ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑数年ぶりに受けた健康診断の結果表(ちなみに前回も厄年サービスでタダだった)。正直、見てもなんのことやらさっぱりわかりません。日々のオナニー以外はほとんど運動してない四十路女って、だいたいこんなもんってことでいいんでしょうか。とりあえずメタボ検診がセーフだったことだけは、声を大にして言っておきます。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
先日、市役所から「40歳の奴はタダで健康診断してやるよ。サービスサービス!」というハガキがきたので軽い気持ちで受けに行ったら(無料大好き!)、検査結果に問題があると保健婦さんに呼び出されてしまいました。
まじですか。おばちゃんワーキングプアだから医療保険とか入ってないんですけど。
ま、まさか、ガ……ああ、恐ろしすぎてこれ以上言えない! こんなことならさっさとアフラックに電話して、景品のまねきねこダック人形とか貰っておけばよかった……。
久々に目の前が暗くなる感覚を味わったオナニーマエストロ遠藤です。
 | 
まあ、結局「γ−GTPがちょっと高めだから、お酒は控えてださいね〜」って笑顔で言われただけだったんですけどね。ほっ。
でも、実際のところ「酒を控えろ」って言われちゃうと死活問題なんだよなあ。だって飲まないと初対面の人とうまく話せないんだもん……緊張しちゃってさ……(←いかにもアル中になりそうな人の言い訳)。

というわけで前回に引き続き、ヤリマン日本一兼ラノベ作家・大泉りかさんとのオナニートーク。今回ももちろん昼から缶ビールをあおりつつお送りします。

●フェイバリットオナネタはエロラノベ

――りかさんのブログ見るとよく「オナニーした」って書いてありますけど(笑)、だいたいいつもどんなときにするの?

りか「濡れ場書いてるとムラムラしてついしちゃうんですけど、スッキリすると逆に原稿が進まなくなるっていうね……ジレンマ」

――えー、書きながらムラムラしたりするの? 私は全然しないよ。

りか「コラムだからじゃないですか。私も取材モノとか体験談とかはあんまりしないんだけど、小説はムラムラしちゃう」

――もしかして妄想女子? 普段のオナネタも妄想とか。主に何を使ってますか。

りか「元々はマンガだったんだけど、最近はですねえ、エロラノベっていうマニアックなジャンルのものがありまして。すごいですよ、これ最高ですよ(ガルシアマルケスのバッグからガサゴソと文庫本を出すりかさん。ちゃんとカバーを逆にして中身がわからないようにしているあたりが女子力です)。ちなみにタイトルは『お姉ちゃんだって痴女になれるもん!』!」


『お姉ちゃんだって痴女になれるもん!』(えすかれ美少女文庫)

著者: 古田航太
絵: 蓮見江蘭
発売: 2010年9月
定価: 700円(税込)
ISBN: 9784829659458
出版社:フランス書院

↑“天然ブラコン姉が勘違いから大胆痴女に大変身!? 初咥えから淫語フェラで見せつけごっくん! 初体験は騎乗位で檄ピストン! 可愛い弟クンを何度だって搾ってあげる☆”なんかすごい書籍紹介文なんですけど……。表紙だけ見るととてもエロ小説には見えないのもポイント。


――ははははは。フランス書院! やっぱりフランス書院となるとラノベもエロいんだ。

りか「エロいエロい。あんまりコテコテの官能だと逆にダメなんですよ。エロラノベくらいがちょうどいい。自分のラノベの参考にと思って読んでたら、おもしろくてハマッちゃった。これは私が書いてる肌色系ラノベと違って、ちゃんと本番もあるんですよ」

――エロラノベっていうのが出てきたのはわりと最近ですよね。私も『ツンマゾ!』っていうの読みましたよ。ノリはライトなんだけど、あれ、けっこうグチョグチョですよねえ。

りか「私も『ツンマゾ!』超好き! 相当オナニーしました」


『ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM 』(えすかれ美少女文庫)

著者: 葉原鉄
絵: あきら
発売: 2009年4月
定価: 680円(税込)
ISBN: 978-4-8296-5881-9
出版社:フランス書院

↑ツンデレならぬツンマゾ。ドMのお嬢様が巨根純情少年に「私を調教しなさいよっ!」とかやるわけですよ。こういうのを読むと、エロはアキバ方面から進化していくのだなあとしみじみ思います。


――縛りとか青姦とかアナルファックとか相当エグいことやってるのに、最後はちゃんと妊娠結婚してハッピーエンドなんでびっくりしちゃいましたよ。

りか「それがフランス書院のエロラノベの型なんですよ。最後は絶対ハッピーエンド。中出しして身ごもって、身ごもりファックとかしておしまい。そういうのが人気あるみたい。で、またあの作家さん(葉原鉄)のは特にエロいんだよね〜」

――じゃあ、最近はもっぱらエロラノベをご愛用、と。

りか「でも、文章読みながらオナニーってけっこうやりづらかったりもするの。指でやるときはいいんだけど、バイブとか持ってると、こう、こうする操作が難しい(ソファーの上でジェスチャーしてみせるりかさん)」

――ああぁー、わかります! 前々から思ってたんだけど、フランス書院文庫ってすごい発明じゃありません? あれって私が中学生くらいの頃に出てきてよくオナネタにしてたんだけど、エロマンガがあんなに小さいサイズになったっていうのは画期的。まさにオナニー用としか思えない。ほら、今のエロマンガって大きい版型で豪華版だから重いでしょう。こうやって片手で持ってページをめくりつつオナニーを……ってなると手がプルプル震えるの。

りか「なるほどねえ。私はね、こうやって床に本を置いて、手でページを押さえつつやるんですよ。だから本が小さいと勝手に閉じちゃってやりにくいかも。大きいほうがいい」

――人それぞれだなあ。

●オナニーはバックスタイルです

りか「よく、大きめサイズの平綴のエロマンガがあるじゃないですか。もろくて真ん中から破れそうなやつ。ああいうのがオナニーしやすい」

――ちょっと待ってください。……っていうと、こうやって(四つん這い)オナニーしてるんですか? 

りか「うーん、こうとか、あとこうとか?」

――え、寝ないんですか!? 座りオナ?(←カルチャーショック)

りか「そこまでいかなくて、リクライニングくらい……?」

――わかりました、じゃあこう座ってやるのを仮に「座オナ」としましょう。で、りかさんは……。

りか「座オナだと、オナネタをこう手で持ち上げないといけないですよね。でもリクライニングだと、横に置いてめくったりできるからラクなんですよ。あと、本格的にやるときは、こう後ろから……(バックでお尻を突き出すポーズ)」

――……。


↑フットワーク軽く実演してくれるりかさん。エロい……。ちなみにマエストロは四つん這いでオナニーしたことは生まれてこのかた一度もありません。


りか「えー、バックのほうがしやすくない?」

――AVとかではたまに見ますけど、後ろからやる必要性ってないような。はっ、まさかアメちゃん(愛犬)に後ろから舐めさせるとかじゃないですよね??
しかし、バックスタイルは衝撃だなあ。ちょっと想像しちゃいますね。

りか「うーん、詳しく言うとね、部屋にこう、布団がたたんであるんですよ。で、布団の上にオカズの本をのせて、それを見ながら前かがみになってやるのが定番」

――いきなり庶民的(笑)。で、イッた瞬間に布団にダフッと倒れこむわけだ。それはちょっと風情があってグッとくるなあ。私は意外にそういうバリエーション利かないんですよ。ベッドに仰向けになってやる派なんだけど、角度がほんのちょっと、15度とかズレるだけでも「チッ、やりづれえ!」って思う。

●週刊文春と山本直樹

エロラノベの前、もっと子供の、最初にオナニーした頃ってどんなネタ使ってた?

りか「最初はね、オナニーっていうか性器いじりですよね。もう、ほんとに子供の頃」

――初オナニーは?

りか「はっきり何歳かは覚えてないんだけど、かなり幼い頃。オナニーっていうより性器いじりですね」

――うわ、まただ。このコーナーで話聞く女子ってみんなそうなんだよなあ。

りか「お父さんが買ってた週刊文春に『淑女の雑誌から』っていうコーナーがあって、それを読んですごく興奮してましたね。家にあるエロいものがそれくらいしかなかったんで。今でもすごく覚えてるのが、小学校の2年生くらいのときに学研の学習の6月号を見てたら『今年の夏に富士山が噴火する!』っていう記事があったんですよ。『東京がマグマに包まれる!』とか書いてあって超怖くてね……」

――かわいいなあ(笑)。

りか「で、夏の間は親の田舎に帰ってたんだけど、とりあえずその間オナニー断ちをしたの。富士山が噴火しないように神様に祈ろうと思って。結局噴火しなかったから、私のオナ断ちが効いたと思いましたね。私が世界を救ったと(笑)」

――願掛けオナニーだ! ていうことは、その頃にはもうオナニーの価値がわかってたんですね。

りか「イクっていう感覚はまだなかったんだけど、罪悪感はあったんですよね。悪いことしないかわりに神様にお願いするっていう感じ」

――いけないことだと思ってたんだ。

りか「小さいときに痴漢にあったこととかもあって、なんとなくいけないことっていうのは思ってましたね」

――痴漢? ドルさんも少女のころに痴漢にあってオナニー始めたって言ってたなあ。田舎育ちのわたくしからすると、小学生が痴漢にあうって都会っぽい気がするんだけど。

りか「小学校の低学年の頃、郊外の団地に住んでたんですよ。団地って痴漢が多くてね。都会っていっても大都会じゃなくて、畑とか人の少ない淋しい場所もたくさんあるからけっこういましたよ。なんかね、道を歩いてたら男の人が『道案内してくれない?』とか言ってきたんですよ。で、ついていったら路地裏みたいなところに連れてかれて、『ちょっと体重図らせて』ってグイッと抱きつかれてアソコ触られたの。ロリコンだよね、今考えると。おじさんじゃなくて、高校生か大学生くらいのお兄さんだった」

――ひー。トラウマになった?

りか「いや、トラウマってほどでもないかな。遠藤さんは、子供の頃って体のどこが一番エッチだって思ってました?」

――まんこ(即答)。

りか「まんこか。私はオッパイが一番いやらしいと思ってたんですよ。だから平気だったのかも(笑)」

――だって子供のオッパイなんて平らじゃん。

りか「でも、マンガとか見てるとまずこう「イヤーン」てオッパイを隠すじゃない。まいっちんぐマチコ先生とか。だから私的にはオッパイが一番エロくて、次がお尻で、最後がまんこだったの」


『まいっちんぐマチコ先生伝説』

編集: 編集部
発売: 2004年11月29日
定価: 980円(税込)
ISBN-10:9784056037715
出版社:学習研究社

↑確かに。言われてみればスカートめくられてるのに隠してるのはオッパイのほう……なぜだマチコ先生。


――私はねえ、通ってた小学校がちょっと変わってて、小学校3年生までは女子でも水着を着ちゃいけないっていう暗黙のルールがあったんですよ。胸がAカップくらいに膨らんできても、男子と同じ海パンで水泳の授業を受けなきゃいけないの。小学校3年生までは男女の性がないっていう扱いで、ぶるんぶるんゆわせながら男子と一緒に水泳してた。それくらいのお土地柄だったんで、平らなオッパイをエロいと思うような子はたぶんいなかった。

りか「ひどい。戦前みたいだねえ。私の子供の頃は、エロ本なんかでも下半身見えるのなんてあんまりなくて、基本オッパイ強調だったでしょ。だからオッパイ=エロって思ってたの。だから、アソコを触られてもそんなにショックじゃなかったですね」

Iさん「それがオナニーを始めるきっかけだったりするんですか」

りか「いや、それは関係ないです(笑)。もっと前からやってましたから。性器いじりっていうか、寝るときにこう何かを股間に挟んだりとかね」

――股間に何か挟むと落ち着くっていうのはみんなあるみたいですね。そういうのからオナニーに行くパターンはけっこう多い。りかさんはエロを意識したのはいつ頃? 性器いじりがオナニーになった瞬間。

りか「うーん、いつ頃だろう。一番衝撃だったのは、田舎に行ったときに親戚の家にあった裏本見たときかな。おじさんが山のように持ってて」

――いいなあ。

りか「その中に、思いっきり笑顔でアソコにマーブルチョコの筒を入れてる女の人がいたの。で、『え、入るの!?』って思ってびっくりしたのを覚えてる。小学校の3、4年生でまだ色気づく前だったんだよね。3歳下のいとことドラゴンボールごっことかしてる最中に見つけちゃったから、ショックでね。『あたしのマーブルチョコがっ!』って。だから今でもマーブルチョコはちょっと苦手。いやらしいとか思っちゃう。M&M’s派ですね(笑)」

――初めて自分でオナネタ買ったのは?

りか「高校のときに山本直樹を読んで超エロいと思って、それからは山本先生のマンガを読んでしょっちゅうオナニーしてた」

――オナニー女子は必ず通りますよね、山本直樹。私も例のフランス書院文庫で集めてましたよ。確か、森山塔や塔山森も含め当時出てた全作品を文庫で出版みたいなことをしてたんですよ。コンプリートしたくてちょっと離れたエロ本置いてる小さな本屋に通ったなあ。家を探せばまだあるかも。すんごいエロかったですよね。  


↑我が家にももちろんあります、山本直樹先生のコミックス。りかさんの高校の頃というと『BLUE』あたりでしょうか。左は私が中学生の頃古本屋で探しまくって買ったフランス書院文庫。シュールでかわいくてエロかった!


りか「それまでは村生ミオの『胸騒ぎの放課後』とかその程度だったのに、いきなり山本直樹があのエロさですからねー」

――私、フランス書院っ子だったんで、他のエロマンガ文庫、あがた有為とかケン月影とかああいうのも買ってたんだけど、絵柄がロリなのに遜色なくエロくて感動しましたよ。絵が可愛いから買いやすいっていうのもよかったし。

りか「あ、その影響でオナニーがバックからなのかもしれない。山本先生の描く女の子って結構バックオナニーするよね」

――確かに。そんで、みんな貧乳(笑)。20年くらい前にエロマンガが有害図書で問題になったときあったじゃないですか。あのとき山本直樹のマンガもマンコがダイレクトに描けなくなっちゃって、その部分が白抜きになってたことがあったんですよ。でもサービス精神なのか、その白抜きになったマンコをバックの背景とかにさりげなく貼ってあって、私、わざわざ切り抜いて貼りましたよ。工作した。当時女子大生でしたけどね。


↑前にも載せたことあるけど、部屋にこもってこんなことをやっておりました。書を捨てて町に出ようなんてこと考えてもみなかった19歳……。あの頃の自分を抱きしめてあげたい気持ちでいっぱいです。


りか「超ストイック! すばらしい!」


M女モデルをしたりイベントをオーガナイズしたり、のびのびリア充エロを楽しんできたというイメージを持つりかさん。
たぶんマエストロとは正反対の人生を送ってきたんだろうな〜と思ってたんですが、意外にも共通のオナネタが発覚いたしました。
いやあ、やっぱり山本直樹はオナニー女子の共通言語か。そうじゃないかと思ってたよ!

地球を救うためにオナニーを我慢するりかさんの姿を思い浮かべつつ、次回に続きます。ニヤニヤ。

(続く)

(C)ドルショック竹下
大泉りか 1977年生まれ。東京都出身。O型。小説家。03年『ファック・ミー・テンダー』(講談社刊)でデビュー。以降、肌色ライトノベルやピンク小説を中心に活躍中。代表作に『サディスティック88』シリーズ(小学館)など。また、2010年に行なわれたヤリマン世界一決定戦『世界最強Y-1(ヤリワン)グランプリ』にて優勝。ヤリマン日本一という不名誉を持つ。
大泉りかブログ=「スパンキング☆ライフ」

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.10.16更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |