ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
Chaos*Lounge2010 in TAKAHASHI COLLECTION HIBIYA
2010年4月10日(土)〜4月18日(日) 高橋コレクション日比谷にて開催中!!
ネットで面白い人たちをたくさん集めて展示するよ――。アーティスト・藤城嘘氏が2008年から行なっている展示&ライブペイント企画「カオス*ラウンジ」を知っていますか? ネット上で発生する流行や、その化学反応、あるいは「ネット」と「アート」の狭間で瞬く作品自体。そんなモニター上の存在を一同に集めて眺め直す時、その全体から立ち上がってくるものはいったいなぁに? 現在、高橋コレクション日比谷にて開催されている「カオス*ラウンジ2010」の模様をエヴァンゲリオン研究家の四日市氏にレポートしてもらいます。
 | 
日比谷の高橋コレクション日比谷にて、2010年4月10日から4月18日まで、「カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷」が開催されている。

「カオス*ラウンジ」はポスト・ポッパーズ代表・藤城嘘氏によって2008年から不定期に開催されている展示企画。主にインターネット上にて観測された創作活動が集合、展示されている。今回はキュレーターとして美術評論家・黒瀬陽平氏を加えたこれまでにない大規模な展示となっている。

会場は広めだが初日だけで400人近い動員があったらしく、かなり混雑していた。アニメやイラスト、ブラウザのキャプチャ画像などおよそモニターに投影されるあらゆるものをコラージュした展示や、アニメキャラクターの記号をアニメ雑誌などの産業的複製物によって再生産した造形物、インターネット上で発表されていた漫画の生原稿などが展示されている。


↑入り口の様子。泉こなたが踊っている。踊り続けている。そして、ゆっくりしている。

↑同人サークル「アンディー・メンテ」の泉和良氏による作品。小説家として講談社BOX文庫などから作品を発表している。なお、会場のクレジットは全て pixiv のタグを模した形で示されている。

梅ラボによる、壁一面を用いた巨大なコラージュ作品。こっち見んな。

↑つかさ。ニコニコ動画やpixivなどで、つかさを題材にしたサイケデリックな表現が流行し「つかさ症候群」と呼ばれている。その症例の一つ。

↑こなた。こちらもインターネットの一部分で、どんどんアホ毛と青色毛玉に変化していく泉こなたが流行したことがあった。その末路。

↑琴葉とこ氏がWeb上で連載を続けている漫画「メンヘラちゃん」の生原稿とイラスト。製本されたものは手にとって読むことができる。

死霊のすがわら氏。ドローイングのツールとしてあえてローファイな画像掲示板を選択している。左端は96年にPC-98用として発表されたLeafの「雫」より「月島瑠璃子」。モニターの中の少女の記憶は描かれるツールと共にある。


なお、伊藤存氏、高嶺格氏、村上隆氏らの展示もあったが、それらは撮影禁止とされていた。

デジタルネイティブと呼ばれるインターネットを当たり前のインフラとして利用している層の、ある表現者たちがモニターから何を享受しているのか。「カオス*ラウンジ2010」からは2010年現在においても膨張を続けるモニタからの情報の、その一欠片を垣間見ることができる。それらをすべて一塊にして立ち上げてみたら、柊つかさのリボンだったり泉こなたのアホ毛だったりするのかもしれない。

なお、「カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷」の展示は4月18日までだが高橋コレクション日比谷での展示が終わっても「カオス*ラウンジ2010」は続く。五月いっぱいかけて、会場を変えながらライブペインティング、インスタレーションなどが行なわれる。詳細はカオスラウンジオフィシャルサイトにて。

文=四日市

関連リンク

カオスラウンジオフィシャルサイト

ポスト・ポッパーズ

高橋コレクション日比谷

関連記事

東京国際アニメフェア2010レポート!

ykic-p.gif
四日市 エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
10.04.15更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=四日市 |