女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2014.12.13.Sat at Akihabara 
2014年12月13日(土) 東京・秋葉原某所で開催
秋葉原で生まれた新しい女子プロレス団体「ファイティングガールズ」。興行開催のたびに話題をさらい、昨年末にまたしても大好評を博した美女達の本格“地下”女子プロレスイベント「ファイティングガールズ12~2014 ジハード聖戦~」より、迫力の全5試合の模様を格闘プレイに一家言ある新宿・歌舞伎町の女王様「PARAPHILIA~パラフィリア~」のエリカさんに解説していただきます。今回が後編です。
 | 
■第2部ファーストマッチ みづなれい vs 甲斐ミハル




編集部(以下「編」) 第一部が無事に終わりました。第二部の試合は、みづなれいさん、そして甲斐ミハルさんです。

エリカ女王(以下「エ」) >はい。

エリカさんはご存知ないかもしれませんが、みづなれいさんはアダルトビデオ女優として大変有名な方ですね。

エ え! 嘘、嘘......。

編 だから今回のファイティングガールズに名前が載っているのを見て、僕はちょっとびっくりしました。

エ だって初参戦でしょ。

編 そうです。プレミアムゲームですから。

エ ちなみに甲斐ミハルさんは......

編 甲斐ミハルさんもそうです。

エ 絶対写真撮った私。いえーい! やったー!

編 そんなお二人の試合前のコメントをお願いします。

エ まずはみづなれいさんから。「人前で戦うのは初めてなので緊張していますが、観てる方たちに興奮して頂けるようなパフォーマンスができればいいなと思っています」

編 凄いしっかりしたコメントですね。

エ しっとり系ですね。

編 続いて甲斐ミハルさんは。

エ 170センチある甲斐ミハルさんは「背が高いので相手を持ち上げたりする技を多くして、相手を圧倒して勝ちたいと思います」。

編 なるほど。

エ この二人、試合と別のところでは普通にお話をされていたんですよね。

編 仲良しでいらっしゃる。

エ お互いにキャリアが長いんですね。そして甲斐さんの水着がエロかった!

編 黒のスーツに、なんとお腹が開いていて、おへそが丸見え。

エ ちょっと谷間がチラッと見えてて、そこがいいなと思いましたね。

編 対するみづなさんのコスチュームは、赤のテカテカ系ですね。

エ 何の素材でしょうね。

編 そんなお二人の第三試合、いきなり手四つの展開なんですが、甲斐さんのコメントにもあったように、みづなさんが届かない。

エ 煽ってましたね。

編 それにみづなさんがジャンプして食いつきました。

エ なんとそこから、小ささを利用した、飛びついてのパロスペシャル。

編 いきなりおんぶになるような感じで乗っかったかと思ったら、両手を逆さに取りました。そのパロスペシャルに耐え切れなくなって甲斐さんが膝をつくという、スピード感のある始まりになりました。

エ うん。そのまま片エビに行きますからね。私のメモには......「エロい。甲斐ミハル」って書いてます(笑)。





編 エリカさん、エロアンテナばっかりビンビン立ってますね。

エ エロの伝道師になりたいんで(笑)。あの時のエロ声はDVDで確認ですかね。私の中ではかなり萌えましたよ、この片エビの時のエロ声。この後に反撃して、ベアハッグをするんです。やっぱり身長を活かしてる。

編 結構珍しいですよね。

エ 身長差があるからできるんだと思います。そのまま倒して、甲斐ミハルさんが胴締めに入ります。さらに甲斐さん、レフェリーが見てないところでアソコにパンチ入れてました。





編 別の試合でも下腹部を責める攻撃が結構ありましたね。

エ 股間ですね。

編 男子の場合はかなり効きますけど、女性の場合ってどうなんですか。

エ 効きます。やっぱり急所は急所なんです。叩かせないですね、私の場合は。

編 なるほど。そしてここから寝技の展開で......みづなさんのSTFがきれいに入ってますね。





エ そして言葉責め。

編 みづなさんの台詞回しは堂に入ったところがありました。

エ いいですね、上手いなと思いました。やっぱ凄いなと。

編 ちゃんと観客を魅了してましたよね。

エ 「赤の子もエロい」ってメモに書いてあります。やっぱりエロ声なんだと。

編 エリカさんの写真を見ると、甲斐さんがいかにもエロい声を上げていそうなアップの写真が出てきました。

エ ここでなんと、アソコを叩き返してます。

編 そこから、今度は甲斐さんの弓矢固め。体格が活きてますね。さらにキャメルクラッチへ移行して、延々と腰を痛めつける展開です。

エ そうそう。大きいからできる体勢ですね。





編 この時のみづなさんの声がまたエロくて。

エ エロかったですよ。意地悪の仕方が、みづなさんのほうがちょっとだけ上手なんです。たとえばここでかけてる足4の字でもジワジワネチネチかけるんですよ。

編 なるほど。

エ さらに首4の字の後、頭を持って床に叩きつける。

編 ちょっと顔責めっぽくなってました。

エ そう、そういうところが凄いなと。

編 その後は甲斐さんが投げを返して、打撃の応酬になりました。結構いい音が鳴ってましたね。バチーンッていう。エリカさんのメモには「ここでみづなさん今日イチの......」って書いてますけど、今日イチの何なんですか。

エ 今日イチの......エロ声(笑)。

編 技じゃないのか(笑)。

エ 私、みづなさんがAV女優さんだとは知らなかったんだけど、やっぱり感じとってたんだと思います。

編 今日イチのエロさを。

エ そう。で、コブラ返しの応酬から、みずなさんの首4の字。

編 この時も顔責めっぽくしながら「恥ずかしいでしょ」とネチネチ責めていました。そしてもう一度手四つに行くんですが......

エ 上手いなぁと思いましたね。わざと力を抜いて相手を誘ったんですよ。

編 試合後半のあの場面で手四つって意外に思いましたよね。そしてこの手四つからみづなさんが三角絞めを綺麗に決めて。

エ はい。引き込んだんですね。

編 これががっつり入ってました。

エ あれは甲斐さんが落ちたのかな?

編 落ちてはいないようなんですけど、余りにしっかり入っていたので、レフェリーストップということのようですね。





エ そうか。で、みづなさんの勝者としてのマイクパフォーマンスがあったんですね。

編 はい。この試合は両選手のエロさが際立つ内容でしたが、試合後の談話はとれてますか?

エ みづなさんから行きましょうか。「体格差が凄くあったんですが、彼女とは前にもVで戦ったことがあったので、今回が一番上手くできたんじゃないかと思ってます。またミハル選手と戦いたいです」。

編 素晴らしいですね。甲斐さんのコメントはどうですか。

エ 「なんかあっという間でした。緊張すると思ったけど、結構技も決まってよかったです。お客さんがいるとテンション上がりますね。楽しかったんで、機会があったらまた出たいです」ということでした。

編 とても豪華なお二人でしたね。では四試合目に行きましょう。



(C)2015 ファイティングガールズ all rights reserved.


■第2部セカンドマッチ 夏目雅子 vs 春日野結衣




エ 第二部のセカンドマッチです。

編 前回も出場された夏目雅子さんが登場します。長身の、ちょっと冷たい感じの非常に人気のある方です。

エ 可愛いですよね。みんな可愛いんだけど。

編 夏目さんにはまたちょっと違う魅力がありますね。

エ 清純派だよね。

編 なのに大柄で、結構責めるタイプ。対するは春日野結衣さんという方なんですけど、これも体格差のある試合でしたね。

エ はい。

編 そんなお二人の試合前の談話はとれていますか。

エ 夏目さんから。「前回よりいろんな技を練習してきたので、それを活かせればいいなと思います。頑張ります」。

編 春日野結衣さんは。

エ 「久しぶりのキャットファイトなので、技が決まったらカッコいいと思います。そんなカッコいいところをみんなに見せて、頑張りたいです」

編 なるほど。黒が夏目さん、赤が春日野さんですね。

エ これがまた凄かった。観てる人たちがスマホで撮った写真を試合の合間合間に見て、いらない写真を削除してましたね。じゃないと容量が足りなくなるくらいフォトジェニックな瞬間が多いから。

編 四試合目ともなると二人とも試合巧者と見ていいと思うんですけど、かなりスピードの速い展開でしたよね。

エ 最初は見合って、言葉で挑発し合ってたんです。なんだろうと思ったら、あの握手事件ですよ。

編 あ、すみません私、すっかり忘れていました。毎試合、レフェリーのロッキーさんが出場選手に握手を促すんですが、夏目さんが出した手を春日野さんが引っ叩くという。

エ キャー怖い。まあでも、面白い展開になりますよね。

編 でもそんなことしたら、春日野さんはヒール決定じゃないですか。

エ いいと思いますよ。そういう人がいないとダメです。ヒール大事。私もヒールが多いんです(笑)。

編 そうした分かりやすい構図が試合の前にできた形ですね。そこから試合が開始です。

エ 早速「夏目ケツいい」ってメモってますね。

編 夏目さんのお尻が素晴らしいと。

エ はい。そして試合が始まるとまず夏目さんの膝蹴り。そしたら赤の春日野結衣ちゃん、なんとアソコを叩いてましたね。

編 やってましたねぇ。

エ そこから逆エビをもらうんだけど、変形の逆エビ。

編 普通の逆エビ固めはやられてる側の腰の上にのるじゃないですか。でもこれは、やられる側の選手の下にかける側が入ってるんですね。





エ 恥ずかし固めが来るかと思ったんだけど、違ったんですね。

編 恥ずかし固めの表じゃなくて裏になってる感じ......という非常に珍しい技を春日野さんが見せてくれました。

エ そこからノーマルの逆エビに入ります。ここからですね。春日野さんが夏目さんの顔をガッと引っかいて。





編 ツメが顔に入ったんですかね。

エ はい。それでレフェリーからそれはダメだという注意が入ったんですけど......。

編 なんと......竹刀ですよ、竹刀。

エ いいですね、凶器攻撃、好きです。

編 そこでレフェリーが「いったいどこから持ってきたんだ」と言った瞬間、会場内に笑いが生まれたんですけど、その笑いをかき消すような「何がおかしいんだ」という一喝がありまして、会場がすくみあがるという一幕がありました。

エ 私も最初は冷静に観てたんですけど、面白くなってきちゃいましたね。あれはやっぱり、ある意味面白いです。

編 その流れで、もらい上手なロッキーさんが竹刀で何度も打たれるという。

エ もっとやっちゃってよかったんじゃないかなと思いましたね(笑)。

編 ドS的には。

エ はい(笑)。

編 頭とか、いい音してましたね。そしてここでロッキーさんが、倒れるというか気を失った状態になりまして、レフェリー不在のまま試合が進むことになります。

エ なので竹刀を使った試合になりました。

編 竹刀を首にかけるキャメルクラッチとか。

エ まあ、ありがちなんだけどね。竹刀攻撃が始まりました。

編 ここでは夏目さん、やられっぱなしでしたね。





エ そう。私、前回も見てるから、夏目さん前回勝っているだけに、こんな姿見たくないなと。

編 なるほど。

エ 「夏目選手のこんな姿を見るとは......」ってよく分からない走り書きをしちゃう私。

編 (笑)。

エ いろんなところを竹刀でつつかれ、つつかれ。そんな夏目さんを見たかったらDVD買うといいですよ。こんなふうにちょいちょう推してるのは私が欲しいからですね。

編 夏目さんはエロいし可愛いんで、是非買ってください(笑)。レフェリーのロッキーさんが失神から目覚めて、竹刀キャメルクラッチを止めるんですが「もっと早く来いよ」と、夏目さんも思わず本音をこぼしていましたね。

エ あれはちょっと面白かった。

編 会場の笑いを誘ってました。そこからは夏目さん大活躍。

エ パロスペシャルとかね。

編 打撃技もよく出ていました。復活したら、まるでもはや敵じゃないかのように責め放題。最終的にはパワーボムからのフォールで決めましたね。





エ 最後にはマイクパフォーマンスもありました。全体として、やっぱり上手くなったと思いました。かかと落としとか。

編 かかと落とし、凄く足が高く上がってましたね。あの長身の夏目さんのかかとが上がった姿は、凄い迫力がありました。

エ 流れも上手かったし、凄くいいなと思いました。

編 そんな二人の試合後の談話は。

エ 勝った夏目さんからですが「途中、凶器を持ち出されてくじけそうになったんですけど、そんな反則には負けられないと思い、勝つことができました」。

編 なるほど。春日野さんは。

エ 「負けました。負けたのが信じられないので、次回また参戦したいです」と。

編 なるほど、竹刀を持ち出すくらい勝ちたかったということでしょうからね。

エ そうですね。反則も面白かったけど、彼女は発言も面白かったの。それ言い忘れてた。「痛い痛い」とか普通に言うんですよ。大抵は痛いのを耐えちゃったりして何も言えなくなったりするものなんだけど、彼女は「何すんの」とか普通に言うんですよ。でもそれが逆に新鮮で面白かった。

編 キャットファイトっぽくない。

エ そうそう。「痛い」なんて言ったら相手はこれが効くんだと思って余計やられちゃいそうですけどね(笑)。

編 是非春日野さんにはまた頑張って頂きたいです。

エ また凶器を持ってきて欲しいですね。

編 パイプ椅子とか。

エ そうそう(笑)。



(C)2015 ファイティングガールズ all rights reserved.


■第2部メインイベン 金城真央 vs 雨宮留菜




編 いよいよ最後の試合。第二部のメインイベントを観ていきたいと思います。

エ 試合に「THE BEST OF BEST」って冠がついてて気になってたんですよ。

編 この試合は前回も大活躍だった金城真央さんと、雨宮留菜さんの試合。

エ 凄い試合でしたね。

編 もともとの意気込みもさぞ凄かったんでしょうね。試合前の談話をお願いします。

エ まず金城さんから。「留菜ちゃんとは普段仲良しなのですが、絶対に手を抜かないで、出し切る感じで頑張りたいです。中途半端な試合はしたくないです。頑張ります」と。

編 非常に意気込みを感じますね。それに対して雨宮さんは。

エ 「前の対戦ではメインバトルだったのに負けてしまったのでショックだったんですけど......新垣選手がお休みになってしまったので、またメインを張ることになりました。金城さんとは大の仲良しだけど、やるからには頑張りたいです」と。新垣選手が出る予定だったんですね。それが当初のメインだったのかもしれない。

編 なるほど。そんなお二人はやはり仲良しということもあって、最初の握手の段階から二人揃って「よろしくお願いします」という元気な掛け声のもとに始まりましたが、非常に早い展開になりました。雨宮さんが赤、金城さんが青のコスチューム。

エ まず雨宮さんが金城さんの蹴りを掴んで。

編 そうでした。

エ やっぱり蹴りって掴まれると弱いから、総合格闘技だと出しにくいんです。

編 金城さんのミドルキックですね。ミドルの高さに行った蹴りをガッチリ掴んで相手を倒してからの、足4の字固め。

エ 「浮かした腰がエロい」って書いてあります。ほら写真見て、浮かした腰がエロいっしょ? 言ってる意味分かった?





編 はい、分かりました。

エ そこからのキャメルクラッチ。普通のキャメルは顎に手を当てるんですが、これはもう首に入ってますね。「赤、押しまくり」って書いてます。

編 押しまくりです。かなりグイグイいってます。やっぱり雨宮さん的にも負けられないと。





エ 友達だけど、そこは譲れないと。そしてチョークスリーパー。「青、エロい声」。

編 そこからグラウンドのまま、裏のアキレス腱固め。

エ もしくは裏の膝固めかな。地味に痛いんですよ。メモに「さすかメイン」って書いてある。赤の腹キック、太腿絞めとか、青の逆エビ。

編 この辺りは見事な応酬でしたね。

エ そして応酬の果てにグラウンド卍。

編 この二人のやり取りは他の試合とは格が違う感じがしました。

エ 別格です。

編 技の応酬が何度も何度もあって見ごたえ充分。

エ その中で、赤の雨宮さんは膝を執拗に狙った攻撃が多かったんです。さっき裏の膝固めかなって言ったのもそうだし、その前の足4の字も膝が効いてる。

編 なるほど。





エ 金城さんが返して、アキレス腱固めからコブラツイストを雨宮さんにかけるんだけど、それを返して雨宮さんのコブラツイストが決まる。金城さんが「やめて、やめて」って言ってるさなかの変形コブラ。さらにそこから、ダッシュしてエロボーしてからのグラウンド卍。技の外し方も上手いんですよ。ちゃんと打撃で相手を痛めつけて外してるから。そして腕十字いって三角絞めいって腕に戻るみたいな。

編 腕十字も痛そうでした。

エ そこからバックドロップ。

編 投げ技もバンバン出てました。

エ これが凄かった。金城さんの髪の毛を掴んで逆立ち頭投げ。

編 一瞬相手を翻弄するように逆立ちしたと思ったら、足で相手の首をガッと固定して、そのままひねり投げる。そして金城さんはアルゼンチンバックブリーカーもありました。

エ そこに行くまでに金城さんの足4の字がジワジワとあるんです。「これが得意技だよね」って雨宮さんが言う。仲いいだけに知ってるんだなっていう一幕があった。

編 そうでしたね。

エ そこに雨宮さんのチョークスリーパーに金城さんの蹴りがあって、そこからバックブリーカーに行ったんです。

編 なるほど。連携も見事だったんですね。

エ はい。友達同士だから、試合してても返し方が分かるのかなと。

編 このバックブリーカーは本日初でしたね。投げ技はいろいろありましたけど、ここまできっちり持ち上げるのは初めてでした。

エ そして最後は吊り天井。

編 パワーボムを入れたりいろいろあったんですが、最後は金城さんの吊り天井でした。





エ これでギブアップを取りましたね。

編 というわけで、金城さんの勝利。そんな二人の談話は取れているんでしょうか。

エ もちろんとれてますよ。雨宮さんから行きましょう。「負けばっかりだったんで、ちょっと......」という話をしてましたね。そして「限界の向こう側が見えました」と。「自分の持っているものを精一杯だしたんですが......勝ちたかったです。今まではいい試合ができたらよかったと思ってたんですけど、今回はホントに勝ちたかったんです」と。

編 仲がよかったからなおさらなんでしょうね。勝った金城さんはいかがでしょう。

エ 「テンションが上がりすぎてて覚えてない」と。「体格差がちょっとあったんですけど、動きが速くて投げる余裕も打撃を入れる余裕もないし、先に関節を決められると、私は苦手なので、大変でした。本当にダメかと思いましたが、まだまだ負けるわけにはいかないので、最後に鬼になりました。友達だけど鬼にならないと勝てないぞと。本当に精一杯できたと思います。応援ありがとうございます」。



(C)2015 ファイティングガールズ all rights reserved.


編 ということで、無事にファイナルも終わり、ファイティングガールズ12も幕を閉じました。 今回の見所はどんなポイントがありましたか。

エ やっぱりメインイベントが凄かったですね。

編 確かに凄かった。

エ 二人ともちょっとテンション上がりすぎてて、決めきらない時があったりして。試合中、楽しくなってくることってあるんですよ。闘ってる自分に酔いだすっていうか。そのテンションの上がり方って凄くよく分かるんです。そういう部分で考えても、やっぱりいい試合だったんじゃないかな。

編 なるほど。

エ あとは、私にとっても勉強になりました。こんな技あるんだなとか、これは使えるなとか。とても面白かったです。

編 というわけで、エリカさんとの解説でお送りしてきましたファイティングガールズ12。最後に総括するひと言をお願いします。

エ 全体的にみんなのレベルが上がってきてるので、私も、上がりきるまでに早く参戦してしまおうかと......なんちって(笑)。

編 それはバトルさんに要相談で(笑)。

エ 所属をどこにするの?みたいな。パラフィリア女子プロレスクラブ?

編 そういうエキシビジョンマッチが可能ならば。もしかしたら、そういうこともあり得るかと。そんなファイティングガールズ、次回は4月、そして3月にも店頭ファンイベントがあります。今回のチケットはあっという間に売り切れということでしたね。

エ そうなんです、早めがいいですよ。しかもこれお得だと思うんですよね。だってDVDが付いてくるんですよ。しかも行けばまた安くなる。

編 はい。実はこのファイティングガールズは当日に物販ブースがありまして、そこではDVDの全商品が20%オフ。しかもそこでDVDを買うと、出演選手とツーショットチェキが撮れます。そしてさらに、DVD1枚買うとアキバコムさんの1000円分の商品券がもらえます。

エ ひゃーっ。

編 実質、20%オフに加えて1000円マイナスという、非常にお得な物販になってるんです。なので、格闘ファンは是非。

エ 私は大阪の大会のDVDを観てみたいな。また知らない子たちがいっぱいいるわけじゃん。

編 そうですね。とまあ物販も充実しているファイティングガール13が3月に予定されているので、皆さん是非とも足を運んでみて下さい。以上、パラフィリア・エリカさんの解説でお届けしました。ありがとうございました。

エ またお会いできる日を楽しみにしてます。バイバーイ!


(C)2015 ファイティングガールズ all rights reserved.
構成=編集部


【「ファイティングガールズ」次回イベントの予定】

■「ファイティングガールズ13」
開催日時=2015年 4月18日(土) 開場15:30 / 開演16:00
開催地=アキバナビスペース(秋葉原駅徒歩5分)
主催=バトル/ファイティングガールズ事務局
詳細・チケットのご予約は→コチラ

出演者は決まり次第、上記ページもしくは公式ブログ上にてお知らせ致します。
関連リンク

「ファイティングガールズ」公式ブログ

新宿・歌舞伎町「PARAPHILIA~パラフィリア~」
 | 
15.03.01更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
WEB SNIPER編集部 | PARAPHILIA~パラフィリア~ |