ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑この原稿を書いている途中に郵便屋さんが持ってきてくれた、届きたてほやほやの丸見えDVD。ああ、仕事なんてしてる場合じゃないよ! 正直こうしている間も観たくてたまらない。電マ片手にパンツ一枚で走りださんばかりにテンションは上昇しております。で、でも我慢!(送られてきた荷物の写真を撮ってみたもののまったく秋のセンチメンタリズムが感じられないので、隣に秋の果物などを置いてみました。どうでしょうか……)

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
夜中に虫の声を聞きつつパソコンに向かっていたら、つい寂しくなって丸見えDVD(もちろん洋ピン乱交物)をポチッとやってしまいました。
ああ、秋ってセンチメンタル……(ため息)。
みなさんお元気ですか。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
レビュー用のAVでオカズには事足りるんで最近はほとんど買ってなかったんですけど、久しぶりに裏ビデオ通販サイト見たら、いやあ、すごいですねえ。
25枚で1万円って、何ですかその価格破壊! 一枚400円て! 送料無料て!!(しかも1万円以上買うとTENGAが一個もらえるというキャンペーン中。なんだその至れり尽くせり感。泣ける……)
感動のあまり思わず端から注文しそうになったけど、なんだか安すぎてエロに申し訳ないような気分になったので、グッとこらえて5枚だけにしときました。ああ、エライなあ、私。大人だなあ(もうすぐ四十です)。

さてさて、そんなわけで秋といえば性欲。性欲といえばオナニー。オナニーといえば……はい、ガールズトークですよね!(そうか?)
秋の人恋しさからか、久々に女の子とオナニー対談をしたくなった私。エロイベント会場やインターネット上で「オナニー話しましょうよ〜、ねーねー」と騒いでいたら、うふふふふ。おあつらえ向きの女子が見つかりました。
ラノベ作家の大泉りか嬢であります。
元・ピンクローターズ、現・ラノベ作家、そして第一回ヤリワングランプリ優勝者と、一つだけでもかなり濃いと思われる肩書きをいくつも持つ彼女(あと、超早口なので仲間内では「早口先輩」との異名も持っているらしい)。
うーむ、ヤリマン日本一と聞いたら、自称オナニー日本一のマエストロとしては黙っていられませんよ。
前回のドルショック竹下嬢と同じ“肉食系女子”でありながら、また違う一味違うタイプの彼女に、オナニーについてしつこく聞いてみました。


●ピンクローターズとヤリマンとラノベ作家




――りかさんとはもう何年も前から面識はあったんですけど、実はこうやってマンツーマンでゆっくり話すのは初めてなんですよね。せっかくの初トークなのにテーマはオナニーなんてすみません(笑)。
りかさんは、前回肉食系女子代表ってことで話を聞かせてもらったドルショック竹下嬢と一緒に、ヤリワングランプリ(今年ロフトプラスワンでやった“ヤリマン日本一”を決めるというイベント)に出てましたよね。あれ、私も観に行って、ちゃっかりヤリマン席に座ってくだまいてたんですけど、そのせいかなんとなくドルショック先生と似たようなイメージがあるんですよ。ヤリマンつながりっていうか。ドルさんとは、プライベートでも仲いいですよね。


↑ヤリマンをエンターテイメントに高めたという伝説のイベント“第一回ヤリワングランプリ”。酔いどれヤリマンから自称アイドルヤリマンまで勢揃いでございます。写真左が大泉りかさん、中央がドルショック竹下嬢。食ーべちゃーうぞーー!(キャー!)


りか「うん。ドルちゃんとは最初、業界のHな女の子を取材してマンガにするみたいな仕事で知り合ったんですよ。その後一緒に『暮らしのソフトSM』っていう企画をすることになったの(笑)。100円均一でSMをしようとか、そういうやつ」

――私もこのコラムで“100均でオナグッズ探そう”って企画やりましたよ。みんな考えることは同じですねえ。じゃあ彼女とは結構古い仲なんだ。りかさんは今、ライトノベルを書いてるんですよね。

りか「そう、肌色系」

――肌色系っていうんですか。初めて聞いた。

りか「ピンクまで行かないんですよ。普通のエロ小説よりソフトで、本番行為がないの。一応18禁じゃなくて中高生向けってことになってます。私の作品以外は、ラブコメとかファンタジーが多いんですよね(笑)。一番最近の著書は『セク研!』(セックス研究部のことらしい)っていうんだけど、同じ月に出た他の作品は『ラブコメ禁止ですの!』ってタイトル。かたやラブコメを禁止してるのに、こっちはセックスを研究してるっていう……」


『セク研!』(ガガガ文庫)

著者: 大泉りか
絵: 相音うしお
発売: 2010年5月18日
定価: 600円(税込)
ISBN-10: 4094512047
出版社:小学館

↑大泉りか先生の最新刊。由緒正しき女子高の秘密の花園“セックス研究部”で繰り広げられるエロコメディです。百合好きの方は是非。18禁じゃないそうなので童貞中学生もこぞって買うように(と言ってから気づいたけど、WEBスナイパーが18禁じゃあないか。しまった、こっちが18禁コラムだった……!)。


――ははは、さすがヤリワングランプリ優勝者。あのイベント、AVライターのりえ坊も出場してたよね。よく考えたら私知り合いばっかりだ。

りか「えーと、あの時は私が1位で、りえ坊が2位で、ドルちゃんが3位だったのかな」

――ヤリマンでモノ書きでちょっとHな仕事もできて……っていうのでは一緒なんだけど、その中でもりかさんてちょっと異色でしたよね。優勝してるんだけど、他の人みたいにおもしろエピソードや過激さを武器に戦ったっていうんじゃないでしょ。基本的にウンコの話とかもしないし(笑)。全体的にサブカル系の殿方を食ってる人が多い中で、りかさんの守備範囲ってわりとハイソ系じゃないですか。「ヤッてなくてSMだけなんですけど〜」みたいなことを言いつつも、よく聞くと誰でも知ってる有名どころが出てきたりとか。なんかね、女子力の高いちゃんとした(?)ヤリマンって感じなんですよ。そういう人がプラスワンのイベントに出てるのが逆に面白いなーと。

りか「そうですか? 私、元々は大学時代にバイトで縄師のミラ狂美さんのM女モデルやってたんですよ」


『蛇縛の精神拷問 死と拷問の選択 アザアス2 other us 2』

発売: 狂拷狂(ミラ狂美、柴田剛)
品番: JBD-095
発売: 2006年10月7日
メーカー:アタッカーズ

↑“緊縛の貴公子”“天才てじなわ師”の異名を持つ、次世代SM界を担うカリスマ・パフォーマー(すみません。SMに疎いのでネットで調べました……)。アタッカーズや大洋図書でAVも撮ってらっしゃるんですね。公式HPを開いたら大音量で耽美系の音楽が流れてきて、思わず「おわっ!」て言いました。「おわっ!」て。


Iさん「そうだったんですか!」(←食いつくSM誌編集者)

りか「だから、出身は『S&Mスナイパー』とかそっちのほうに近い」

――りかさんて何年生まれでしたっけ。

りか「1977年生まれの33歳。M女モデル時代は、月花さんのやってるバーにもよく出入りしてました。大学卒業してからはエロ本出版社に就職して風俗系WEBサイトの部署に回されたんですけど、風俗嬢の写真に目線かけるような事務的な仕事ばっかりだし、給料は遅配されるしでイヤになって半年で辞めちゃったんですよ。で、そこでたまたま知り合った小学館の人に嘱託で働かない?って誘われて、バイトしつつフリーライターしつつ……で、今に至るみたいな」

――ああ、現在は小学館ガガガ文庫からラノベ出してますもんね。

Iさん「ピンクローターズ(踊って脱げる伝説のエロユニット)はどういう経緯で始めたんですか」

りか「M女モデルと出版社勤めの間くらいにの時期に、知り合いに『クラブのイベントでゴーゴーガールみたいなことやってくれない』って頼まれたんですよ。その気になったんだけど、そのイベントがテクノとかであんまり好みじゃなかったんで、だったら自分たちでやれば好きなことできて面白いかなと。ロフトプラスワンで『SMディスコ』ってイベントやったりしましたね。縄コンテストとかボディペインティングとか、あとストリップできる子もいたりして」

――おお、行動派! クラブイベントってところがかっこいいよなあ。

Iさん「そういった活動を知ってたんで、執筆業のイメージがあまり湧かないんですよね」

――ラノベの前にも小説書いてましたよね。

りか「うん。一番最初は2003年に講談社から『ファック・ミー・テンダー』って本を出したんですけどあんまり売れなくて。その後、官能モノとかをちょこちょこ書いて今はライトノベル。


『ファック・ミー・テンダー』

著者: 大泉りか
発売: 2004年10月20日
定価: 1470円(税込)
ISBN-10: 4062120313
出版社:講談社

↑ヌードモデル・リカとキャバ嬢・ミキを主人公にした自伝的小説。


――ほらぁ、やっぱりなんとなくエリートっぽい(笑)。

りか「いや、でもドルのほうがエリートだよ。早稲田だし!」

――そ、そうか……。でも確かりかさんもお嬢様学校じゃなかったっけ。

りか「ヤリマンで有名な学校ですよ、『肉食系女子の恋愛学』って本出した桜木ピロコさんと一緒。彼女、先輩ですもん!」

――お嬢様大学だと思ったら、ヤリマン大学。 

りか「志木にある跡見女子大って学校なんですけど、中高はすごく頭がいいの。でも賢い子はお茶の水女子大とかいいとこ行っちゃって大学には進まないから、大学は外部生ばっかり。『志木で遠いからイヤ』とか言ってみんな逃げちゃう。跡見が母校ですって言うといろんな人に『あ、跡見の子と合コンしたことある』と『デートしたことある』って言われますよ。尻軽大学!」

――まあ、それも別の意味でエリートっていうか……。ああ、でも今話聞いてて思った。りかさんて、バブルの恩恵を受けてそうなイメージなの!(笑)

りか「ギャルっぽかったからかなあ。就職なんかは超超氷河期でしたけどね」

ギャルでSMで就職氷河期で現ラノベ作家でヤリマン。ちょっと経歴聞いただけでも思いっきり盛りだくさんなりか嬢。
オナニー一本槍のシンプルな人生を歩んできた者としては、そういうエロリア充の人のオナ話が是非聞きたいところであります。
あ、今さら聞くのも野暮だと思うんですけど、そもそもりかさんはロフトプラスワン認定の日本一のヤリマンですよね。そういう方でもオナニーはするんでしょうか。

りか「もちろんしますよ!」(キッパリ)

ああ、よかった。
というわけで、途中で号泣しながら走りだしたりすることにならないか若干心配しつつ、次回に続きます。

(続く)

『セク研!』(ガガガ文庫)

著者: 大泉りか
発売: 2010年5月18日
定価: 600円(税込)
ISBN-10: 4094512047
出版社:小学館
内容:由緒正しき女子高、聖・九宮学園高校。そこでお嬢様たちが日々、研究しているのは「おせっくす」!? エッチ&恥じらい系コメディー。

『サディスティック88』(ガガガ文庫)

著者: 大泉りか
発売: 2009年3月
定価: 620円(税込)
ISBN-10: 9784094511246
出版社:小学館
内容: 平凡な高校生・哲太のお義母さんは……女王様!? 普段は清楚な和服美人が、鞭と縄と鼻フックで豹変する! ドSの心は母心! 悪い息子にはお仕置きよ!って、どーする? 俺!!


(C)ドルショック竹下
大泉りか 1977年生まれ。東京都出身。O型。小説家。03年『ファック・ミー・テンダー』(講談社刊)でデビュー。以降、肌色ライトノベルやピンク小説を中心に活躍中。代表作に『サディスティック88』シリーズ(小学館)など。また、2010年に行なわれたヤリマン世界一決定戦『世界最強Y-1(ヤリワン)グランプリ』にて優勝。ヤリマン日本一という不名誉を持つ。
大泉りかブログ=「スパンキング☆ライフ」

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.10.09更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |