女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

↑このあいだ祖母が箪笥の奥から見つけてきたマエストロ幼少の頃の一枚。両親とおじいちゃんおばあちゃんに囲まれて、このうえなくムッツリと過ごしていたあの頃。懐かしいなあ。しかしなんなんでしょうね、このヘルメットのような髪型は……。さらには首がない……。いや、それよりも白黒かよ……。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
まずご報告です。
先日、愛する弟君のところに第2子が誕生しました! わー!!゚・*:.。..。.:*・゜ヽ( ´∀`)人(´∀` )ノ・゜゚・*:.。..。.:*
一人目は女の子で、今度は男の子の一姫二太郎。デカい鼻とつぶらな瞳が、大川栄策に似ててちょうかわいいの〜! 今にもタンスを担いで走りだしそうな感じです。うふふふふ。(←盲目の愛)
ただ一つ気になるとは、2歳になる姪っ子ちゃんと同じ9月生まれで、誕生日は2日違いだということ。これはすなわち“うちの弟は毎年11月になると発情期を迎える”ということでいいんでしょうか?

ああ、こういうことばっかり言ってるから8歳も年下の弟に先を越されることになるんだよな……。今日もネバーランドで電マ三昧、オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
しかし、日々成長していく甥っ子・姪っ子の姿を見ていると、どうしても「この子たちは将来どんな大人になるのかしら」なんてことを思っちゃったりするもんですね。

OLをちょっと経験した後、20代で公務員と結婚して幸せな家庭を築くのか。
ヤリマン・ヤリチンになって一生恋とセックスに生きるのか。
それとも、どこぞの三十路女のように電マと発泡酒だけが友達のオナニストとなるのか(いや、それも案外悪くないんですよ……)。

生まれた時はみんな同じような顔したサルなのに、どこでどうやって人生が分かれていくのか。そう考えるとなんだか不思議。
そこでマエストロは考えました。ここらでひとつ自分のエロ半生を振り返ってみようじゃないかと。いわゆるヰタ・セクスアリスってやつですね。

――私は、いかにオナニストになったのか。

まあ、そんなたいそうな話じゃありませんが、最近このコラムで友人女子のオナニーや性の目覚めについてインタビューする機会が多いじゃないですか。当たり前ですけど友達だからといってみんな自分と同じわけじゃない。似てるところもあれば違うところもあるわけです。
私自身「なんでそんなにオナニーにこだわるの?」と聞かれることがよくあるんですが、改めて考えてみるとよくわからなかったりもする。人に話を聞こうとするんだったら、まず自分のことを理解しておかなきゃいかんでしょう!
というわけで、今回からは数回にわたって、遠藤のオナニー履歴書をしたためていこうと思います。
娘を電マ中毒にしたくないという方は、是非反面教師になさってください……。


えー、思い返すと、私の性の目覚めはたぶん小学校の低学年の頃じゃないかと思います。
といっても、何かきっかけがあったかというと、特別なことは何も思いつかないというのが正直なところ。
近所に住んでるオジサンにいたずらをされた経験もないし、従兄弟のお兄ちゃんと性器を見せ合ったなんていう甘酸っぱい思い出もありません。いたって普通の小学生でありました。
ていうか、これを言うとよく呆れられるんですけど、私は今でも自分が性欲強いとは全然思わないのです。
以前、雨宮まみ嬢とのオナニー対談で“登り棒バッシング”をして面白がられたことがあるんですが、マエストロにはそういう自然にわき起こってくるようなリビドーがあまりないんですよね。
(注・“登り棒バッシング”とは、なんの苦労もなしにオナニーに目覚めた者を激しく妬む気持ちのこと。エロ告白記事などでよく目にする「まだエロのなんたるかもわからないであろう幼年期に、登り棒でたまたま快感を得てそのままイッちゃった……」というエピソードに由来しています。チクショウめ)。

記憶に残っている一番古い性欲は、小学校2年か3年頃の「誰も見ていないところに隠れていやらしいものを思いっきり見たい」というもの。
父親の週刊誌&ちょいエロ小説から、峰不二子のでっかい上向きオッパイまで。マンコをいじったり、幼稚園の同級生とお医者さんごっこをしたりする前に芽生えたエロは、それでした。ただただエロいものを見て興奮したい。ああ、なんか今と同じだな……(´・ω・‘)。



『鬼畜』

著者:勝目梓
価格:620円
発売:2003年3月
発行:講談社

↑今でも鮮明に覚えているのは小学校低学年のころ、勝目梓のバイオレンスエロ小説をよく読んでいたこと。たぶん父親が好きで集めてたんだろうなあ。文中に「オナニー」とかいう言葉が出てくると「これどういう意味?」と思ってました。


大人になった今でもその傾向は残っているようで、どんな時に性欲がわくかというと、だいたいAVを観たりエロマンガを読んだり、もしくは気の置けない男子が隣で寝てたりするときです。よく「生理前になるとヤリたくなる」とか「しばらくしてないからヤリたくなっちゃった」なんてことを聞きますが、そういうのはナイ。
だから、一生トラピスチヌ修道院でバター飴を練りながら暮らせと言われたら、案外普通にできそうな気がします。

で、その頃はエロいものを見てどうするのかというと、ただひたすらムラムラしているだけでした。
このコラムでも何度かカミングアウトしているように、いやしくもマエストロを名乗っておきながら、実際には私がオナニーを始めたのは大学生のころ。「イク」というのがどういう状態なのかわかってからなんですよね。
それまでは、興奮してマンコが濡れたのはわかってもどうすればいいのかわからず、悶々としていました。一応触ってみたりもするのだけれど、すんごい快感が突き抜けたり、アッと言う間に絶頂に達したりなんてことは、私のようなオナニー劣等生には夢のまた夢ですもの(はい、ヒガミです)。
そういえば、件のオナニー対談では「家が厳しい女の子は(その反動から?)AVライターになる」という説も出ましたが、マエストロの家はどうだったかと考えてみると、そんなこともなかったような気がします。エロを推奨されることはなかったけれど、すごく厳しいということもありませんでした。
いや、というよりは私は家で本を読んでいるのが好きな色気ゼロの子だったので、親としても娘とエロが結び付かなかったというほうが正しいかも。




↑家の押入れを漁ったら出てきました。本邦初公開、マエストロが小学校時代“わんぱく相撲”で優勝したときの写真です……。天然パーマをこじらせて髪型が嶋大輔ばりのリーゼントになっているので、いつもより濃い目にモザイクをかけさせていただきました。ていうか、母さんもうこのパネル捨ててよ……(泣)。


で、そんな私の当時のエロ調達場所は、主に父親の部屋でございました。
最初は『週刊大衆』や『週刊実話』といった一般誌や勝目梓のバイオレンスエロ小説だったのですが、やがてこの寂しい状況がパラダイスに一変する事件が起こります。

父親が、ビデオデッキを購入したのです!

「なんだ、ビデオかよ」と思うかもしれませんが、私が小学生だった1980年代前半のそれはものすごい事件でした。30歳以下のお若い皆さん、β(ベータ)って知ってます? ソニーから出てた普通のビデオテープよりも小さいやつ。
我が家に初めて来たビデオデッキはβで、なんとチャンネルがガチャガチャ回すやつでした(チャンネルの下にはUHFのツマミもついてたよ……)。もちろん本体は木枠です。アナクロ!
当時としては相当高価なシロモノだったと思うのですが、うちの父親は生来の新しモノ好きだったため、そんなものが発売されたと聞いたら黙っていられなかったんでしょう。
そして、今考えると無理してビデオデッキを購入した第一の理由は、たぶんAVが観たかったから。(ああ、血は争えない……)。
なぜなら、その頃父親の部屋の押入れを開けると、布団の隙間にエロビデオやビニ本が隠してあったんですよね。ビデオは主ににっかつロマンポルノや裏モノの丸見え洋ピン。たぶん東京出張の際などに内緒で買ってきてたんだろうなあ。

うーん、こうして考えてみると、このへんに私の嗜好の源があるのは明らかなようです。



『日活ロマンポルノ全史―名作・名優・名監督たち』

著者:松島利行
価格:2,940円
発売:2000年12月
発行:講談社

↑にっかつロマンポルノはエロビデオなのにわりと救いのない内容のものもあって、興奮しようと思って観始めたのに、終わった後ズドーンと嫌な気持ちになったりもしたものでした。ちなみに父親のコレクションでよく見かけたのは“尼モノ”。父さんったら、尼さんが好きだったのね……。


『ビニール本の少女たち』(ヘイ!バディ増刊)

価格:1000円
発売:不明
発行:白夜書房

↑ビニ本もよく見かけたものの、ズボズボの裏モノ洋ピンに魅せられていたマエストロにとっては、マン毛が見えてるだけのただの写真でした。超かわいい子が脱いでるってわけでもないし。


男みたいな格好で元気にわんぱく相撲で優勝しながらも、家では親の目を盗んでAV観るのが楽しみだった子供時代。不思議なことに、私の中ではまったく矛盾はありませんでした。
クラスの男の子に胸をときめかすなんてこともなかったなあ。ちなみにその時に好きだったタレントは“渡辺徹”と“イモ欽トリオのフツ夫くん”。渡辺徹に至ってはファンクラブに入ってた覚えが。

……なんか思い出してたら死にたくなってきた。子供時代なんて恥ばっかりだよな。

(続く)


遠藤遊佐(C)花津ハナヨ (c) 花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。

遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

 | 
09.09.26更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |