女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
『世界一のチ●ポで白目むくまでガン突きFUCK!!! 鷹宮りょう』

シリーズ:世界一のチ●ポ
品番:YSN159
発売:2009年8月5日
メーカー:NON

↑今年もっともショックを受けたAVシリーズの一つです。よよよ、40センチて……。最初観たとき「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉が頭に浮かびました。こんなものを股間にぶら下げていたら歩けたもんじゃないと思うんですが、どうなんでしょうか。
ちなみにこの男優、名前はウェル・スミスさんとおっしゃるそうです(当たり前ですが、ウィル・スミスじゃありません)。


この間ゲイの友人が「今日電車の中で“ぶらさげ度”がすっごく高い男子を見たわ!」と興奮していたので、

「え、ぶらさげ度って何……?」

と聞いてみたところ、

「イチモツの大きそうな度合いを表わす言葉よ」

と言っていました。
ちなみに実際の大きさではなく、あくまで“大きそうな感じ”を表わす単位なんだとか。うーむ、わびさびを感じる良い言葉なので今度から率先して使うとしよう。皆さんもこぞって使うといいですよ。
吉田栄作なんかは、なかなか“ぶらさげ度”が高そうだと思うオナニーマエストロ遠藤です。
 | 
さてさて、最近はそんな感じで、テレビを見ていても街を歩いていても男性の股間が気になって仕方がない私。
ここだけの話、ジーンズの股間をイイ具合にもっこりさせた殿方を見ると「ああ、この膨らみの下には、じったさんや銀次さんのような立派なイチモツが眠っているに違いない……」とか思ってしまうんですよね。はああぁぁぁ……。
男優チンポの面影に深く溜息をつきながら、前回からの続きです。

胸の高鳴りをおちつけようとグビグビチューハイをあおっていると(※酒の入らないマエストロはバンビのように小心者)、Iさんがミスター男根こと佐川銀次さんを伴って帰ってきました。

――あ、ど、どうも初めまして。遠藤と申します!

銀次さん「こんにちわ、佐川です。……でも初めてじゃないですよね?」

えー! いや、確かに初対面じゃないんですけど、まさか覚えていてくださったとは……。
実を言うと、マエストロと銀次さんは数年前に一度だけ顔を合わせたことがあるんですよ。その時私はまだAVライターの仕事も始めておらず、地方在住のいちAVファンだったんですけど、ちょっとした御縁があって知り合いのライターさんが主催した『女もAVが見たい!』というイベントに出させてもらったのです。で、その同じイベントに銀次さんもゲストで出てらしたんですね。
いやあ、でも数年前に一回きりですよ。てっきり忘れてるものと思って黙ってたのに。さすが男優、女のプロですな!!

銀次さん「そりゃ覚えてますよ。あの時すっごい酔っ払ってましたよねー。僕の膝の上に乗って写真撮ったじゃないですか」

――そんなに酔ってました……? き、記憶が……。(←何年経っても進歩なし)


↑証拠写真。まさか数年後、チン型を取らせてもらうことになろうとは思ってもみませんでした……。


銀次さん「素人さんでAVファンで、わざわざ遠くから来てたっていうんで印象に残ってたんですよ。いやあ遠藤さん、昔よりお化粧濃くなりましたね!」

――ああ、ほんとに何から何まですみません……(泣)。

というわけで、数年前の自分に若干がっかりしながらも、銀次さんの記憶の良さに緊張のほぐれたマエストロ。まずはホテルの一室でエロ対談です。薄暗い部屋の片隅に置かれたテーブル、その横には意味深なベッド、そして隣には百戦錬磨の男優さんが。いやーん、なんか素人熟女面接みたいー!!(※この模様は年末年始の動画コンテンツになる模様です。Iさんぬかりなし!)
私は銀次さんのブログ「銀風呂」を愛読しているので、おおむねこういういじられキャラなんだろうなと思ってたんですけど、実際に話してみるとすごくエロに対して真面目な方でした。なんか一人でチンコチンコ騒いじゃって申し訳なかったです。

そして一時間ほどチンコやマンコやウンコの話をした後、満を持して型取り開始。
Iさん、二度目だからって気を抜いちゃダメですよ。頑張って型取り職人の意地を見せつけてやりましょうっ!

Iさん「いつの間に僕まで職人になったんですか……。二回目なんですからもう手順はわかってますよね。遠藤さんもちゃんと手伝ってくださいよ」

――はーい。えーと、じゃあまず銀次さんには服を脱いでいただいて……。

とお願いするまでもなく、パッパと全裸になる銀次さん。お、パンツはカルバンクラインですね! さすが地底紳士、下半身もダンディですな゚・*:.。..。.:*・゜
などと言っているのもつかの間。
ふと股間に目をやった途端、わたくしの視線はその部分に釘付けに……。



……ま、松茸!!!!!


『マツタケの丸かじり』 (文春文庫)

著者:東海林さだお
ISBN:4-16-717746-3
定価:490円
発売:2001年1月
出版社:文芸春秋

↑あのショックを表現できる松茸画像を探してみたのですが思うものが見つからなかったので、こちらでご勘弁を。色といいカタチといいまさにこんな感じでした。

38年生きてきて初めて「チンコと松茸は酷似している」という事実を肌で感じました。すげえ! スゲエ! スススススゲエ! ゲエ! ゲエ!(←興奮のあまりラップ)
何がビックリって、まだ勃起してないんですよ。萎えてる状態なのに松茸なんですよ……。
そう、銀次さんのソレはいわゆるズルムケチンコ。しかも亀さんの部分が人並み外れてデカいのです!

実はこの“型取りミッション”が終了してから何人かの知り合いにこのときの自慢をしたんですが、最も多かったのは男性からの「銀次さんの凄かったでしょ」という声でした。
なんというか、銀次さんのチンポって異様に男ウケがいいんですよね。女性がジュンとくるのはもちろんでしょうが、それ以上に男が憧れる形をしているみたいなんです。
確かになあ。この見た目のインパクトはすごいもんなあ。

Iさん「遠藤さん、ボーッとしてないでほら、準備準備」

あ、そうでした。なんといっても勝負は4分間。Iさんはもう型取り液作りに取り掛かろうとしています。ぼんやり松茸狩りしてる場合じゃありませんよね。
えーと、まずは容器代わりのパッケージをチンコの長さに切るんだっけ。銀次さんもじったさん同様サクサク勃起してくださったので(プロフェッショナル……!)、そのまま長さを確認させてもらいます。


↑AVの中でしか観たことのなかったナマ松茸を前に、満面の笑みを浮かべるマエストロ。何がそんなに嬉しいのやら。ああ恥ずかしい……。


へへへ、すみません。ちょいと失礼しますよっと。


↑超真剣にチンコをつかむマエストロ。この色気のかけらもない指先を見よ!(オナニー用に切りそろえている加藤鷹ばりの深爪が泣かせます)


ああっ、ヤバい! このパッケージだと太さが微妙……。竿の部分は大丈夫なんだけど、もしかしたら亀さんがつっかえてしまうかも。
でも、そんなことは言ってられません。もう型取りパウダーの封は切られ、混ぜられてしまっているのです。
ええい、いざとなったら力ずくで突っ込むまでよ!(←ひどい)

Iさん「よしっ、できましたよ。いいですか、いきますよっ!」

――銀次さん、お、お願いしますっ!!

銀次さん「はいはい」


↑……ズッポリ。


ああっ、地底紳士ともあろうお方がそんなあられもない格好で……ほんとにすみません!
でもこの前屈ポーズじゃないと容器から型取り液がこぼれちゃうんですよね。男優さんのようにメンタルが強い人ならノー問題ですが、「周りの人(彼女とか)にこんな恥ずかしいポーズ見られたらボク萎えちゃう!」というようなセンシティブな方は、この行程は一人でトイレにでも隠れてこっそりやったほうがいいかもしれません。


↑チン型取りながらにこやかに一服中の銀次さん。(胸元のピップが眩しい!)このふてぶてしいまでの余裕はたぶん男優クオリティなので、よいこはマネしないでくださいね。ああ、そして俺ったらまた股間をガン見!。・゚・(ノД`)・゚・。


そして待つことおよそ2分。純国産ナマ松茸を抜いた後に残ったチン型がこちら。


↑ちょっと左に寄っちゃってますが、なかなかの出来栄えです。細部までクッキリ☆


――おお、Iさん、見てくださいよ。このリアルな型! ここんとこなんか血管までしっかり取れてますよ〜! うふふふふふ。

Iさん「遠藤さん、嬉しい気持ちはわかりますけど、そんなにニヤニヤしなくても……すぐそこに本物があるっていうのに」

――いや、そういうもんじゃないんです。それとこれとは違うんですよ!

銀次さん「変わってますねえ。なんなら本物も使ってみる?(笑)」

――いやいやいやいや、滅相もない。それじゃ本末転倒じゃないですか。本物なんて邪道(?)ですよ! 実際にズリネタにお会いして、フェロモンを体感して、そして後から超リアルなハリガタでヴァーチャルなオナニーをするっていうのがイイんです。

Iさん「そういうもんですかねえ」

ああ、どうしてわかってくれないの。あたいのロマンを!! 
でも、このリアルな出来栄えはマジで大満足です。あとは家に帰ってこの型で夢のチンポを作るだけ。ふふふ……うふふふふふ……。


(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
09.12.05更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |