ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.

↑ちんこと桜がまとめて鑑賞できるという素晴らしい祭り、それが“かなまら祭り”。
赤いノボリに描かれたちんこが清々しいですね。日本は平和です……。


赤裸々自慰行為宣言
遠藤遊佐のオナニー平和主義!

第18回 マエストロ、ちんこ祭りに行く(前編)

文=
遠藤遊佐


あるのどかな春の日。
突然気づいてしまいました。どう考えても最近のマエストロはついてない……っていうかむしろ呪われているのではないか……。
というのも2週間程前、急にひどい口唇ヘルペスになり、きんどーちゃんもかくやというほどに唇が腫れあがっちゃいまして。
「大口開けて飯が食えないようでは生きている意味がねえよ」と鬱々としていたところ、たたみかけるように前回から1ヶ月もたたないのにカンジダ再発。う、うあぁぁぁぁ! 
なんなのだ、これは。粘膜が弱いことはわかってたけど、なにもこんなに一気にこなくったっていいじゃあないの。これじゃ唯一のストレス発散であるオナニーもできやしない! 。・゚・(ノД`)・゚・。
いや、よく考えたらストレス発散どころじゃありません。オナニーはもはや私のアイデンティティ。このままオナニーできない状態が続くようでは当コラムの存続さえ危ぶまれます。うーん、やばい。どうにかしないとおまんまの食いあげですよ……。なんとかしなくては。



前回に戻る 目次に戻る
 | 

そんな悩めるマエストロの元に、先日、ある友人からこんなお誘いがきたのであります。

「遠藤さん、かなまら祭りに行かない?」

皆さん、ご存じでしょうか。“かなまら祭り”、別名“ちんこ祭り”を。
その始まりは遠く江戸時代。川崎宿の飯盛女達が性病除けの願掛けを行った「地べた祭」に端を発し、今でも川崎の金山神社で毎年4月の第一日曜日に行われているお祭りなんでございます。
おお、性病除け! ヘルペス&カンジダに悩む今の私にぴったりじゃないですか! イクイク〜! もちろん片道4時間の高速バスに乗って駆け付けますよ。なんならついでに商売繁盛と縁結びと、あとついでに安産なんかもお願いしちゃいましょう。ひゃひゃひゃ。

というわけで、今回の“オナニー平和主義”は番外編として「マエストロ、かなまら祭りに行く」をお送りしたいと思う次第です。
かなまら祭りの由来や詳しい内容については、毎度おなじみWikipedeiaさんを参照していただくとして、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%BE%E3%82%89%E7%A5%AD 
このお祭りを一言で言うなれば、要は“ちんこ祭り”。いろんな由緒ある謂れがあったりもするようなんですけども、まあとりあえずは“ちんこに始まり、ちんこに終わる”。そんな感じの雁高な祭典です。

今年の祭りは4月5日の日曜日。後で聞いたところによると、この日某国は日本に向けてミサイルを発射したりしていたらしいですが、金山神社周辺はそんな一大事もどこ吹く風……。
マエストロが、お神輿が出る正午近くを狙って川崎大師駅前に降り立つと、ああっ、見物客の人ごみの中になにやらピンクの物体が。



↑小走りに回りこんでみると……。



↑これでもかというほどにチンコ。お母さん、日本は平和です。


いやあ、初っ端からこれを目撃できるとは幸先いいですよ。心なしか股間の痒みも和らいだ気が。
こちらは3基出る神輿のうちでも、もっとも腰砕け度の高い“エリザベス神輿”。ピンクのチンコの猛々しさも素晴らしいですが、なんといっても担ぎ手に注目!
屈強な女装のお姉さま方(ピンクハウス率高し…)が、

「かーなーまーらぁ!! でっかいまーらぁ!!」

という掛け声をかけながら楽しそうに商店街を練り歩く姿を見ていると、マンコが痒いくらいどうってことない気分になってきますね。



↑婆さんも子供も嬉しそうに見物。ウィアー・ザ・ワールド。


なんでもこのピンクマラ神輿、かの有名な女装クラブ「エリザベス会館」から寄贈されたものだそう。
他の神輿も御神体であるオチンポ様をかたどったものなんですが、やっぱりインパクトはこれが一番。見物客の皆さんもこぞって写真を撮ってらっしゃいました。



↑こんな方も。踊るチンポに観るチンポ♪ってことなんでしょうか。なんでもアリだ。


あ、そういえば見物客といえば、なぜかやたらに外人度が高いのもかなまら祭りの特徴だったりします。Wikipedeiaによると、日本国外では「歌麿フェスティバル」あるいは「Iron Penis Festival」として知られているんだとか……。
是非是非、間違った日本観を持って帰っていただきたいところであります。



↑人種のるつぼ。



↑イケメンさんたちを激写。



↑パパと一緒に来ていたロシア幼女。トラウマにならなければいいが。



↑そして今回のバカ外人大賞はこちらの美女2人。入口のところに座って、境内で売られているチンコ飴をエロい仕草でずっとペロペロ舐め続けておりました。
コンビニに買い出しに行って1時間くらいして帰ってきてもまだ舐めてたよ……。な、なんとゆうホスピタリティ! やっぱり毎日肉食ってる人達は違うなあ。


そんなこんなで、まだ神社に到着しないうちからすっかりちんこを堪能してしまったマエストロ。ああ、この調子で境内に足を踏み入れたら一体どんなことになっちゃうのかしら……。三十路のハートはちょうドキドキ。テンションあがってきましたよ。
さて、そろそろちんこ祭りの本拠地を散策といきますか。友人から遅刻するという連絡が入ったので、まだまだ盛り上がるちんこ神輿を後に独り境内へ。

……と思ったんですが。

なんじゃこりゃー!! ありえないほどの混雑っぷりじゃあないですか!
みんなそんなにちんこが好きなの? いや、俺が言うのもなんだけど。
すごい人ごみで、あちらこちらに露店が出てるっぽい気配はするんだけど写真もロクに撮れない状態。
えー。ネットで紹介されてた“大根削り”(有志が大根をちんこまんこの形に削るイベント)やちんこの形の御神体が観たいのにー。ちんこ飴も買いたいのにー。
甘かった……完全にちんこを舐めてました(注・フェラチオのことじゃありません)。
うう、これじゃ身動きもとれないですよ(泣)。

「あれー、遠藤さん?!」

――あれ、三十路ボディにセーラー服がよく似合うそのお姿は……。ドルリヘコせんせい?! うわ〜、久しぶり!

ドル先生はエロエロなふたなり漫画を描いてらっしゃるザ・18禁ガールにして無類のちんこ好き。かなまら祭りには毎年のように足を運んでいるという、ちんこ猛者なのであります。



↑このようなデカマラ少女のたくさん出てくるマンガを描いてます。遠藤も日々お世話になっております。


「来てたんだー。この混雑じゃ身動きとれないでしょ。あっちで友達と御座敷いて宴会してるから、よかったら合流しませんか。」

――い、いいんですか。地獄に仏、いやチンコ祭りに仏とはこのことなり! 
あ、でも実は遠藤、コラム用に写真撮ったりしなきゃならないんですよね……。

「私、まだ境内が空いてた時にけっこう撮ったから、それ使えばいいじゃないですか。ビールもありますよ!」

な、なんていい人!!。・゚・(ノД`)・゚・。
というわけで、あまりの混雑ぶりにすっかりやる気をなくしたマエストロは早くもちんこ戦線からドロップアウト。ビールの誘惑に負けて、ドルリヘコ先生御一行様の宴会にちょいと混ぜていただくことにしてしちゃいました。すみません……俺っていつもこうだよね……(´・ω・‘)。
しかしまあ、ちょっとビールで喉を潤してから突撃するのもアリか。ちんこは逃げやしませんて。
というわけで、ずうずうしくも初対面のエロマンガ家さんや近所に住むコスプレ人妻さん(ドル先生のかなまら仲間らしい……)の輪に入れていただいてビールをごきゅごきゅのプハー!!

ああ、やばい。なんかこのまま酔っ払ってもいいような気がしてきた……。が、がんばれ遠藤!
泥酔して境内で寝てしまわないことを願いつつ、次回に続きます。



↑今回一番アートだと思った絵。巨根侍の困り切ったような表情がイイですね。


(続く)

前回に戻る 最初から読む 目次に戻る

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(c) 花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。

遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

 | 
09.04.11更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義