみーさーまーのーいーうーとーおーり!
はい決定。まずは“和盆リズム”から。
これは、アリスJAPANの専属女優にして激オナニストの瀬名一花ちゃんおすすめの一品。
なんでも「クリがもってかれるような感じ!」なんだそうですよ。なんだか期待が高まります。



↑小ぢんまりしたシンプルなパッケージ。パッと見はコードがあって電池式で動く普通のローターです。

↑付属電池は謎のスリーセブン。マエストロはオナニーにはもちのいいアルカリ電池かエネループを使うのがポリシーなんですが、なんだか縁起がよさそうだ!


取り出すと、こんな感じ。


↑段々でイボイボですね。

↑後ろを見ると、ローターにイボイボのついた柔らかいエラストマー樹脂をかぶせてある。簡単なつくり。


うーん、マエストロはイボイボとか触手って、振動が吸収されちゃう気がしてあんまり好きじゃないんですけどぉ……。
い、いやいかん! 最初から否定する気分でいたらイケるものもイケなくなってしまう。
なんといっても今回は「謙虚に若いもんの話を聞く」というのが最大のテーマ。心を開いていかなくては。オープンマインド、オープンマインド!
えー、それでですね。言い忘れてたんですけど、実はこの“和盆リズム”ってローターはエラストマー樹脂部分の形状によって種類が3つあるんですよ。その名も“小豆レッド”“抹茶グリーン”“墨汁ブラック”! おお、なんか戦隊っぽくてかっこいいぞ。


↑色がわかりづらいですけど、左から抹茶、小豆、墨汁だそうです。


瀬名さんは複数試したらしいんですが、マエストロは吟味した挙げ句“小豆レッド”を一個だけ購入することにしました(ケチですまん)。
HPの紹介文によると「抹茶がスタンダード、小豆が敏感なクリ、墨汁が鈍感なクリ」らしいので、まあ日々電マで鍛えてるマエストロまんこには小豆じゃないと歯が立たんだろうと。あと、なんつってもさっきも言ったように“アンチイボイボ派”ですからね。できるなら一番イボ度が低いやつのがいいだろうと思ったわけです。

さて、ちょっと眺めただけでもわかるように、至ってシンプルなつくりの“和盆リズム”。こうなってくると、キモはなんといってもローターの振動がどれくらい強いのかって部分になりそうです。
コンドームをしてても頑張って腰を動かせばイケるように、振動さえ強ければ上にイボイボ樹脂がかぶさっていてもちゃんと気持ちよくなれるはず。うん、そうに違いない。
というわけで、使ってみる前にちょっとチェックをば。


↑無段階コントローラーなので、振動を細かく操作できます(まあ、私は何使うにしても最初から振動マックスですけどね。むはははは!)。


お、これはなかなかじゃないですか!?
柔らかいエラストマー樹脂がかぶさっていても、けっこうな跳ねっぷりをみせています。

ああ、良かった〜。
実を言うと、思っていたのより振動が弱くて気持ちよくなれなかったらどうしようって心配だったんですよ。もし「所詮、過去の遺物にゃ今どきのローターはわかんないんだよ!」とか「対象年齢30歳以下ですから」とか言われたら。ああ、考えるだけで背筋がゾッとする!(自分で言い出したくせに、いざとなるとヘタレなのはいつものことです)
それにやっぱり、他の人がイケてるのに自分がイケないっていうのは単純に悔しいじゃないですか。
でも、イキのいい跳ねっぷりを見てたら勇気百倍、俄然やる気がわいてきました。
ではちょっくらおばちゃんのベテランクリトリスで官能のリズムを奏でちゃいましょうかね。
「基本的にローター&電マはパンツを穿いたまま使う」というのがマエストロの流儀(なぜならオナニーした後に洗わなくてすむから)。今回も一応パンツの上から当ててはみたんですが、さすがにイボありだとそれはキツいようなので、潔くパンツを脱ぎ棄てて直当てでいくことにしましたよ。よいしょっと。
ああ、尻が寒い……ちぎれそう……。

なんてボヤきつつも、股間の感覚を研ぎ澄ましてしっかり吟味します。
うーん、感触としては悪くない。素材は柔らかいんだけど振動は十分にあるから、もどかしくてイライラするなんてことはなさそう。まあ、普段使ってる電マ(マルちゃん)に比べたら負けるけど、直当てするにはちょうどいいくらいの強さと言っていいでしょう。あまりグッと押しつけすぎるとせっかくの振動がエラストマー樹脂に吸収されてしまうので、吸盤みたいに少しへこんでる亀頭部分で、クリトリスを優しく包むみたいにするとイイみたい。
電マだと慣れてるせいもあってかほんとに30秒くらいでイッてしまうわたくしですが、和盆リズムの場合は少しずつ高まってくる感じ。吸盤を上下左右に動かして、イキやすいツボを探っていきます。えーと、このへんかしら……あれ、もっと右かな?

うーん、なんかこういう作業久しぶりかも。オナニーに耽りだした頃(20年前)を思い出すなあ……。

あの頃は、スカパーのエロチャンネルを見ながら明け方まで何時間もオナニーしてた。電マなんてないから指や200円の棒ローターを遣って、イケるまでしつこくクリトリスをこすり続けていたものでした。
オナニーに耽っている間に空がどんどん白んでいくむなしさと心地よい疲れ。睡眠時間を削ってヤリ続けても、学校も仕事もないから誰にも文句を言われないあのノーフューチャー感。懐かしいような切ないような。
こうして真っ昼間から好きな道具を使って堂々とオナニーできるなんて、思えば遠くへきたもんです。
ああ、ヤバい……なんか目頭が熱くなってきた……。ローターってオナニストを初心に返すのかしら。
「いや、ただの更年期でしょ」という声を華麗に無視しつつ、次回に続きます。

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.01.28更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |