女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

『野性の呼び声』

著者:ジャック ロンドン
翻訳:深町 眞理子
発売日:2007年9月6日
ISBN-13 :978-4334751388
出版社:光文社
Erotical Parade Japan
フランス人ジャーナリストのエロティック比較文化論
気鋭の女性フランス人カウンターカルチャー専門ジャーナリスト、アニエス・ジアールが、「奇妙で豊穣な性文化」について日本の様々な文化的側面から掘り下げていくユニークな比較文化論。今回はオルガズムをおこす迷走神経の語源をめぐりながら、ジャックロンドン、ボードリヤールを経由しコギャルに帰結する、秘められた欲望の行方です。
 | 
人には迷走神経(vagus nerve)というものがある。これはオルガズムをおこす神経でもある。

ときおり、人はこの神経により気絶する。また射精したり興奮のあまり絶叫したりする。それが“vagus”と呼ばれるのは、夢と関係があるからだ。フランス語では夢は“rêve”という。「私は夢見る」は、“Je rêve”である。(※1)“Rêve”は古いフランス語の“esver”からきていて、家や行くべき場所もない「放浪」を意味する。

“Esver”はラテン語の“aestuare”からきており、撹拌や、興奮、困らされたり、動揺させられることを意味する。

このように語源を考えると、“vague”(そして“vagus”)という単語は、理由なく去来するあらゆることを意味している。

“Vagabond”とは町や田舎を歩き回る放浪者である。

“Vague”とはわけもなく行ったり来たりしてあいまいなこと。

“Terrain vague”とは境界や形、意味のない空き地である。

“Vague à l’âme”とは理由もなく寂しい気分のこと。フランス語では“avoir le vague à l’âme”という美しい表現がある。自分の魂がどこかを彷徨っている感じがするというものだ。人生の意味を失ってしまって空虚だ、だから何をしたいかわからないという意味である。つまりどこに行けばいいかわからないのだ。

では“vague”と “vagus”はつながっているのだろうか? 私はつながっていると思う。なぜなら“wolf”(狼)は“wargus” (vagus)からきているからだ。狼とはさすらう男のことだ。自由で、残酷で、夢の中の未知なる男だ。女は彼を夢見る。彼女たちは、野生の深い森からやってきて、女を自然の一部にしてくれる、そんな男に誘拐され呑みこまれることを夢見ている。そこで迷い子になることを望んでいる。彼女たちはミステリアスで危険な野獣に身をまかせることを望んでいるのだ。これはジャック・ロンドンが『野生の呼び声』で書いている。我々はみな自身の野生の衝動に惹かれるのだ。

先月私は『Liberation magazine』という雑誌にこれに関する記事を書いたのだが、非常に驚くべき結果を得た。多くの読者が(男性も女性も)私は狂っていて危険だと言ったのだ。どうしてだろう? 私がフェミニストではないから? 女性が悪い狼に食べられることを夢見ているというのがいけない? 女性は壊れやすいかわいそうな人形ではないし、奮い立つ男を怖れ/望み「どうぞレイプしてちょうだい」と言ったりなんかしないから? あと、私が男性主義的なイデオロギーに完全に毒されているという人もいた。彼らに言わせると「あなたは、女は性的対象で、男は野生の動物にすぎないっていうの? なんて馬鹿馬鹿しい」なのだそうだ。確かに! 差別的だわね……。

でも、たとえ完璧に自立していて、自分のアパートがあって、自分のお金があって、毎日の生活のすべてを彼氏と割り勘にしていて、誰からの助けも借りずに自分でビジネスをしている、そんな女性であったとしても、“いけなあーい” 性的妄想をして、非難をあびるということはありえる。

そしてそれは、とてもフランス人らしいと思う。

けれど、それなら私は男性支配の庇護にある、いけない子なのかしら? もしくは狼みたいな“バッドボーイ”に魅了されるただのマゾ女なのかしら? 私、間違ってる?

日本ではこういう考え方はどうなっているのかしら?

日本では物(object)になることは問題ではないみたいだ(少なくとも私にはそう見える)。日本人は物に力があることを知っている。だからこそお守りがよく売れるのだ。だからこそ日本人はたくさんカメラを買うし、コンピューターや携帯を買うのだ。だからこそ子宝祈願に川床の石をまたいだりするのだ。物とは、日本では命あるもの、力と望みにあふれたものだ。物は物を買った男や女を“所有”することができるのだ。だから主体(subject)と客体(object)はかっちりと支配、被支配関係にあるわけではない。

西洋では、対象は“受け身”で、“犠牲者”で“商品”である。だから性産業にたずさわる女性は軽蔑され、批判される。彼女たちは「男の支配の犠牲になるいけない女だ。性の奴隷だ、だからセクシーな服をまとっているのだ」といわれる。しかしこれらの女たちはみな人形になったふりをしているだけだ。彼女たちは戯れている。コメディアンとしてふるまい、惹かれない男にはノーと言うこともできるのだ。ストリップ劇場の女たちは本当の権力を握っている、奴隷となる男を完全に操作しているのだ。これがフランスの哲学者ボードリヤールが『宿命の戦略』で説明したものだ。彼は“戦略”について述べた。いわゆる“性的対象”は戦略である、皮肉な戦略なのだと。アイロニーとは“何か言った人物が実は反対のことを考えている”ということである。たとえば「今日の君はなんて綺麗なんだ」と本当は醜いと思った相手に向かっていうことである。だからストリッパーは皮肉屋である。「あなたの欲しがっているものをあげる。売春婦がいい? それともビッチ? わたし、あなたの願いどおりのビッチになれるわよ」そして彼女たちは男におっぱいとお尻のついた素晴らしい肢体を見せびらかす。「ねえ、あなたは体がほしいだけなんでしょ?」「体だけがめあてなんでしょ?」男が馬鹿であればあるほど、女は馬鹿げたふるまいをする。男を映すかのように、脳なしのふりをするのだ。

これは本当に最強の戦略である。日本のコギャルはそのことを知っている。コギャルは皮肉屋である。彼女たちは馬鹿みたいにふるまう。「あなたたちは私が汚い人形だって思ってるんでしょ?」「パンツが見えたら嬉しいんでしょ?」「私たちが制服を着てるからお金をくれるんでしょ?」鏡のように、彼女たちは男の期待するところを見せびらかす。男の望むものを。そうして男は混乱する、後ろめたさを感じ、馬鹿馬鹿しいと感じる。罠にかかったような気になる。コギャルはそれをあざ笑う。どっちが勝ったの? どっちが優位にたっているの? 誰が食い物にされてるの?

鏡は幻想であり真実でもある。でしょ?


(※1)日本では夢を“見る”という言い方をするのは面白い。フランス語圏や英語圏では“faire un rêve”、夢は“作る”物だ。つまり日本人は、夢は自身から区別できる何か独立したものと考えているのではないかしら? なにか動物みたいに、それ自体として存在するようなものとして。
文=アニエス・ジアール
翻訳=前田マナ

KOGARU AND STRATEGY OF SEX-OBJECT

There is nerve called “vagus nerve” in human body. It’s the orgasm nerve.

Sometimes, this nerve can make you faint suddenly. This nerve also makes you ejaculate or shout with joy. It’s called “vagus” because it’s related to dream. In French language the word for “dream” is: “rêve”. “I dream”: “Je rêve”. (1) “Rêve” comes from old French word “esver” which means “going around without having a house or nowhere to go”, “tramping”, “??”.

“Esver” comes from Latin word “aestuare” which means bubbling, effervescence, to be troubled or agitated…

From this etymology, come the word “vague” (and vagus) which means everything going away without any clue…

“Vagabond”: the people who just walk in the cities and the countryside, lost people.

“Vague”: the waves who just come in and out, without reason.

“Terrain vague”: the empty places that have no limits, no shape, no meaning.

“Vague à l’âme”: the feelings that are sad, but for no reason. In French we have a beautiful expression: “avoir le Vague à l’âme” (to have something wander in your soul). It means you are empty, because your life has lost it’s meaning, so you don’t know what you want. You don’t know where you want to go.

Is there a link between “vague” and “vagus”? Yes! I think there is. Because “wolf” comes from “wargus” (vagus). Wolf is the man who goes around. The free, savage, unknown man of your dreams. Women dream of him. They dream of being kidnapped, swallowed by someone coming from the deep wild forest and making them part of nature’s power. They dream of getting lost. They want to lose their mind in the arms of a mysterious and dangerous beast. This is what Jack London wrote about: “the call of the Wild”. We are all attracted toward our own wild drives.

Last month, I wrote an article about it on Liberation magazine. The result was very surprising. Many readers (men and women) told me I was crazy and dangerous. Why? Because I was not feminist. Because it’s bad to say that women dream of being eaten by Big Bad Wolf. Because women are not the fragile little dolls who fear/want the furry male and who beg “Please, rape me”. Some people also told me that I was completely influenced by “masculinist ideology”. They told me: “You think that women are sex objects and men are just wild animals? How stupid”… not politically correct, indeed!

Even if you are completely independent girl, with your own apartment, your own money, even if you share all the expenses with your boyfriend for everything concerning everyday life, even if you run your business without asking help from anyone… you can get criticized because you express “baaaaaad ideas” concerning sex fantasies.

It’s typically French, I think.

This made me think: OK, so I am the bad girl, who is under male-domination? Or maybe I am just a slave-maso girl, who is attracted by “bad boys” such as wolves? Am I wrong?

In Japan, what about these kind of ideas?

In Japan, being an object is not a problem (it seems). Japanese people are aware that the objects have a power. This is why “omamori” are so popular. This is why Japanese people buy so many camera, computer or “keitai denwa”. This is also why women take stones in the riverbed to get pregnant. Objects, in Japan, are full of life, power and desire. They can “possess” the man or woman who bought them. The relation between subject and object is not strictly dominated-dominant relation.

In Occident, object is “passive”, “victim”, “merchandise”. This is why women who work in sex industry are being despised at and criticized: people tell them “you are bad women, because you are just victims of male domination. You wear sexy clothes because you are just sex-slaves”. But these girls are just pretending to be dolls. They play, they are comedians and they can say “no” to the men who do not attract them. In strip-theater, these girls have the real power: they completely manipulate the males who are the real slaves… This is what Baudrillard, a famous French philosopher explains in the book “Les Stratégies Fatales”. He talks about “strategy”. He says that the so-called “sex-object” has a strategy. The ironical strategy. Irony is “you say something and you think the contrary”. For example, you say “How beautiful you are today” to someone you find really ugly. The strip-models are ironical because they say: “I will give you what you want. Do you want a whore? a bitch? I can be the perfect bitch of your dream”. And what they show to the men is a nice body, with tits and ass. “So you just want a body, right?”. “You are only interested in a body, right?”. The more men are stupid, the more girls act stupid. Brainless. Like a mirror.

It’s a very powerful strategy indeed. “Kogaru” know that. “Kogaru” are ironical. They act stupid. “So you think we are just dirty dolls, right?”. “So you get attracted to us, when we show our panties, right?”. “So, you want to give us money when we have schoolgirl uniform, right?”. Like a mirror. They show to the men what the men expect. What the men want. And the men get confused, and they feel bad, ridiculous. They feel that have been trapped. The “kogaru” laughs at them. Who wins? Who is dominated? Who is victim?

Mirror is both illusion and truth, ne?


1/ It’s interesting to not that in Japan you “see” dream: yume o miru. In French and English language countries, we “make” dream: “faire un rêve”. Does that mean Japanese people consider that dreams are something that is distinct from us, something that has it’s own existence, like an animal?
text=AGNES GIARD

アニエス・ジアール最新刊『エロティック・ジャポン』(河出書房新社)発売!!


『エロティック・ジャポン』

著者: アニエス・ジアール
翻訳: にむらじゅんこ
発売: 2010年12月22日
定価: 3,990円(本体3,800円)
ISBN: 978-4-309-24534-8
出版社:河出書房新社

内容:あまりに奇妙で、あまりに豊饒な日本のエロス的イメージ! 気鋭のフランス人女性ジャーナリストが論じる大胆な日本のエロティック・カルチャー……ロリコン、人形、制服フェチ、コスプレ、メイドカフェ、援助交際、風俗産業……現代アートや浮世絵、風俗雑誌など、約300点にのぼる豊富な図版を収録!


関連記事

欧米フェティッシュ・ジャーナル Fetish Journal

nurekiplof.jpg
アニエス・ジアール - AGNES GIARD - 1969年生まれ。仏リベラシオン紙のジャーナリストであり、主にカウンターカルチャーや性に関する記事の専門家。日本のエロティシズムについて言及した著作 『エロティック・ジャポン』(仮)、『図解 ビザール・セックス全書』(仮)がそれぞれ河出書房新社と作品社より近日刊行予定。現在は京都の関西日仏交流会館ヴィラ九条山に滞在しており、日本における様々な恋愛物語についての本を準備中。

nurekiplof.jpg
前田マナ 英国ランカスター大学演劇学部修士修了。専門は現代演劇やコンテンポラリーダンス。 ライターとしてウェブや雑誌等に雑文なども寄稿。
 |