ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
特選AVレビュー『憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは』(タカラ映像)
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【1】
特選AVレビュー『メスころがし/北川ゆず 』(ワープエンタテインメント)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』303号室
特選AVレビュー『ノーパン中出し散歩 星奈あい』(PETERS)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』402号室
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・大阪」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』302号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』304号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』202号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』301号室
特選AVレビュー『3センチメートル 高まる鼓動を感じる距離』(SILK LABO)
特選AVレビュー『あ~やらしい!61 爆乳ドエロの精飲痴女 本真ゆり』(S.P.C)
読者代表変態仮面がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」麻里奈さん【3】
アクセスアップ
新刊情報
こぼれ落ちそうなおっぱい(大洋図書)
アップル写真館特別編集 隣の変態奥様を探せ Vol.3(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム Vol.2(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.3(ミリオン出版)
ナンプレパークmini Vol.12(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.36(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2018 夏(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.17(ミリオン出版)
俺の旅 2018年9月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年9月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

Criticism series by Murakami Yuichi;Philosophy of "bishojo" game
連載「美少女ゲームの哲学」
第四章 動画のエロス【2】

様々なメディアミックスによってコンテンツが生まれている昨今、改めて注目されている作品たちがある。美少女ゲーム。識者によってすでに臨界点さえ指摘された、かつて可能性に満ちていた旧態のメディア作品。だがそうした認識は変わらないままなのか。傍流による結実がなければ光は当たらないのか。そもそも我々は美少女ゲームをどれほど理解しているのか――。巨大な風景の歴史と可能性をいま一度検証する、村上裕一氏の批評シリーズ連載。
 | 
†ジェリーフィッシュのフェティッシュ

アニメを実装したアダルトゲームの中で、代表的な存在感を発揮していたのはジェリーフィッシュ=海月製作所である。この存在感の大きさは、彼らの寡作ぶりを考えれば異例とも言えるだろう。筆者の考えでは、この14年ほどで実質三作しか作っていない(※50)。にもかかわらずのこの評価は、彼らがアニメという素材を高い水準で料理してみせたからだ、と言えるのではないだろうか。

『LOVE ESCALATOR』(ジェリーフィッシュ、1998)は、PC98におけるアダルトゲームの最後の名作、とも言われている。というのも当時はWindows95はおろか、そろそろWindows98への移行も起こり始めていた時期だからだ。しかしながら本作は大きな評価を得た(だから「最後の名作」なのだが)。ポイントはやはり、ぐりぐりと軽快に動くアニメーションである(※51)。問題はそれが、単にPC98としては凄い、ではなく、Windows95などのゲームと比較しても際立っていたからこその評価だということだ。フルアニメーションではないものの、むしろアドベンチャー部分と協調することによって、本作は少なくともHシーンに関して十分な分量と厚みを提供することに成功していた。

むろん、そのための犠牲もある。例えば本作は事実上、メインヒロインである河合理恵とのコミュニケーションのみにフォーカスしていた。他にも二名のサブヒロインが存在しているが、一応の性描写があるものの、それもたった一回ずつに留まるものでしかなく、物語上も普通にプレイしている段では重要な役割を果たさないどころか、いなくてもよいほどであった。しかし、それゆえに理恵のルートは充実を極めていた。初めて口説き落としてから、部屋でベッドインし、性の経験を積んで少しずつエロティックになっていく彼女の様子は、多くのプレイヤーを虜にした。アニメが綺麗なこともさることながら、行き届いた描写がされており、性的に習熟した終盤になるとなかなかそうでもないとはいえ、序盤においては、ブラウス一枚やスカート一枚の取り扱いを取ってみても非常に繊細な機微に満ち溢れていた。

この『LOVE ESCALATOR』は後に『LOVERS 〜恋に落ちたら〜』(2003)という作品としてリメイクされている。当時を知るものなら、『LOVE ESCALATOR』以上のあまりの延期の激しさに、「延期」でウェブ検索をかけるとこのゲームが出てくるという笑い事のような事態を思い出すことだろう。残念ながら、その延期が実ったかどうかは怪しい。というのも、目玉であるアニメHシーンの大半がPC98用ゲームだったはずの『LOVE ESCALATOR』から流用されていたからだ。もちろん、リメイクに合わせてCGは描き直されているが、次に上げる理由によってむしろ逆に評判を落とすようなことになってしまった。

しかしこれから指摘することは単純に欠点なのではない。むしろある種のことに納得を与えるのだが、それゆえに生じる残念さもあるような複雑な問題である。何か。『LOVERS 〜恋に落ちたら〜』が大きな期待を集めた理由は、体験版で公開されたアニメシーンの圧倒的な美麗さゆえのものだった。それは河合理恵と初夜を迎えるシーンである。この部分の約半分ほどが体験版に収録されており、かつ、ゲーム本編でもこのシーケンスだけは同様の超ハイクオリティの描画がなされていた。率直に言って、このシーンは本当に伝説的なクオリティであり、現代に至ってもこれに比肩するものは無いかもしれない。動画がスムースに動くことを擬音的に「ヌルヌル動く」とよく評するが、まさに「ヌルヌル」はこの動画のためにある。動きの滑らかさだけではなく、艶や濡れによる滑り、光沢に対してまさに偏執的な情熱が傾けられた本シーンは、まさに人が初めてセックスをするときに抱くような興奮と熱情に触れていた。実際、この作品は初めから裸の男女がいきなり行為に及んでいるようなタイプの作品ではない(最終的にはそうなるが)。電車に乗って家に帰り、会話の糸口を切り出せず、破裂しそうな脆さを感じながら、死にそうな気持ちで触れあい、一枚一枚の服をめくっていく――。そんな繊細なプロセスとともにあったからこそ、このシーンは珠玉の一編となっているのである。

このシーンの素晴らしさは功罪半ばするところがある。リソース配分的に、ここにこれだけかけるのなら、他のところにまわしてくれ、と思う人は少なくないだろうからだ。反対に、延期はし放題だし全体が高クオリティなわけではないが、この初夜シーンのためにそうなったんだとすれば無理もない、と思わせる程度には素晴らしい描写である。他方で、先に述べたようにそれ以外のシーンは事実上の使いまわしであるため、リメイクに合わせて再製作しているとはいえ、初夜のシーンと比べればしょぼいのである。初夜のシーンが素晴らしければ素晴らしいほど、全体が粗末に見えてしまうという驚くべき難点を本作は抱えていた。それでも、PC98の頃にはなかったフルボイスということもあり、アニメには本来付き物だった音声というものをきちんと使いこなした本作は、上記のようなアンバランスさはありつつも、アダルトゲームとして、きちんと歴史に認知された作品となったのではないかと思われる。

順番が前後するが、この前に発表され、Windows環境におけるプレゼンスを高めたのが『GREEN 〜秋空のスクリーン〜』(1999)だ。このとき海月製作所はジェリーフィッシュへとブランドを変更した。本作は『LOVE ESCALATOR』的な問題にきちんと答えた秀作である。というのは、ヒロインのアンバランスさが改善されているのだ。一応こちらでもメインヒロインが設定されてはいるものの、サブヒロインとの間でも濃厚なセックスを楽しむことができる点で、商品として優秀である。しかも、それによってある種のこだわりがなくなったのかといえばそうではなく、Windows環境に対応した美しい映像を製作することは当然としても、ある種の形でこれまでアニメを製作してきたノウハウを生かしたのか、実際のアダルトビデオをモチーフにしたような形で構図やシチュエーションに幅を持たせるなどの挑戦を行なっていたのである。

このような方向性はむろん必然的であった。メディアの容量やマシンパワーが飛躍的に増大した結果、動画の容量や再生手段を気にすることはさしたる問題ではなくなり、むしろ予算や時間コストとの兼ね合いが顕在化するとともに、そもそもそうやって作成する動画そのものを他の映像表現や他社のゲームといかに差別化するかが重要になってきているからだ。

この点で最新作である『SISTERS 〜夏の最後の日〜』は興味深い。ここにはジェリーフィッシュがアニメーションアダルトゲームを作るうえで、いま、何を重視しているかが端的に現れているからだ。本作は3Dによる建物移動パートと、2Dアニメであるセックスパートの、二部に分かれていると概ね言ってよい。ところが、一応はマルチエンド的な体裁を取っていた前作前々作に対して、こちらは事実上の一本道であり、しかも個別エンドのようなものも存在しないという風になっている。3Dパートの「お使い」的移動が重苦しく、特にアイキャッチのように何度も何度も使われる建物全景の映像などはストレスの強い原因である一方で、2Dアニメパートでのキャラクターとのコミュニケーションはむしろ少なめとなり、あたかもソニアの『VIPER』シリーズのような短編回帰をしている。

しかし、実際には上記のことは問題とならない。というのも、本作においては、そのわずかなキャラクターとのコミュニケーションパートの大部分を使ってセックスシーンが描かれているからだ。つまり、アニメという貴重なリソースがきちんと配分されているということである。ある種『LOVERS』の失敗を踏まえたと言ってもよいのかもしれない。本作もまた延期に次ぐ延期を繰り返した。その割に、完全な作品かと言われれば、率直に述べればそうではない。例えばストーリーらしきものがあるとはいえ、謎の仄めかしに留まる不完全な代物であることは否定できない。このような不完全さが期せずして与えているミステリアスな効果もあるのだが、それは余談とするしかない。それでも、ジェリーフィッシュがあくまでもセックスシーンを主眼として作品を構成しているという、アダルトゲームにとって本来当たり前のはずの事実は、むしろ特筆に値する。もちろん多少はそれ以外の描写もしているが、彼らは、アダルトゲーム内のアニメの真価があくまでもセックスシーンにあることを譲っていないのである。

文=村上裕一

※50 正確には1995年から現在まで、いわゆる移植ものを除けば5作が発表されており、現在も一作が開発中にある。

※51 http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=235982
関連リンク

Jellyfish Official Home Page
http://www.jellyfish-pc.com/


村上裕一 批評家。初の単著となる『ゴーストの条件』が講談社BOXからようやく9月に出版予定。 最近の書き物は同人誌『アニメルカvol.4』に岡田麿里作品論「ノスタルジーの文法――岡田麿里の世界観」 同人誌『BLACK PAST』に魔法少女まどか☆マギカ論「受胎の記憶――ループと忘却のメカニズム」など。 あとニコニコ動画で「おばけゴースト」というラジオ番組やってます。http://d.hatena.ne.jp/obakeghost/
twitter/村上裕一
 | 
11.11.13更新 | WEBスナイパー  >  美少女ゲームの哲学
文=村上裕一 |