ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
↑家の玄関を出たかと思うともうそこはジャングル。ヤブ蚊だのハチだのクワガタだのがひしめいている遠藤家。ああ、田舎の夏の風景ですね……。虫が怖いマエストロは、毎日ビクビクしながら暮らしております(油断してると上からセミが落ちてくる!)。さて、ここで問題。写真の木にはセミがとまっているのですが、いったいどこにいるのでしょうか。わかった人にはなんかいいものをさしあげます。観終わったAV とか(そればっかり……)。

先日、見かけない番号から携帯に電話がかかってきたので「お、ついに『anan』からオナニー特集のコメント依頼が来たか!」と思って出てみたら、まったく知らない殿方でした。

「……あのう、◯◯さん(遠藤の本名)ですか。あなた独身ですよね?」

――はぁ、そうですけども。

「僕、××っていうんですけど、今度お食事でも行きませんか」

――……へ?

「あのー、よかったら結婚を前提にお付き合いを……」

――……しません。

なんだなんだ、四十路を前にして今さらモテキ到来!?
でもさすがに顔も知らない人と結婚すんのはムリだよ……。
農村部の嫁不足を身を持って感じた夏の夕暮れ。みなさんお元気ですか。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
よくよく聞いたら私の幼なじみから電話番号を聞いたらしいんですけど、いやあ、さすがにちょっとびっくりしたなあ。
友人に話したところ、「あ、そういうの2ちゃんねるの“農家の暗部”スレで見たことある!」と言われたので、早速見てみました。
それによると、嫁不足の田舎では独身女は結婚式なんかでしっかりチェックされていて、後でいきなり電話がかかってきたりするんだそうですよ。あと、のこのこ出向くと軟禁されたりすることもあるんだとか。
うわ、私ったら軟禁の危機だったの?(2ちゃんねるがそう言ってるんだから多分ほんとです!)

今、田舎の結婚事情ってそこまで切羽詰ってるんですねえ。とりあえずマンコさえついてれば、あとは応相談でいけるってことか。怖いような、ちょっと嬉しいような……うーん。


とまあ、それはさておき。
私、先週末ちょっといいところに行ってきたんですよね。
あまりの暑さで性欲も低下気味なので、夏休み自由研究・オナニーパンツ編は一回お休みにして、今回は番外編ってことでお送りしたいと思います。

マエストロが行ってきたいいところ、それは……ピンク映画上映会。
え、ついこないだ「ヌケないしヨイヨイのじいさんしかいない!」って文句言ってたばかりじゃないかって?
……いや、まあそうなんですけど、今度はちょっと違うんですよ。
あのときのコラムでも触れたように、ピンク映画館“上野オークラ”がこのたびリニューアルすることになりまして、オープン記念で「ピンク映画館へ行こう!」というイベントが催されたんですね。
これがなんと、ピンク映画上映会にもかかわらず女性限定、しかも2本で500円という破格の料金(いつもは1600円とか)。さらには倖田李梨・翔田千里・友田真希という、AVでもバリバリ活躍してる美熟女ピンク女優3人のトークショー付きという、これでもかってほどの大盤ぶるまい。
いやあ、チンコついてなくてよかったわ〜。こりゃ観に行かなきゃ嘘でしょう!


↑こちらが8月4日にオープンした“上野オークラ劇場新館”。できたばかりのとってもキレイな映画館なのですが、いまいちそれが伝わらないのは、この日の前日に私の携帯カメラが壊れたせいであります。急にピントが合わなくなっちゃったの……ぐっすん。ちゃんとデジカメを持っていくべきだったと後悔するも、後の祭り。取材ってことで、最前列で女優さんたちの写真も撮らせてもらえたのに……ああ、俺のバカ!


場所は、上野駅不忍口から徒歩3分。
ピンク映画館=中高年というイメージがしっかり刻みつけられていたため、わざわざピンク映画を観にくる女の人ってどれくらいいるのか興味津々だったんですが、会場10分前に行ってみたらけっこうな行列。しかもお若くてカワイイ子がゾロゾロいるじゃあないですか。

何これ! じゃあ、この間マエストロが観たおじいちゃん達の楽園はなんだったのっ!?

一緒に列に並んでたかわいこちゃんにリサーチしてみたら、どうもネットで知って来てみたって人が多かったみたいです。
そうかあ。みんなWEBスナイパーを見て来てくれたのね……(というのは嘘で、本当はヤフーニュースに取り上げられたせいらしい)。

劇場の中は当たり前だけど女子オンリーで満員御礼。
ロビーは明るく、プロモーション映像を流してるビジョンがあったりしてイイ感じです。劇場内に入ると、新しい映画館特有の革の椅子の香りがプーン。ああ、やっぱり女房と畳と映画館は新しいのがいいわあ。


↑イイ感じのロビー。いまいちキレイさが感じられないのは、くどいようですが私の携帯カメラが壊れていたせいです。恨むならドコモを恨め。


ちなみにトイレの中はこんな感じ。
すごい、ピンク映画館なのにちゃんと女子トイレがある!!(感涙)


<
↑しかもバリアフリーでウォシュレット付き。お尻も洗えます。いまいちゴージャスさが感じられないのは、くどいようですが私の携帯カメラが……(以下略)。


しっかり女子トイレがあることや、女子限定上映会を開催してることからもわかるように、上野オークラさんは女子にも積極的にピンク映画を観て欲しいと考えてる模様。
今回の上映作品も、たぶんそんな観点からセレクトしたんじゃないでしょうか。かなり面白かったです。エロエロっていうより、クスクス、じんわり。

1本目に上映されたのは『もどりびと』。
ドジな天使がオナニーに夢中になっていたせいで間違って死ぬハメになったアラフォー妻が、同時期に死んだカワイイ女子校生の体を借りて復活。頭の固い夫に事情をわかってもらおうと、女子校生の彼氏の助けを借りて奮闘するというコメディタッチの作品であります。
これがねえ、もうなんとも言えずイイんですよ。
エロくてカワイイ天使、熟女が可憐な女子校生に乗り移った面白さ、そしてなんといっても、どこにでもいそうな熟年夫婦のロマンと絆!
女子校生の姿をした妻と冴えない中年の夫が、公園で昔デートで観た映画について話すシーンなんて、おばちゃん号泣ですよ。ピンク映画なのに。隣の美女も泣いてたよ……。


↑手前にいるのがヒロインの稲見亜矢ちゃんで、奥にいるのが夫役の役者さん。いいシーンなんすよ、ほんと。


エロのほうも、思わずバリアフリートイレに駆け込みたくなるような激しい濡れ場はなかったけど、映画館いっぱいの妙齢女子が雁首揃えてセックスシーンを見てるんだと思うと、妙な興奮がありましたね。
それまで笑い声あげたりしてたのに、濡れ場になるとちょっと空気が固まってシーンとなるんですよねえ。思わず唾飲みそうになるんだけど、ゴクリって音が聞こえると恥ずかしいから飲めない、みたいな。「あたし別にエロシーンなんてどうってことないんだからねっ!」みたいな。うひひひひひ(←悪趣味)。
ちなみに、劇場公開時のタイトルは『多感な制服 むっちり潤い肌』だそうです。
気になったので観てみたいという方は『もどりびと』じゃなくて『むっちり潤い肌』で調べてみてください……。

前回、別のピンク映画を観た時も思ったんだけど、シナリオタイトルと公開時のタイトルって全然違うんですよね。やっぱり配給会社としては劣情を催させるようなタイトルをつけなきゃいけないってことらしいんですが、まったく原型留めてません(笑)。
2本目に上映された『川の字』っていう作品なんて、いつまで経っても仲のいい夫婦と、その一人娘との家族愛を描いたハートフルな話なのに、劇場公開時のタイトルは『潮吹き花嫁の性白書』ですよ。


↑『潮吹き花嫁の性白書』のほうのヒロインは、人気AV女優のかすみ果穂嬢。演技派! ピンク映画ではヘアメイクは自分でやって、衣装も自前なのが普通なんだそうですよ。


ここまで違えば、むしろ清々しいってもんです。なんてったってこの作品ヒロインは、レイプされたトラウマで彼氏と手をつなぐこともできないという女の子。よって、本編には潮吹き花嫁が出てこない(というか、出てこれない……)。
代わりといってはなんですが、ヒロインのお母さん役の倖田李梨さんが頑張ってジョボジョボと潮を吹いてらっしゃいます。
え、「それじゃ『潮吹き花嫁のお母さんの性白書』じゃないか」ですって?
ま、まあ細かいことはいいじゃないですか。このざっくりした感じもまたピンク映画の魅力だったりするわけです。

1時間強のオススメ作品を2本観た後は、美熟女女優3人によるユニット“female-ing”のトークショー。


『汚された不動産レディ 翔田千里』

品番:JUKD-953
発売:2008年10月25日
メーカー:Madonna
販売元:アウトビジョン

↑すみません。一応トークショーの写真も撮ったんですけど、携帯のヤツが……(泣)。こちらが翔田千里さんで。


『性欲解放 美女愛液垂れ流し実録淫乱セックス 』

品番: KNX-02
発売:2009年3月31日
メーカー:実録出版

↑こっちが倖田李梨さんです。どっちもマブい!


「女のお客さんで満員なんてほんとに嬉しいです〜!」と満面の笑みでおっしゃってて、本当に来てよかったと思いました(家に帰って、思わず翔田千里さんのAVを再見してしまったのは秘密。すみません、実は中身はおっさんなの……)。

でも、つくづくピンク映画って面白いなあと思いました。
ドラマはもちろん、その中で描かれるセックスの力の抜けた感じも味わい深いんですよね。
AVほどエゴや欲望が幅をきかせておらず、メジャー映画ほど綺麗ごとじゃない。笑いも涙も惰性もあって、もちろんエロもある。むしろ女の人向けのメディアじゃないかって気さえします。まあ、今回はそういう作品を選んで上映してくれたっていうのもあるんでしょうけど。
興味がある方は、上野動物園でパンダ見た帰りにでも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。オススメですよ。

そうだ、“農家の暗部”もピンク映画化してくれないですかね。嫁不足で悩む田舎の中年男と、彼に見初められて軟禁される熟女のラブストーリー。ちょっと面白そうじゃないですか?
公開時にはきっと『熟女花嫁は極太大根がお好き』とかいうタイトルになるんだろうな〜。ふふふ。

(続く)

関連記事

58年の歴史に幕を閉じる「上野オークラ劇場」が新館をオープン 旧館・新館それぞれで特別イベントを開催!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.08.14更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |