ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

↑私の中でヤンエグといえば今でもこの人、宅麻伸。もはや全然ヤングじゃないんですけど、いまだに『課長・島耕作』のイメージが頭から離れません。警察署長やパイロットのコスプレもやたら似あうんだよなあ……(注・コスプレじゃなくて役柄です!)。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
最近、ショックだったこと。
年下(20代)の友人と話していたときに、褒め言葉のつもりで「おお、ヤンエグって感じだね!」と言ったら、きょとんとした顔で「……それ何?」と言われてしまいました。
えー、まじっすか!“ヤンエグ”って死語なの?っていうか、20代の人って“ヤンエグ”知らないの?!
ああ、ジェネレーションギャップ……。
生まれた時は1ドル=360円でした。1971年生まれのオナニー・マエストロ遠藤です……。
 | 
――ほんとに知らないの? “ヤンエグ”って略語なんだけど。

「えーと、“ヤングエッグ”とか?」

――違う! なんですか、その謎の青年誌みたいなのは。

「あ、じゃあアレでしょ、携帯の……」

――それは“ワンセグ”です! 。・゚・(ノД`)・゚・。

(ちなみに正解は“ヤングエグゼクティブ”。即答できたキミは30代!)
ここだけの話、オイルショック時には母さんとトイレットペーパーを買い溜めしに行った記憶もあります。ああ、昭和は遠くなりにけり……。

さて、そんな宅麻伸ばりのヤンエグ達が高級ホテルで女子大生にフェラチオだけさせて帰ってきてたようなバブル全盛期。
古本屋で買ったエロ本と深夜放送だけが友達の美しい青春期を過ごしていたマエストロも、年号が昭和から平成に変わるのと同時になんとか東京の大学にすべりこみ、一人暮らしを始めたのです。
おわかりかと思いますが、ここからの数年間は私にとってまさにパラダイスでありました。

深夜までテレビ番組をやってて、夜更かしし放題! 仕送りでエロ本買い放題! 家には自分一人きりだから、通販で裏ビデオだって買えちゃいます。VIVA一人暮らし!!
寝過して入学式をずる休みしたのを皮切りに、私のモラトリアムなオナニー生活が始まりました。
毎日昼近くに起き、『暴れん坊将軍』の再放送を観ては松平健の和服姿にぽわーん。
学校に行こうか迷いつつ『笑っていいとも』を観て二度寝。
夕方になってようやく本格的に目覚めて、レンタルビデオ屋に行ったり、コンビニで立ち読みしたり、エロマンガ読みながらちょっとマンコをいじってみたり……。



『吉宗評判記 暴れん坊将軍 第一部 傑作選(1)』


監督:荒井岱志
ASIN: B000FVGPT4
定価:5250円(税込)
発売:2006年10月21日
販売元:東映ビデオ

↑しまいにゃ『暴れん坊将軍』の、吉宗が白馬に乗って走ってくるオープニングが目ざまし代わりになっていました。この頃にはもう和服萌えの性癖が根付いていたようです。


大学では一応演劇とか映像とかのごった煮サークルに入ってみたのですが、毎日顔を出さなくてはいけないことがわかり、一学期で辞めてしまいました。バイトもいよいよ食いつめたら日雇いのチラシ配りに出かける程度で、もうほんとに清々しいほどに何もない大学生活。ああ、こうやって改めて思い出してみると、本当にダメ人間以外の何物でもなかったなあ。よくクラスの真面目な友達に「今日こそは家から出なきゃ!」って説教されたもんです。
しかし不思議なのは、こんな状況にもかかわらず私自身は何の危機感もなかったということ。
たぶん、まだバブルの余波が残っていたせいでしょうね。うん、そうに決まってる!

そして、そんなぼんやりしたぬるま湯生活の中で、マエストロを現在のようなオナニストへと変えたある出来事が起こりました。

えー、ひょんなことから、いわゆる初体験というのをしたんですね。ほほほ。

「なんで、セックスしたことでオナニーの回数が増えるのか?」と疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。
詳しく説明するとですね、実はそんなオナニーやり放題の状況に置かれながら、その頃の私はまだ「イク」という感覚を知らなかったのです。
それはなぜかというと、女子の最大の性感帯である“クリトリス”の存在がよくわかっていなかったから。今から考えると「この情報過多の時代にそんなことも知らないなんて、とんだカマトトちゃん!」と思うんですが、当時はまだインターネットも普及してない時代。エロ本や官能小説でも「ここにあるこの突起をしつこく弄り続けるとイク」という事実を、はっきりと教えてくれているものはそうなかったんですよね。
しかし、実際にセックスを体験してみると、そういうことって否が応にもわかるじゃないですか。

その時の相手は彼氏というわけじゃなく、正直酔った勢いのことだったりもしたので、私の初体験の感想は、
「これでオナニーの幅が広がる! ○○さん、グッジョブ!」
というものでした。はあ、身も蓋もない。

余談ですけど、たまに飲み会の席なんかで“童貞・処女喪失話”になると、けっこう言葉に詰まってしまう私。それが何歳の時のことだったか、はっきり思い出せないんですよね……。初めてオナニーでイッた時のことは、使ってたオカズが何だったかまでくっきり覚えてるにもかかわらず。
いかにオナニーのほうに心を奪われていたかが、うかがい知れるというものです。

そんなこんなで遅ればせながら「イク」感覚を知り、それからはそりゃもう猿のようにオナニー三昧の毎日。楽しいの楽しくないのって! 「私は今まで何をしていたの?」と本気で思いました。ロック少年が初めてギターを弾けるようになった時って、きっとこんな感じなんじゃないかしら。
今まで10年以上も溜めこんできたモノが一気に噴き出したかのように、朝に昼に夜にオナニーばかり。この頃になると妄想をオカズにすることはほとんどなくなり、今と同じように通販で買った丸見え洋ピンが中心になっていました。やっぱり一日に何回もオナらなきゃいけないとなると、刺激が強いほうがいいんですよね。

以前このコラムでも書いたように、ダイヤルQ2にハマッて月に8万の電話料金を払ったりしていたのもこの頃……。だから今、逆にお金貰ってオナニーしてるという状況について考えると、幸せのあまり目眩がします。

そんなことをしている間に、やがて大学生活も終わりに近づき、マエストロも幸せなモラトリアム生活から足を洗わなくてはいけないことに。
しかし、私が自分のマンコとばかり向き合っている間にも世の中は着々と変わっていたらしく、バブルはとっくにはじけて就職氷河期というものに突入していました。

一応、就職活動らしきものはしてみたのですが、つぶしがきかないので有名な学校だったうえに「何がなんでも!」という意欲がなかったせいか、ことごとく不採用。(しかも20社くらい受けて全部面接で落とされた……よっぽど第一印象が悪いんだろうなあ。これは今でも軽くトラウマです。)
仕方なく少し前から知り合いのツテでバイトを始めていた編集プロダクションにそのまま残り、フリーターで食いつなぐことにしたのですが、思えばここでモラトリアムを脱出できなかったのが、私の人生の大きな敗因でした。

給料は安いけど、そこそこラクで楽しい職場。周りに同年代の若い子たちがいなかったので、世の生々しい恋愛事情を知ることもなく、家に帰ればこれまでと同じようにオナニーし放題。結局、殿方と付き合う機会も、これからの人生に向けて手に職をつけることもなく、4年間をその編集プロダクションで過ごすことになったのです。
その4年で成長した部分といえば、日々の鍛練とバイブの導入によって“中イキ”を体得したことくらいでしょうか。




↑これまでも何回かご紹介した、マエストロ御用達の“中イキ用バイブ”。実はこれに辿りつくまでにも幾多の試行錯誤がありました。だから「登り棒でイッちゃった〜」とか言ってる奴らが憎いんですよ! こちとら20年越しの一大事業だよ!


まあ正直、自分でもよくこんなに何もない青春を過ごせたもんだと思うんですよ。しかも、そんな状況なのに危機感がないっていうんだから恐ろしい。『モテキ』でも『ボーイズ・オン・ザ・ラン』でも、ダメな主人公は悶々とオナニーする中でちゃんと成長していくっていうのに。
でも逆に考えると、私はオナニーという趣味があったからこそ、何もなくてもそこそこ楽しく過ごせたんじゃないかって気もするんですよね(←出た、根拠なき自己肯定!)。



『ボーイズ・オン・ザ・ラン 1 』(ビッグコミックス)

著者:花沢健吾
ISBN-10:4091873057
発売:2005年11月30日
出版社:小学館

↑ マンガだと、主人公はちゃんと一念発起してモラトリアム脱出するんですけどねえ。ちなみに来年公開予定の映画版『ボーイズ・オン・ザ・ラン』は、主役が銀杏BOYZの峯田さんで、監督がポツドールの三浦大輔らしいです。こ、濃いなあ……。


そんな感じで東京でぼんやりとオナニーに明け暮れること8年間。花も恥じらう26歳の乙女となったマエストロは、これまたぼんやりと実家に戻ることにしたのです。

(続く)


遠藤遊佐(C)花津ハナヨ (c) 花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。

遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

 | 
09.10.17更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |