ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

↑発泡酒を飲みながら、読者の方にいただいた『元祖国際秘宝館』のDVDを観るのが、最近のマエストロの唯一の楽しみです。“馬の交尾ショー”や館内のエロ蝋人形をただぼんやり見つめるだけというユルユルな内容がたまりません。自分が85歳のエロジジイになったような気分になれます。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
朝晩はずいぶん涼しくなってきて、秋の兆しもちらほら感じられる今日この頃。
「ようやく夏バテから逃れられる!」と喜んでいたのに、どういうわけか真夏以上にバテバテです。
どれくらいバテバテなのかというと、ここ1週間はオナネタを考えるのすらめんどくさいので、ずっと同じ裏DVDの同じシーンを使ってるくらいです。ああ、息をするのもめんどくさい……。

あ、そういえば全然関係ないですけど、フィリピンではオナニーのこと“バテバテ”って言うらしいですよ。役に立たない雑学王・オナニーマエストロ遠藤です(ちなみにフェラチオは“チュパチュパ”だって。そのままじゃん!)。
 | 

さて、そんな具合で最近のマエストロのオナニーは完全にルーティンワークと化しているわけですが、毎回毎回同じオナネタを使い、同じように電マを股間に当てていると、ふと考えてしまうことがあります。

それは、「最強のオナネタとは、何なんだろう」ということ。

この連載を始めてから、妙齢女子とオナニー対談をさせてもらう機会が何度かあって、そのつど彼女らに「どんなオナネタを使ってるのか」と聞いてきたんですけど、ほんとに千差万別なんですよね。

ある人は、やおいマンガ。
ある人は、凌辱AV。
ある人は、官能小説。
もちろん“妄想一本槍!”という人もいる。

どんなネタを使ってるのかによって、その人の性癖や性格って見えてきちゃうと思うんですよ。「やおいが好きな人はロマンチストでスケベ」とか、「妄想でしかしない人は道具もあまり使わない」とか。
「今でも永井豪のマンガに一番興奮する」というライターの安田理央さんや、「子供の頃のオナペットは『怪物くん』」という花津ハナヨ先生なんかは、私の中ではこのうえなくピュアな人に認定されていて、それだけでもう好感度が急上昇。
逆に「オナニーする時も過去のいやらしいセックスを思い出してネタにする」なんてのは、もー全然ダメ! 人間の可能性ってものを放棄していると申し上げたいですね。いや、別にうらやましいなんてないですよ。ないですってば!!



『けっこう仮面 フォーエバー』

監督:鈴木浩介
価格:4,935円
収録時間:70分
ASIN:B000REYK1E
販売元:アートポート

↑エロDVDシリーズにもなっている『けっこう仮面』。これが性の目覚めだったという40代の男性って、けっこう多いんじゃないでしょうか(『けっこう仮面』だけに!)。


そういえば、遠藤は昔高田馬場のうどん屋で永井豪先生を目撃したことがあります。うどんをすするサラリーマンを尻目に、昼から一人でしゃぶしゃぶ食ってらっしゃいました。ダンディだなあ。

……まあ、それはいいんです。何にエロを感じるかというのは結局のところ人それぞれの好みだったりしますからね。
オナニーマエストロの目から見て意外に気になるのは「どんな形状のネタを使ってるのか」ってこと。

これって、けっこう重要じゃないですか?
少なくとも「ローターを使うのか、それとも電マか」というのと同じくらいには重要。
自分にとって最高のオナニースタイルを確立するためには、どんな形状のネタが自分にふさわしいか知っておいたほうがいいんじゃないかと思うわけです。

考えてみると、一口にオナネタといっても、いろんなものがありますわな。
もちろん、マエストロもオナニー歴十数年。ひととおりの形は試してきました。
そこで、私が思う“オナネタの長所と短所”を列挙してみたいと思います。

【\x87@ 妄想】
これは一番手軽でポピュラーだけど、一番高度なものです。
多くの人にとって、最初のオナネタになるのはまず妄想でしょう。オナニーは妄想に始まり、妄想に終わると言っても過言ではありません。
物語を紡ぐようにゼロから作り上げる妄想もあれば、ヨン様や、ジャニーズの虫みたいな子供たちや、海原雄山との痴態を思い描く妄想もある。風呂場から兄嫁のパンティを盗んできて鼻に押し当てながらシコシコするのも、まあ一種の妄想です。
どれだけいい妄想ができるかによって、どれだけオナニーが極められるかが決まるのです。
なんといっても良いところは、いつでもどこでも気軽にできちゃうところですね。刑務所の中にいてもOK。お金もかからないので一文無しだって大丈夫!
さらに現場目線で言わせていただくと、両手がまるまる使えるというのは大きなメリットです。ほら、リモコンやマンガを持ってしまうと、片手しかつかえないから乳首とマンコを両方いっぺんにいじれないじゃないですか。
反面悪いところは、使いこなすのに集中力が要るということ。
今のマエストロのようにバテバテで注意力が散漫だと、妄想だけではなかなかオナニーできるほどエロい気持ちになれません。風情はあるけど刺激の面では一歩劣っている、それが妄想。
マエストロ的には、大人になっても“妄想”を使いこなしている人は達人だと思います。

【\x87A 紙モノ】
ビニ本に、着エログラビアに、官能小説に、エロマンガ。たぶん多くの人が“妄想”の次に行くのがこの“紙モノ”です。
私は“紙モノ”を、動画と妄想の中間であると認識しております。
妄想のように、自分の中から湧き出るエロを一から育てていく面倒くささがない。でもAVほどダイレクトじゃないから、想像の余地がある。両方のいいところを取っているわけですね。
考えてみれば、ふたなりとかパロディとかいった創造的なエロはAVよりマンガのほうが先。ヘビーオナニストの皆さんから、最も支持されているネタだといえましょう。
ただ、そんな“紙モノ”にもオナニーする際には大きな欠点があります。
それは、重さ。
本って、とにかく重いんですよね……。特に最近の単行本エロマンガ! なんですかあれは!
今量ってみたら500グラムもありましたよ。あれを片手で持ってなおかつページをめくるなんて、おばちゃんの細腕には荷が重すぎます。
ちなみに私がよく使うアナルとうんことお尻のムック本『お尻倶楽部』、これも量ってみたら400グラムありました。うう。



『お尻倶楽部vol.101』

月号:2009年9月号
価格:2,300円
発売:2009年8月7日
発行:三和出版

↑うんこもアナルもお尻もそれほど好きじゃないんですが、なぜかよくオナネタにしてしまいます。通称・しりクラ。


ちょっと前は、女子のオナネタといえばレディコミと言われていましたが、これも不思議でしょうがありませんでした。あんな重そうなものを華奢な娘さんたちが片手で持ってオナニーしてるなんて……腱鞘炎になるのは目に見えてるでしょうに。
ああ、そんなことをつらつら考えるにつけ思い出されるのは、私の高校時代を華麗に彩ってくれたフランス書院の“コミック文庫”。あれは本当に素晴らしい発明だったなあ。




↑あがた有為とか出井洲忍とか森山塔とか、近所の本屋をハシゴして買い漁ったものですよ。ああなつかしい。


ちなみに一冊の重さは170グラム。なんと現在のエロマンガの3分の1ですよ!
これならオナニー中に腕がプルプルしちゃって没頭できないなんて心配もありません。まさにオナニーのための本。
どこぞのエロ出版社で、復活させてくれないものですかねえ。ていうか、大洋図書さんどうですか! まじで!!

【\x87B 動画】
マエストロが一番頻繁に使うのがコレ。いわゆるAVです。
私はもっぱら自室のテレビ画面で観ておりますが、今はパソコンの液晶画面で観る人も多いんだとか。まあ、ちょっと探せば無料の丸見え動画がいくらでも見つかりますからね。
動画の長所は、なんといっても視覚・聴覚両方にダイナミックに訴えかけてくる情報量の多さでしょう。やっぱり音声と映像の両方から来るっていうのはダイレクトにエロ心に訴えかけます。まあ、想像力を働かせる遊びの部分が小さくなるという一面はあるけど、そのかわり空振りに終わる危険性も少ないわけです。
紙モノと違って、リモコンを手元に置いておきさえすれば、どうしてもあの場面をもう一度見たいというとき以外は、流しっぱなしにしておけるのもいいですな。両手が自由に使えるというのはやはり大きい。マンコしか触れないのと、乳首とマンコの両方が触れるのとでは、天と地ほどの差があります。
あと、お恥ずかしい話なんですが、やっぱり私くらいの年齢のオナニストにとっては“AV”って特別な思い入れがあるんです。
観たくても観られなかった時期が長かったせいか、なんとなくありがたい気持ちになって「どうせヌクならAVで!」って思っちゃうんですよね。

うーん、こうやって見ていくと、個人的にはやっぱりAV(動画)に軍配を上げたくなってしまうなあ。
皆さんはいかがでしょうか。

あ、そういえば、マエストロが大学時代にハマってた“ダイヤルQ2”なんてのもあるか……。
でもあれはおすすめしません。電話代のためにバイトするようなことになりますからね(くどいようですが、月に8万払ってた時期があります。青春ってほろ苦い……)。

(続く)


遠藤遊佐(C)花津ハナヨ (c) 花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。

遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

 | 
09.09.19更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |