女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by "maestro"Endo Yusa.
↑酒の力を借りて懸命に歌うマエストロ。熟女の冷や水!!


いやぁ~、ヤバい。緊張した~。
「何が?」ですって!? やだなあ、もう。もちろん先日開催された"スナイパーナイト"のことですよ。
こう見えて、人一倍アガり症でビビリなマエストロ。「遠藤もなんかやりなよ。一応執筆者なんだから」なんて言われて安請け合いしたものの、その日が近づくにつれて気分はどんより、どんどん心が重くなる一方。
ドラクエ7(3DS)と電マオナニーを心の共に平和に暮らしてたはずの中年女が、なんで四谷のライブハウスでカラオケを??? この世に生れて42年、バンド活動なんて一切やったことないのに......。この年になると、歌詞覚えるのだって容易じゃありません。ああ、バカバカ! 俺のバカ!!

自分のお調子者っぷりを恨みつつも、最後に頼るのは結局酒。胃の具合が悪いのにもかかわらず、緊張を打ち消そうとしこたまビールを飲んでしまいました。
翌日からの苦しみ(胃痛+二日酔いのダブルパンチ)は推して知るべし。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
でもまあ、私はともかくイベント自体は非常にバラエティに富んでいて面白かったんじゃないでしょうか。大好きなゴールドマン先生×真咲南朋嬢の淫語劇はナマで観れたし、肌色も多めでしたし。勇気を出して来てくれた方々は得したと思いますよ。まじでまじで!

で、私はといいますと、あれ以来、羞恥と胃痛の悪化とでしばらく家に引きこもって鬱を決め込んでいたのですが、そろそろそんなことも言ってられない状況になってきました。というのも、全オナニスト女子待望の"iroha"が遂に発売されましたから。
"iroha"の出現は女子オナニー界にとっては大事件。これは実際に使ってみて、レポートしなくちゃ始まらない。寝てる場合じゃありません。
思えば、TENGAについて嬉々として語る殿方を横目で見ながら、TENGAから女性用グッズが発売される日を何年も何年も心待ちにしていた私。発売日前からネットで仕入れた事前情報をもとに、いろいろと妄想を膨らませておりました
(詳しくはこちらのコラムをどうぞ)。

今までにない触り心地がウリのローターらしいけど、どんな触感なんだろう。
どのサイト見てもオシャレだって書いてあるけど、使用感はどうなの?
振動の強さは電マ派の私にも満足できるものなのかしら。

そんな感じで身悶えしていたんですが、いやあ、神様っているもんですね。なんとあるスジから"iroha"を入手することに成功してしまったのです。
じゃじゃーん、こちらが送られてきたブツであります。


↑見てください、この高級感溢れるパッケージ! 何を隠そう、これが届く日は家から一歩も出かけずにソワソワしながら待ってましたからね。同封されてた左側のパンフもオシャレ~。


一番気になってた"YUKIDARUMA(雪だるま)"をゲット。
うわー、しっかしオシャレだわ。中身が何かわかってても、開封するときは正直胸がときめいちゃう。
解説しますと、スマートな四角いパッケージの中に白い箱とグレーの箱が重ねて入っていて、


↑アクセサリーのケースのようです。ああ、アップル信者はマック製品の箱を開けるとき、こんな気持ちになるのかしら。


灰色の箱を開けると中には透明ケースに入った"雪だるま"が、もう一方の白い箱を開けると充電のためのアダプターが入っています。


↑右が雪だるま、左がアダプター。


"iroha"は充電式なのがウリの一つ。透明ケースの台座部分が充電器になっていて、この上に置くことで充電できるようになってるんですね。


↑おお、なんかきれいだ。


携帯を充電するようにいつもコンセントにつなぎっぱなしにしておけば、使わないときはそこにおいておくだけで充電できると。ふむふむ、毎日使いたいって人にとっては、これはなかなか便利ですな。
あと、夜中にムラムラきたときに電池がない......なんていう悲しい思いをしなくてすむのが充電式のいいところ。


↑そういえば「オシャレだからこのまま部屋にも飾っておける!」みたいな話をどこかで見たので、試しにやってみました。さて、雪だるまはどこにあるでしょう?(けっこう紛れるもんだなあ......)


うーん、こうしてひととおり開封の儀式をしてみると、感想としてはやっぱり「オシャレ」の一言。普段ハプバーのおまけで貰ったローターを愛用してる私からすると段違いの高級感です。
パッケージのこだわりなんかも海外製のお高いエログッズにひけをとりません。

しかしオナニー歴20年の私から言わせると、本当に重要なのはルックスよりも機能。いくら見てくれが美しくても、気持ちよくなかったら意味がないわけです。
というわけで、本番はここから。いよいよローターとしての実力を試してみるときがきたのですが。

......うわー、なんか妙に緊張するわー。ゆ、指が震える......!!

えー、以前にも書いたように、私、オナニストとしてTENGAの女性向けグッズに対してはちょっと気持ち悪いほどの期待を抱いてきました。なので"iroha"がポピュラーなローターだとわかったときには正直なところちょっと拍子抜けしたのも事実。
なぜかというと、ローターって振動でクリトリスを刺激するってだけのものだから、振動が強いか弱いかくらいしかバリエーションの付けようがないんです。
マエストロのように普段からエログッズを使ってオナニーしてると、ローターであるってだけでだいたいどんな感じか想像がついてしまうわけです。

ああ、あんなに思い焦がれたTENGAの女性向けグッズが、思ったほど気持ちよくなかったらどうしよう。好きだからこそ不安になってしまう揺れる乙女心......。
しかし、ここまで来て引き返すわけにはいきません。
意を決して説明書にある操作方法を確認し、スイッチを入れてみると......。


↑まあるい雪だるまの裏面はこのようになっております。操作はこの2つのスイッチのみで行ない、プラスを押すとスイッチが入り、マイナスを押すと切れるという簡単なつくり(全てのirohaで共通です)。プラスを長押しすることによって振動が4段階に変化し、マイナスを長押しすると前の振動パターンに戻ります。


......お、悪くないじゃないですか。
普段から電マをMAXの強さで使っているマエストロからすると「キタキタキター!!」ってほどのパワーとは言えないものの、細かくて質のいい振動が指先に伝わってきます。
スイッチを入れてすぐの振動は弱めだけれど、+ボタンを長押しして振動を強めていくと徐々に程良い感じに。




↑前評判通り、音もかなり静か。ちなみに4段階の振動というのは「弱→中→強→リズム」。欲張って振動パターンを多くしすぎると操作がしづらくなるので、このシンプルさは嬉しいかぎり。


そして特筆すべきは、なんといっても握ったときの触感でしょう。
事前に「これまでのローターよりも数段柔らかい」って情報を耳にして期待してたんですが、これは確かに柔らかい。
といっても、TENGA EGGのようなプヨプヨした感触じゃなく、握ると指が沈むか沈まないかというくらいの柔らかさ。手に馴染む感じ、とでもいいましょうか。
表面もマットで、ピンクローターのような冷たい固さのないのが思いのほか好印象。
海外モノのローターならこれくらいの音の静かさとデザインの良さを兼ね備えたものもありそうだけど、この触感は初。いかにも気持ちよさそうです。

いつもはローターも電マも"パンツの上から当てる派"の私ですが、これは直当てで味わわなけりゃ嘘でしょう!
まあ、こんなオシャレで愛らしいローターを私なんぞの局部に当てるなんて若干申し訳ない気もするけど、説明書に「水洗いできる」って書いてあったから大丈夫よね......。

マエストロのマンコとTENGAの女性向けグッズ。何年も恋焦がれてきた相手との対面が今ここに! よおぉぉし、行きまっせえ!!!

Iさん「あのー、遠藤さん。お取り込み中すみませんけど、ちょっといいですか」

――あ、編集部のIさん。今いいところなのに! どうしたんですか?

Iさん「遠藤さん、ずっとTENGAの女性向けグッズのことばっかり言ってましたよね。(株)TENGAさんに取材申し込みしたら、お話聞かせてもらえることになりました」

――え、まじっすか! 

思えば、初めてTENGAの存在を知ってから早数年。そのイメージと響きが持つ"オナニー界の貴公子感"に憧れを募らせていたマエストロ。
「チンコはないけどTENGAを使ってみたい!」と切望するあまり、男友達に頼んで代わりに試してみてもらったり(今考えると意味がわからない)、わざわざ長野からTENGAのイベントのために上京したり、TENGA EGGを裏返してオナニーしてみたり、いろんな悪あがきをしてきました。そういやTENGAの社員がマスターベータソンで優勝したってニュースを聞いて、半ば本気で出場を考えたりしたこともあったっけ......(※注・マスターベータソンというのは世界規模のオナニーオリンピックです......)。
そんな私が、いよいよTENGA本家と接触できるとは。

ふふふ、これはチャンスですよ。"iroha"への思いを全部ぶつけてやる。
身近なオナニスト女子にも密かにリサーチを重ねて、やる気満々のマエストロ。憧れのTENGAとのご対面に武者震いしながら、次回へ続きます。

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
13.04.13更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |